こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 「静かな湖畔」のカッコウは米国では蜘蛛の歌だった

<<   作成日時 : 2010/06/01 10:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0

 私たちが小さい頃よく歌った「静かな湖畔」私もこの歌は子供の頃に音楽の授業や、ハイキングなどで歩いている時によく歌いました。ノリの良い旋律と歌詞、それに輪唱が出来るからです。

 詩人のアーサー・ビナード氏が執筆した「歌の内蔵型自動PR装置」(日経新聞2009年11月22日付)の記事では、これはアメリカに古くから伝わる民謡で小さな蜘蛛という題名だそうです。 
 カッコウの歌、それが蜘蛛の歌だったなんて・・・。 調べてみると、元々この曲はスイス民謡だったようでアメリカに移民がはじまって、故郷の歌が持ち込まれたものと推測されます。 (実を言うと、今まで私はこの歌は日本の歌で、郭公(カッコウ)の鳴き声を表現したものとばかり思っていました)


 ビナード氏は歌い手や地方によって歌詞の一部が違ってくるそうですが、子供の頃に覚えた彼のバージョンを次のように記しています。

                  The itsy―bitsy spider climbed up the water spout
                  Down came the rain washed the spider out
                  Out came the sun and dried up all the rain,
                  And the itsy―bitsy spider went up the spout again

 この歌も最後の歌詞が again! と歌い手をもう一度歌を反復させる効果があり、アメリカの童謡の頂点に登りつめたのだ、と彼は言っています。

  ビナード氏は来日して同じメロディーが「静かな湖畔」のタイトルで歌われ蜘蛛が鳥に化けていることでショックを受けたとの事です。 私もこの記事を読んで逆のショックを受けました。

 
 彼は日本バージョンの「静かな湖畔」は郭公の鳴き声が輪唱をすることで森と湖にこだまする感じが出て、アメリカの「小さな蜘蛛」のパクリでなく立派な別天地である、と述べています。 しかし、;元々のスイス民謡(At a Quiet Lakeside)の主役はカッコウとフクロウであって蜘蛛ではありません。 鳥が虫に化けたのもいかにもアメリカ大陸的で、微笑ましい感じが出ています。

 まあ、元祖xxx、 本家xxx と争うのはやめにしましょう。 歌に国境はありません。
 

 試みにこのItsy―Bitsy Spider を原語で輪唱してみると、ゴチャゴチャになるそうで、さまにならないと同氏は言っています。 Spiderのストーリーは歌詞をずらさず、Again!と最初から繰り返し歌うように出来ているとの事です。

 私は小学校の音楽の時間に静かな湖畔の輪唱の際、悪友たちと語らって曲の最後の「カッコウ、カッコウ、カコカコカコ〜」の次に、わざともう一度「カコ〜」と歌う悪戯をやりました。 すると輪唱がバラバラになって途切れてしまいます。 生徒たちがドッと笑うので、先生は困ったような顔をしていました。 やはり歌はちゃんと唄うべきでしょうね。すみませんでした。 

                                  


 歌は各地によってメロディーや歌詞の一部が違ってきますが、その土地で煉られ融合してすばらしい情景が醸し出されてくるものと考えられます。

 竹山道夫の小説「ビルマの竪琴」では戦闘の緊迫した場面で歌う「埴生の宿」は、日本語の歌詞を知らなくてもそのメロディーに親しんできた英国兵の心を和らげます。 アイルランドやスコットランド、ロシア民謡もまた先人の音楽家たちによって日本の土壌に植え付けられました。

 ビートルス、マイケル・ジャクソンなど現代の音楽はメロディーも原語の歌詞も直に私たちの耳に入ります。もう音楽は国境を越えてくるどころか、即時に生のまま届けられる時代になりました。 そのメロディーをまったく別の情景や言葉で表現して唄うことは出来なくなってしまったのでしょうか。


                                  


 ところで、中国の上海万博のPRソング、中国側は日本のシンガーソングライターの岡本真夜さんの「そのままの君でいて」の盗作と認め万博事務局では正式に使用したいとの申し入れがあったようです。岡本さんもこれに協力するとの談話を発表しました。音楽には国境はありません。 関係者の度量ある態度に敬意を表します。

 このような知的著作物にたいして、中国の各地では盗作問題があとをたちません。 PRソングの作曲者と称する人物は部屋を歩き回ってインスピレーションがわいたとか言っていますが、こんなウソがまかり通れば中国の国辱ものですよ。 

 国辱という漢字はわれわれが中国から学んだ言葉です。 いまの中国から消えうせてしまったのでしょうか? 





                           (本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
上海万博 アメリカ テーマソング
「静かな湖畔」のカッコウは米国では蜘蛛の歌だった こんにちは ... 彼は日本バージョンの「静かな湖畔」は郭公の鳴き声が輪唱をすることで森と湖にこだまする感じが出て、アメリカの「小さな蜘蛛」のパクリでなく立派な別天地である、と述べています。 しかし、;元々のスイス民謡(At a Quiet Lakeside)の主役はカッコウと フクロウであって蜘蛛ではありません。 ... ところで、中国の上海万博のPRソング、中国側は日本のシンガーソングライターの岡本真夜さんの「そのままの君でいて」の盗作と認め... ...続きを見る
上海万博 最新情報
2010/06/09 10:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「静かな湖畔」のカッコウは米国では蜘蛛の歌だった こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる