アラブのお香

 アラブ社会では大勢のお客を招く時、昇進や結婚式などおめでたい席では香木を焚く習慣があります。私はサウジアラビアに赴任中たびたびこのような交遊の場の席に招かれましたが、そこでは、馥郁たる香木の香りにみちていました。こういう時に一片の香木をプレセントすると大変喜ばれました。その時のために買い集めておきました。

 あるサウジ人の結婚式の場では香炉に入れた香木がもうもうと部屋に立ち込め、来賓の人々はディスダーシャとよばれる民族衣装に炊き込めていました。 私も真似をしてスーツに香りを入れ込みました。 社宅に戻ってからも得も言われぬ上品な香りは翌日の朝まで楽しませてくれました。


画像
  
画像
 私が遊牧民(ベドウィン)のテントを訪れた時にも、シャイ(お茶)をふるまわれたあとお香が焚かれました。暑い砂漠の中から来たお客には最大のおもてなしでしょう。 汗ばんだ身体が軽やかな感じになりました。

 香木はトロイ・オンスという単位で売買されています。 王族や大金持ちが使うようなものはビャクダンのような高価なものです。1トロイ・オンス〈註〉で数万円もするものがあります。

 私は「カンボジア、ミャンマーから輸入したもので良いものだ」と勧められ、適当な値段の品物をう呑みにして買いましたが・・・。 
    
 (註)
 トロイ・オンスはヤード・ポンド法の単位で金など貴金属の売買に適用される。 
 1トロイ・オンスは31.1034768グラム



 日本でも香道は盛んなようですが、香炉に入れる香木はほんの少量のようです。休暇で日本に戻る時、香道をたしなむ親戚の方に奮発して10センチ程の香木をお土産にしました。その方は木片の良い部分を削ってお香の会の席で披露したところ大変喜ばれたそうで、以来その香木に名前を付けたとか・・・こちらも鼻高々でした。 
 
 帰任する時、残った香木を持ち帰りました。 ある日、香炉に一片をいれ焚いてみましたが家族には煙たいと不評でした。以来、30数年戸棚に仕舞ったままです。香木は安いもの高いものをビンにごっちゃに入れて持ち帰りましたから値段がいくらなのか区別しようもありません。 宝の持ち腐れですねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック