朝の花が萎み、そして夜の花が咲いた

 クンシラン、パンジーなど春の花の季節を終えて我が家のベランダの彩りも寂しくなりました。次は夏の花だ。そう思って園芸店からヘブンリィ・ブルー(西洋アサガオ)を二株買ってきました。6月の中旬につぼみをつけはじめ今では次々と咲きはじめました。7月になって今度は夜の花、月下美人がつぼみを付け始めました。(ちなみにこの花は9月にも開花します) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むいてもむいても終わらないラッキョウの皮むき

 スーパーマーケットに買い出し、コロナ渦とあって一週間分を買いだめです。おや、泥付きラッキョウを売っている。梅雨時、漬け込むシーズンですね。私の母は毎年この頃になると大量のラッキョウを漬けこむのが常でした。  小学生の頃は母を手伝って毎年大量のラッキョウの皮むきです。一粒、一粒、面倒くさいなあ~。面白くないし、いつまでも手についた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラビアの海をヨットでトローリング

 サウジアラビアの東海岸の石油基地カフジで勤務していた1980-90年代の頃でした。単調な砂漠の生活にはレジャーが必要です。イスラムの休日の木、金曜日には社員はゴルフ、釣り、ヨット、ドライブなど楽しんでいました。私はもっぱら釣り、しかし他のレジャーも楽しみたい、そこで考え出したのがヨットてトローリングの釣りをしてみようという事でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステイホーム 何か孫の遊び場を作らなくっちゃ!

 新型コロナの蔓延でステイホーム、息子夫婦が仕事もあり保育園も休みなのでジージとバーバが一週間に2~3回は4歳の孫の面倒を見ることになりました。孫バカホイホイの二人、来るのが待ち遠しいですね。なにか家の中で遊ばせなくてはならないが子供は移り気です。ワンチームであれこれ遊びを考えてみました。40数年前の海外赴任中にトローリング釣りで使った…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ渦で自宅に引きこもりにはジクソーパズルが最適!

 新型コロナウィルスの蔓延で、外出の粛清を余儀なくされて自宅に引きこもっている子供たちの8割でテレビやビデオの視聴が増加しており、またゲームやインターネット動画にかじりついている子供も増えているそうです。その中で遊び道具をどうするか頭をなやませているご両親も多いと思います。そこに意外なものがブームをおこしそうです。  ジグ…
コメント:0

続きを読むread more

アベノマスクが届きました

 4月23日、新型コロナウィルスの蔓延で不要不急の外出を控えている我が家にも2枚の通称アベノマスクが届きました。(一体誰が名付けたのでしょうね?)毎年花粉症に悩まされていて今年も残り少なくなっているマスク、助かりました。洗濯して繰り返し使えるので便利です。黒ずみや髪の毛、虫なんかがいる欠陥品があると報道されたので点検しましたが大丈夫でし…
コメント:0

続きを読むread more

旅行に行きたいなーでも、今はコロナ蔓延で無理だな

 世界中で新型コロナウィルスが蔓延しています。このところ一週間も自宅で巣ごもりしてイライラが募ってきました。どこかに行きたいが我慢我慢、テレビの旅番組も行けないからフラストレーションがたまるばかり。ふと壁をみると昔スペイン旅行をしたときのお土産品が飾ざってありました。仕方がない、思い出を振り返るだけにするか・・・  壁にはドン・キ…
コメント:0

続きを読むread more

新装なったJR原宿駅に行ってみました

 いままで幾度となく通過したJRの原宿駅、思えば中学、高校、大学に通う通学の道すがら、また、その後も食事などで下車する際に必ずこのレトロな駅舎を見てきました。老朽化したこの駅舎はその役目を終え2020年3月21日の始発から近代化した駅になりました。どんな風に変わったのか?この度この新しい駅舎に行ってみました。  原宿駅は1906年…
コメント:0

続きを読むread more

言われていた世界の三大無用の長物・・・これってウソでしょ!

現在、世界では新形コロナウィルスが猛威を振るっています。パリのエッフェル塔をはじめ世界の観光地の名所は軒並み閉鎖に追い込まれています。早くウィルスの感染が収まると良いですね。ところで私の少年の頃、昭和の20年代に世界の三大無用の長物は?という大人の会話を耳にしました。それは万里の長城、ピラミッド、エッフェル塔だそうです。その時はふ~んそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚くべし!変貌の町、渋谷

 渋谷は学生時代から頻繁に訪れている言わば私の隠れ家の町でした。今はもう都会のスポットとして外国人観光客のみならず、多くの人々が楽しんでいます。東急線のプラットホームはどこにあるのだ?地下鉄銀座線の改札はどこだ・・・変貌を遂げる渋谷 今日はスクランブル・スクウェアの渋谷スカイに行ってみました。  渋谷のスクランブル・スクウェア、今…
コメント:0

続きを読むread more

でっかいぞ、あらびあのコチは!

 アラビア湾の浜辺を散歩していると波打ち際にいるコチが水中で砂煙をあげて逃げてゆくのが見えます。日本でコチは高級の料理です。こんな美味しい魚がここにいる、釣って食べずにいられるか!そんな思いで釣りと料理に挑戦してみました。サウジアラビアのアラビア湾(ペルシャ湾)に面したカフジで勤務していた時の事です。  アラブ人はコチを「ワハラ」…
コメント:2

続きを読むread more

秀吉の大軍に開城した小田原城を訪ねて

 小田原城は明治の初めに城内の建築物はほとんど取り壊されたが、1960年(昭和35年)天守が再建された。だが、鉄筋コンクリート製で当時の姿を再現したものではない。1971年と1997年(昭和46年、平成9年)には常盤木門(ときわぎもん)と銅門(あかがねもん) 2009年(平成21年)には馬出門を復元、2016年(平成28年)になって、天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ旅行で買ったお土産

我が家の暖炉の壁にはギリシャの皿、その炉の中段には古代戦士のブロンズの置物が飾られている。ギリシャを旅行したのはかれこれ三十年も前だ.。それ以来ここから動かしていないから埃をかぶったままだ。はて、これをいくらで買ったのだろうか?寒い夜の日、暖炉の炎を肴にウィスキーのグラスをかたむけながら、ふと当時のギリシャ観光旅行を思いだした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子年がめぐってきました。

令和になって最初のお正月がやってきました。子年は12支の年では最初の元旦です。昨年の改元でお目出たい事が無事に過ぎてゆきましたが、今年はオリンピックの開催です。もっと盛り上がりを見せてほしいものです。十二支ではねずみは神様の所に着くや否や、乘ってきた牛の背から飛び降りて一番乗りをしました。こすっからいですねえ。オリンピックの競技ではスポ…
コメント:0

続きを読むread more

今年もサンタクロースの足音が近づいてくる・・・

 早いものですね、今年もまたクリスマスのシ-ズンです。街には至る所にきらびやかなツリーが飾られて賑やかな雰囲気に満ちています。私の若い頃は忘年会をかねてサラリーマンの酔っぱらい達が三角帽子をかぶって金モールを肩にかけあっちによろよろ、こっちによろよろする風景が見られましたが今の街中では買い物客や若者たちのグループで一杯です。家庭でもパー…
コメント:0

続きを読むread more

ヤヤッ!かにが縦に歩いている

 長い海岸線が続くサウジアラビアのアル・カフジの町。夕方の海辺を散歩していると何百匹ものカニが群れを成して歩いています。私が近づくと一斉に縦に走り出します。まるで都市マラソンのスタートのようです。私たちは幼い時からカニは横に歩くのを見て育ってきました。しかしこんな大群のカニが縦にあるくとは、まるでアラビアンナイトのような不思議な世界…
コメント:0

続きを読むread more

駒場公園の旧前田家本邸ー国の重要文化財を見学して

「東京文化財ウィーク」は東京都教育委員会が毎年文化の日に開催するイベントで今年は10月26日ー11月4日まで開催されました。都内の文化材を一斉に公開する事業と文化財を巡る講座の事業の中で、駒場公園内の旧前田家本邸を訪ねてみました。旧前田家本邸は加賀藩主の16代当主,、前田利為侯爵(1885-1942)の住居だった英国風の洋館とそれに付随…
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康の居城ー駿府城事件簿

 10月、ようやく暑さも過ぎた10月9日 静岡県の駿府城公園を訪れる機会を得た。駿府城はいわずと知れた徳川家康の居城だったところだ。彼は大御所としてここから江戸の幕府を牛耳っていた。 かつて今川氏の領土であった駿府には家康は人質として19歳までこの駿府で暮らしていた。幼少期から12年間の思い出は晩年の家康には忘れがたい土地であっ…
コメント:0

続きを読むread more

未曾有の超大型台風がやってきた。

 2019年10月12日夜から13日未明にかけて観測史上初めての超大型台風19号が東日本を直撃しました。強風と大雨で37河川の堤防が決壊し周辺に大規模な浸水と人的被害をもたらしました。東京の我が家でもTVなどの情報を元に事前に対策を行いました。  台風前日、まずは気が付く限りの事、ベランダや玄関の飛ばされやすいものを家の中に取り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星の王子様に会いたいな・・・箱根の「星の王子様ミュージアム」を訪ねて。

 星の王子さま、言わずと知れたフランスの作家サン=テグジュペリの代表作だ。いつこれを読んだろう・・・多分、小学生のころ買ってもらった本だったと思う。その時の感想は童話にしてはむずかしいなと、ただ挿絵を何回もパラパラとめくって見るだけだった。本格的に内容を読み始めたのは中学生になったころと記憶している。英語の授業でもとりあげられた。 …
コメント:2

続きを読むread more