でっかいぞ、あらびあのコチは!

 アラビア湾の浜辺を散歩していると波打ち際にいるコチが水中で砂煙をあげて逃げてゆくのが見えます。日本でコチは高級の料理です。こんな美味しい魚がここにいる、釣って食べずにいられるか!そんな思いで釣りと料理に挑戦してみました。サウジアラビアのアラビア湾(ペルシャ湾)に面したカフジで勤務していた時の事です。


 アラブ人はコチを「ワハラ」と言っています。名前がついているのに魚市場ではおめにかかったことはありません。コチは正面から見ると何やらもの悲しげな表情をしています。砂漠の遊牧民のベドウィンのじい様にもこんな顔が多いから多分ワハラという人の名前をこの魚に付けたのかもつけたのかもしてません。

こち.jpg

 さて、コチを釣るにはルアーかいかの切り身を餌としてしゃくりながら手元までリールを巻きながら生きて泳いでいるように見せなくてはなりません。仕事を終えた夕方、釣り竿を抱えて海岸にゆきました。きた!30メートルの沖であたりがありました。でかい頭を左右に振ってコチが釣れると一日の疲れも吹っ飛んでしまいます。きょうの釣果は3匹、いずれも45センチのまあまあのサイズでした。(ちなみに私が釣った最大のサイズは76cm、最初は丸太を引っかけたのかと思いましたよ)

こちー2.jpg
学名 : Platycephatus indicus
英語名 : Indian Flat Fish
アラブ名: Wahara
 ニコニコ顔で独身宿舎に戻り魚をさばくことになりますが、これもまた大変です。日本人食堂のコックさんにシロートなんかには無理だよと言われながら下ろし方を習いました。彼の言う通り苦労に苦労を重ねなんとか三枚におろし、包丁さばきに失敗した魚肉はテンプラの材料に、あとは慎重に包丁を入れ薄切にしました。出来たぞ!青磁器もどきの大皿にもっともらしく菊花造りにならべ、まずは眼で楽しみました。

 なにせ3匹もあるので一人で食べるのはもったいないと、隣の部屋の住人に声をかけます。彼が部屋に入るなり「わあ、すげえー」と驚嘆の声をあげれば包丁人は得意満面のドヤ顔になります。二人で大皿の薄造りを右と左からずずうい~と箸を入れぽんずと七味唐辛子で賞味します。東京では高くておいそれと食べられない。あ~あ、家族にも食べさせてやりたいと次のてんぷらを賞味しながら、すっかり里心がついてしまった二人はしんみりとした気分になってしまいました。

その時ドアがノックされ寮にすむ別の男がやってきました。てんぷらの匂いに誘われて来たそうです。まさにコチ吹かば匂いおこせよ・・・ですねえ。 






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ぢょに
2020年04月26日 01:57
以前にコメントをさせていただいた者です。
(といっても2年以上前ですが…。)

「おさかな千夜一夜物語」を無事に古書で入手できました。
今では実家の私の書棚に収まっております。
「読むクスリ」の当該巻を父親が持っていることも分かり、書斎の奥から引っ張り出してきてくれました。
自分の記憶は間違ってなかったなあ、と実に懐かしかった次第。

今回は「がいこつガニ」について質問がありまして。
あのカニだけは「食べてみた」という記述が全く無いので、試食に及んだ日本人は居なかったのかしら、と。
日本人が敬遠するほど見た目がグロテスク過ぎるのか、動物の死骸を喰らう様子を見て食欲が失せるのか…。

近年は、バーレーン産のワタリガニが日本にも入ってくるようになりました。
中身が詰まってないので味噌汁のダシくらいにしか使えませんが、中東産魚介なのには間違いないなあと、そんなふうに考えております。
こんにちは!ハングルース
2020年04月26日 16:02
ちょにさんコメントありがとうございました。「おさかな千一夜物語では写真あまりが載せられませんのでブログでカバーしています。 ガイコツがにはたくさんいますがだれも食べる人はいません。 私は釣りの餌にしていました。