アラブの釣り人、サイード爺さんの海

 沙漠の国には娯楽が少ない。私が長年暮らしたサウディアラビア東部のカフジの町でもその例にもれません。しかし、この町に面した青いアラビアの海は退屈な毎日を救ってくれます。釣りは私のもっとも楽しい憩いでだからです。サイード爺さんは、地元でも屈指の釣りキチです。彼には孫がいるくらいだから、年はもう70歳を越しているでしょう。でも、ほかのアラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブのクロダイはなぜ黒鯛と呼べないのか?

 サウジアラビアに赴任中は砂漠の生活の無聊を慰めるために休日には良く釣りをしたものです。サウジ東部州のアラビア湾(ペルシャ湾)ではいろいろな種類の魚がかかってきます。しかし、これらの名前は現地では文献が少なく日本の魚類図鑑に頼るしかありません。本社に戻った機会に赴任者のためのテキストとして編集しました。学術的な誤りで恥をかきたくないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の化石

 コロナ禍中のステイホーム、毎日続くとやりきれない気持ちで一杯です。運動不足でお餅のようにふっくらと出来上がった身体になってしまいました。このままでは固まってしまって化石人間になってしまう。何か身体をうごかさなくては・・・暇つぶしと運動を兼ねて断・捨・離でもするか・・・と、重い腰をあげました。戸棚の奥になにか得体の知れないものが、転がり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェーのノールカップ(Nordkappu)で見た真夜中の太陽

 今年2021年の元旦、日本で一番早く見られる千葉県の銚子の初日の出をテレビで放映していた。そうだ、大分昔の話だが真夜中の太陽を見たことがある。コロナ禍で旅行もいけない昨今、やはりアルバムを開いて旅の思い出にふける事としよう。  ノールカップはノルウェー北部の北極圏に位置するマーゲロイ島にある岬だ。40年前に海外勤務をしていた際、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年、丑年がやってきました。

 新年おめでとうございます。昨年暮れからのGO Toトラベルの中止で、ひっそりとしたお正月のようですね。子年のこすっからいネズミにやられて十二支の二番手に甘んじてしまったので、干支にまつわる丑年の格言は「つまずき」、株式市場では『午尻下がり』などあまり芳しくないのですが今年は牛がもりもりとゆっくり草を食べてこれを反芻するようにじっくり物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタクロースがいないクリスマス

 30年も前から続いていたフィンランドの公認サンタクロースの来日がコロナ禍のため今年は中止となりました。子供たちとの触れ合いが出来なくなったからです。例年のような街の賑わいもないでしょう。今年はキリスト教会の行事中止が相次ぎ寂しいクリスマスとなりそうです。一方、世界各地ではクリスマスツリーの売り切れが続出、皆さんは家庭でクリスマスを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなところに小さな秋が・・・

 もう11月末なのに日中は暖かい日が続いていますが朝方は7℃、ようやく冬らしく気温もさがってきました。一体、従来の日本の四季の移いはどうなってしまったのでしょうか。ささやかな屋上の園芸は秋の花々が終わりを告げ冬らしく寒々としていますが、おやっ?こんな所に紅葉が。いつの間にか秋が来ていたのですね。  思い起こせば10数年も前になるで…
コメント:0

続きを読むread more

スウェーデンアイビーが花盛り

  もう何年前の事だったでしょうか はじめは見慣れない雑草かと抜いていましたが、屋上の庭の片隅に捨てられたこの草が翌年から成長を初め、今では庭の表面を覆いつくしてしまいました。10月から花が咲き始め、11月、白い花が咲き乱れています。   この植物はなんとスウェーデンアイビー(別名ナンムラリス)、南アフリカ原産ですが北国のスウェー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸のゲートウェイ VS 令和のゲートウェイ

 JR田町駅から品川方面にむかって国道15号線を歩いてゆくと江戸時代の高輪大木戸跡があります。令和の時代になってその一寸先にJR山手線の30番目にあたる高輪ゲートウェイ駅が今年三月、新たに開設されました。古き時代のゲートウェイ、新しき時代のゲートウェイを訪ねてみました。  高輪大木戸跡は江戸時代の言わばゲートウェイです。宝永7年…
コメント:0

続きを読むread more

アラビアのサヨリ釣り

サウジアラビアの石油基地に赴任していた頃でした。ある日海岸に出てみると海面をピョンピョン跳ねている魚がいる。サヨリに違いないと、早速釣り仕掛けの箱をさがしてみました。あった、日本からもってきたサヨリの仕掛けです。こませは何にするか?当地にはオキアミは有りません。魚肉をミキサーにかけ代用することにしました。 当地のサヨリは海岸近くに群れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんがり頭の奇妙な魚ーサカタザメを釣っちゃた!

 9月28日付け日経新聞(夕刊)に鹿児島の水族館で23年も気づかず飼育されていた新種のサカタザメの記事が掲載されていました。日本では本州南部に生息している魚です。とんがり頭の奇妙な魚、サメではなくエイの仲間です。私はサウジアラビアで40年前に勤務していた時にペルシャ湾(アラビア湾)で休日にはしょっちゅう釣りを楽しんだものです。サカタザメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育ちすぎたオクラーこのままにしておこう

 今年もオクラを栽培して、たくさん収穫しました。6月初旬に蒔いた種はなかなか発芽せず、7月になってからまき直しました。3センチぐらいの苗に成長したあと,間引き(まあ適当に)しました。黄色い花も可愛いいですね。朝、咲いてすぐ散ってしまいますが、翌々日には小さなベビーが下に顔を出します。6センチくらいに成長してから収穫します。一日に2センチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消えゆく昭和の涼み方ーうちわ、せんぷうき

 温暖化によるものでしょうか、真夏日の30℃を越して猛暑日の35℃など稀ではなくなった近年の夏。我が家の夏の涼み方は近代的な器具に代わっています。ところが、たのみのエアコンがヤバイ事に・・・  エアコンが作動しない大変だ!修理を頼むのもこのコロナ渦と猛暑のご時世では来てもらうのに気が引けます。従来愛用の扇風機、これも10数年前のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷の青ガエルが秋田にお引越し

 長年東急電鉄で使われ、1986年に引退した車両旧5000系の1両は渋谷ハチ公前に観光案内所として展示されていました。通称アオガエル なるほど、前から見ると似ていますねえ。1960年代の交通機関では山手線の鉄さび色、地下鉄渋谷線の黄色、それに東急線の緑色と外出時に区別しやすかったと記憶しています。このアオガエルが8月6日に秋田県の大舘に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤヤッ!白いゴーヤが実った

 半信半疑で買ってきたゴーヤ、見た所、苗は普通のゴーヤと変わりません。園芸店に残っていたのはこの白ゴーヤの苗だけ、今年はこれで夏の暑さを防ぐ緑のカーテンにしました。葉っぱも白くなるのでは・・・と危惧していましたが、いつもと変わらないで緑の色が茂ってきました。7月中旬になって見たこともない白いゴーヤが垂れ下がってきました。   何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の花が萎み、そして夜の花が咲いた

 クンシラン、パンジーなど春の花の季節を終えて我が家のベランダの彩りも寂しくなりました。次は夏の花だ。そう思って園芸店からヘブンリィ・ブルー(西洋アサガオ)を二株買ってきました。6月の中旬につぼみをつけはじめ今では次々と咲きはじめました。7月になって今度は夜の花、月下美人がつぼみを付け始めました。(ちなみにこの花は9月にも開花します) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むいてもむいても終わらないラッキョウの皮むき

 スーパーマーケットに買い出し、コロナ渦とあって一週間分を買いだめです。おや、泥付きラッキョウを売っている。梅雨時、漬け込むシーズンですね。私の母は毎年この頃になると大量のラッキョウを漬けこむのが常でした。  小学生の頃は母を手伝って毎年大量のラッキョウの皮むきです。一粒、一粒、面倒くさいなあ~。面白くないし、いつまでも手についた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラビアの海をヨットでトローリング

 サウジアラビアの東海岸の石油基地カフジで勤務していた1980-90年代の頃でした。単調な砂漠の生活にはレジャーが必要です。イスラムの休日の木、金曜日には社員はゴルフ、釣り、ヨット、ドライブなど楽しんでいました。私はもっぱら釣り、しかし他のレジャーも楽しみたい、そこで考え出したのがヨットてトローリングの釣りをしてみようという事でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステイホーム 何か孫の遊び場を作らなくっちゃ!

 新型コロナの蔓延でステイホーム、息子夫婦が仕事もあり保育園も休みなのでジージとバーバが一週間に2~3回は4歳の孫の面倒を見ることになりました。孫バカホイホイの二人、来るのが待ち遠しいですね。なにか家の中で遊ばせなくてはならないが子供は移り気です。ワンチームであれこれ遊びを考えてみました。40数年前の海外赴任中にトローリング釣りで使った…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ渦で自宅に引きこもりにはジクソーパズルが最適!

 新型コロナウィルスの蔓延で、外出の粛清を余儀なくされて自宅に引きこもっている子供たちの8割でテレビやビデオの視聴が増加しており、またゲームやインターネット動画にかじりついている子供も増えているそうです。その中で遊び道具をどうするか頭をなやませているご両親も多いと思います。そこに意外なものがブームをおこしそうです。  ジグ…
コメント:0

続きを読むread more