こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 古き良き時代の高輪橋架道橋をくぐる

<<   作成日時 : 2018/11/01 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 現在、国道15号線の東京都港区の札ノ辻―品川間で港南側に行く道は高輪橋架道橋しかありません。 2020年にはJR田町−品川の間には新駅が誕生します。この辺一体はプロジェクトとして、「グローバルゲイトウェイ品川」が計画されており、この高輪橋架道橋は改修され2車線、歩道も広くなる予定になっています。

 高輪橋架道橋は明治5年、新橋―横浜間の鉄道の開通にあたり、土地買収の難しさから線路は当時の海岸線の50メートル沖合に堰堤をつくり、その上に敷設されました。その後、舟の水路であったこの架道橋は海岸の埋め立てによって人が通行できることとなりました。だが、掘り下げると水面下になってしまうために、1.5メートルの高さにしかならなかったといわれています。

 現在はおよそ2000台の車と2800人が通行しているといわれています。将来改修される予定と聞いていますが、まだ具体的な日時は示されていません。この古いパワースポット的な雰囲気はもう消えてしまう・・・そこで、しばらくぶりに散歩がてらここを通ってみました。

画像
画像

 国道15号線からは一方通行ですが今回は出口に当たる港南側から入ってみました。。(双方から自転車や人が通ることができます) やはり、方々老朽化が目立ちますね。

画像


 高さが1.5メートルなので大人は背をかがめて通ることになります。つらいですねえ〜。 すれ違う人の口をゆがめ、うなだれた格好はまるでゾンビちゃんかユーレイくんみたいです。イヒヒと笑ったら子供はおびえて泣き出すかもしれませんよ。 
画像


画像


 タクシーの提灯殺しの異名を持つ高輪橋架道橋、運転手サンも低速の慎重運転。むき出しの傷んだコンクリート壁、暗いオレンジ色の光に照らされ、まるで異次元の世界に飛び込んだようですね。


 ようやく、国道側に到着しました。すると上からは京浜東北線の轟音が響き通り過ぎてゆきます。 明るい太陽の光、ここで、ようやく現世界に戻った感じです。

画像


 全長230メートルの高輪橋架道橋、結構面白いコースでした。 この不思議な雰囲気を味合うのは今のうちですよ。

 坂を上がるとそばには古き良き時代の江戸の大木戸跡、江戸時代の東くだり、京のぼり、お伊勢詣りなどの人々でにぎわった場所です。画像


暇人のつぶやき


国道15号線はひっきりなしの車の騒音。かつての江戸の情緒はありません。興覚めですよ、まったく・・・。

 さて、家に帰って昼寝でもするか。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古き良き時代の高輪橋架道橋をくぐる こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる