こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田町の夏、今年の蝉の声は・・・

<<   作成日時 : 2009/08/01 00:11   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 7月5日に今年の一番蝉が鳴きました。椎の古木から聞こえる鳴き声は、か細いにいにい蝉です。、途切れ途切れの声はまだリハーサル中なのかもしれません。7月16日になって、みんみん蝉も加わりました。しかし、蝉の声は全部でまだ5匹くらい、大合唱団とまでいきません。思うに年々東京の蝉は少なくなっていくようです。 総選挙がせまっています。 宣伝カーからの候補者の名前の連呼で今年の蝉の声はかき消されてしまうのでしょうか。

 7月23日:

 所用があって赤坂見附に行きました。 今日はうす曇り、風も爽やかなので健康維持のため、ここから永田町を経由して有楽町まで歩くことにしました。

 神社に行けば蝉の声が聞けると思い、赤坂日枝神社に寄りました。 にいにい蝉、みんみん蝉の合唱団は例年の夏の風物詩です。でも数が少ない、一寸寂しいな。そう思いながら国会議事堂の横を通り過ぎてゆきました。 解散直後とあって、静まりかえっているようです。

 国会議事堂の植え込みの樹であぶら蝉が一匹鳴いています。 ジリジリジリ・・・暑い盛りに出てくるこの種の蝉の鳴き声は選挙でじりじりしている候補者の心境でしょうか。 

 議事堂の通りは蝉がうるさく鳴いています。 耳をすますと、にいにい蝉のジ〜と、みんみん蝉のミ〜ンミ〜ンの声が合わさってジ〜ミ〜ン、ジ〜ミ〜ンと聞こえます。

 にいにい蝉の声はしばらく鳴くとジ〜からシュ〜に代わります。 ミ〜ンシュ〜 ミ〜ンシュ〜と聞こえるのは政権交代をせまる民主党の蝉のサポーターもしれません。

 選挙が終わった頃は、夏の終わりを告げるつくつくぼうしが鳴くのでしょう。オ〜シ〜ツクツク ツクツク、オシ〜・・・多分これは落選者への鎮魂歌でしょうね。

 この永田町界隈の蝉には、代議士先生たちの選挙への執念が乗り移っているような気がします。

 蝉の声を選挙戦に巻き込んだ私の妄想を頭の中から振り払い、桜田門通りに出ました。 皇居お堀端、ここは木々が多く蝉の天国でしょうか、にいにい、みんみん蝉にまじりあぶら蝉の声も高らかです。 大コーラスを奏でています。 さすが皇居の森の大自然の力ですね。

画像
 ちょっと疲れたな。 少々まわり道をして日比谷公園で休むことにしました。

 池のそばの木陰のベンチに腰掛けて蝉しぐれを聞き入ります。 花壇には、あげは蝶やもんしろ蝶、 空にはとんぼが舞っています。 大都会のささやかな自然。

 ああ、夏だなあ〜。ひたいの汗をぬぐいます。





 いま、聞こえる蝉の声は 7年前に生まれ、地中で長いあいだ育ち、そして孵化したものです。大部分がコンクリートで固められている大都会の地面からどうやって這い出してきたのでしょうか。それに加え、地球の自然環境の悪化をどうやって止めるのでしょうか。いま、公園で身体に感じる東京の自然も年々消滅していくでしょう。でも、せめて蝉の声ぐらいは残しておいて貰いたいものです。
 

追記:  8月15日の朝、聞きなれない蝉の声がしました。 くま蝉です。 大阪では、年々くま蝉が増えてみんみん     蝉やあぶら蝉が駆逐されてしまったとか・・・・。 北上して東京までやってきました。
     地球の温暖化はすでに日本の自然を変えつつあるようです。

 

 

               (本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田町の夏、今年の蝉の声は・・・ こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる