でっかいぞ、あらびあのコチは!

 アラビア湾の浜辺を散歩していると波打ち際にいるコチが水中で砂煙をあげて逃げてゆくのが見えます。日本でコチは高級の料理です。こんな美味しい魚がここにいる、釣って食べずにいられるか!そんな思いで釣りと料理に挑戦してみました。サウジアラビアのアラビア湾(ペルシャ湾)に面したカフジで勤務していた時の事です。  アラブ人はコチを「ワハラ」…
コメント:0

続きを読むread more

秀吉の大軍に開城した小田原城を訪ねて

 小田原城は明治の初めに城内の建築物はほとんど取り壊されたが、1960年(昭和35年)天守が再建された。だが、鉄筋コンクリート製で当時の姿を再現したものではない。1971年と1997年(昭和46年、平成9年)には常盤木門(ときわぎもん)と銅門(あかがねもん) 2009年(平成21年)には馬出門を復元、2016年(平成28年)になって、天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ旅行で買ったお土産

我が家の暖炉の壁にはギリシャの皿、その炉の中段には古代戦士のブロンズの置物が飾られている。ギリシャを旅行したのはかれこれ三十年も前だ.。それ以来ここから動かしていないから埃をかぶったままだ。はて、これをいくらで買ったのだろうか?寒い夜の日、暖炉の炎を肴にウィスキーのグラスをかたむけながら、ふと当時のギリシャ観光旅行を思いだした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子年がめぐってきました。

令和になって最初のお正月がやってきました。子年は12支の年では最初の元旦です。昨年の改元でお目出たい事が無事に過ぎてゆきましたが、今年はオリンピックの開催です。もっと盛り上がりを見せてほしいものです。十二支ではねずみは神様の所に着くや否や、乘ってきた牛の背から飛び降りて一番乗りをしました。こすっからいですねえ。オリンピックの競技ではスポ…
コメント:0

続きを読むread more

今年もサンタクロースの足音が近づいてくる・・・

 早いものですね、今年もまたクリスマスのシ-ズンです。街には至る所にきらびやかなツリーが飾られて賑やかな雰囲気に満ちています。私の若い頃は忘年会をかねてサラリーマンの酔っぱらい達が三角帽子をかぶって金モールを肩にかけあっちによろよろ、こっちによろよろする風景が見られましたが今の街中では買い物客や若者たちのグループで一杯です。家庭でもパー…
コメント:0

続きを読むread more

ヤヤッ!かにが縦に歩いている

 長い海岸線が続くサウジアラビアのアル・カフジの町。夕方の海辺を散歩していると何百匹ものカニが群れを成して歩いています。私が近づくと一斉に縦に走り出します。まるで都市マラソンのスタートのようです。私たちは幼い時からカニは横に歩くのを見て育ってきました。しかしこんな大群のカニが縦にあるくとは、まるでアラビアンナイトのような不思議な世界…
コメント:0

続きを読むread more

駒場公園の旧前田家本邸ー国の重要文化財を見学して

「東京文化財ウィーク」は東京都教育委員会が毎年文化の日に開催するイベントで今年は10月26日ー11月4日まで開催されました。都内の文化材を一斉に公開する事業と文化財を巡る講座の事業の中で、駒場公園内の旧前田家本邸を訪ねてみました。旧前田家本邸は加賀藩主の16代当主,、前田利為侯爵(1885-1942)の住居だった英国風の洋館とそれに付随…
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康の居城ー駿府城事件簿

 10月、ようやく暑さも過ぎた10月9日 静岡県の駿府城公園を訪れる機会を得た。駿府城はいわずと知れた徳川家康の居城だったところだ。彼は大御所としてここから江戸の幕府を牛耳っていた。 かつて今川氏の領土であった駿府には家康は人質として19歳までこの駿府で暮らしていた。幼少期から12年間の思い出は晩年の家康には忘れがたい土地であっ…
コメント:0

続きを読むread more

未曾有の超大型台風がやってきた。

 2019年10月12日夜から13日未明にかけて観測史上初めての超大型台風19号が東日本を直撃しました。強風と大雨で37河川の堤防が決壊し周辺に大規模な浸水と人的被害をもたらしました。東京の我が家でもTVなどの情報を元に事前に対策を行いました。  台風前日、まずは気が付く限りの事、ベランダや玄関の飛ばされやすいものを家の中に取り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星の王子様に会いたいな・・・箱根の「星の王子様ミュージアム」を訪ねて。

 星の王子さま、言わずと知れたフランスの作家サン=テグジュペリの代表作だ。いつこれを読んだろう・・・多分、小学生のころ買ってもらった本だったと思う。その時の感想は童話にしてはむずかしいなと、ただ挿絵を何回もパラパラとめくって見るだけだった。本格的に内容を読み始めたのは中学生になったころと記憶している。英語の授業でもとりあげられた。 …
コメント:0

続きを読むread more

チョイ・ケバだけどチャーミングなアラビアふた筋ダイ

 アラビア湾(ペルシャ湾)にはカラフルな魚たちが生息しています。私がこの海で初めてアラビアふた筋ダイを釣った時、あまりにも綺麗なのでこれは食べられないとリリースしようとしました。するとアラブの釣り仲間が捨てるならくれよというので、気前よく差し出しましました。あとで聞いた話ではアラブ人の間ではたいそう美味と評判の魚で「しまった」と思いまし…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者みな集まれ、ハワイアンバンドやろうぜ!

 定年になったある日、友達から電話がかかってきました。「暇になったろ、久しぶりにハワイアンをやろうじゃないか。そうすれば、80歳になっても手のなかでクルミを転がさずにすむよ」成る程、ぼけ防止には一番かもしれない。そう思って押し入れのウクレレをひっぱりだしました。アララ・・・割れちゃっている。早速修理にだしました。  むかしは夏の音楽だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイガーテール(サンセペリア)の花が咲いた

 7月中旬、鉢植えのタイガーテール(サンセペリア)の葉の間から細い茎が生えてきました。数年前あまりにも密集し根が弱ってしまった親株から葉差しをし、大きく育った株です。その枝に花のつぼみが付き始め8月に入って開花しました。ほう!初めて見る花です。  40年まえ、私は家族とともに仕事でサウジアラビアで暮らしていました。その社宅にはこの…
コメント:0

続きを読むread more

あこうだいといなだが釣れた

 釣れたよ!例のとおり息子が釣りから帰ってきました。今日のは一寸良い型だよ(でかいよ)。なるほど、大型クーラーにはいっているそれは見事なあこうだいといなだです。あこう1.8キロ46センチ、いなだ1.4キロ50センチありました。  早速さばきにかかりました。さばとかあじですと時間をとられますが、今日は2匹、なんの造作もありません。と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もあでやかな月下美人が咲いた

 十数年前だったか知り合いからサボテンみたいな植木をもらいました。その名は月下美人とよばれる植物です。初夏、つぼみがどんどん大きく膨れてある夜あでやかな花を開きました。1年にたった一度きり、外の暗闇中ではともすれば見損なってしまい、朝にしぼんだあわれな姿を見ることがしばしばありました。  年が経つとともに月下美人は背が伸びて寒い冬…
コメント:0

続きを読むread more

今年も小さな庭園で野菜造り

 この頃スーパーに買い物に出掛けると、様々な生鮮野菜が目に着きます。中には今までみたこともないような、なんちゃら・かんちゃらの外国名がついた果物や野菜類。どうやって料理をするか、また味がどうか分かりません。だから、従来の大根、白菜、人参、椎茸などだけをを籠に入れます。これなら妻も料理ができる。しかし、いい値段ですねえ。野口英世サン(千円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またホルムズ海峡(ペルシャ湾入り口)でタンカー攻撃ー歴史は繰り返す

 6月、ペルシャ湾出入り口のホルムズ海峡でタンカーへの攻撃がまた始まりました。なぜ「またか」というと1987年のイラン・イラク戦争の際にも日本をふくめ多くのタンカーが攻撃されたのです。その時はイラン革命防衛隊のガンボートによるものでしたが、今回は誰が何の目的で起こしたのかはっきりとした報道はありません。 先のイラン・イラク戦争の際、私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣っても食べてもつまらね~奴だなあーアラビアの魚「ギマ」

 サウジアラビアで勤務していたころです。やはり刺身を食べたい!。そう思ってもネタになるような新鮮な魚は売っていません。刺身を食べたきゃ自分で釣りをするしかありません。ここは、アラビア湾(ペルシャ湾)に面したアル・カフジ。美しいアラビアン・ブルーの海では新鮮な魚がごまんと釣れます。今日の晩飯はキスと小鯛の刺身にしよう。仕事を終えた夕方、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会議事堂を見学しましたー成る程、ここで国政が行われているんだ

 年号が令和にかわっても平成から続いている国会の論争は後半戦が始まります。 その前の5月7日に知り合い参議院議員の紹介で、国会の参議院を見学することができました。議事堂はたしか小学生の時に社会科実習で見学に来たはずですが、記憶が定かではありません。    ちょうど昼時、議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年、新しい気持ちで五月人形を飾りました。

 梅、桜の花の季節が移り風薫る五月、元号が平成から令和に代わってはじめての端午の節句を迎えました。例年のように年代物の五月人形を年号の変わり目に新しい気持ちで飾りつけました。   昭和15年、私の初節句の五月人形、歳月を重ねると共にその数は減ってきました。なぜなら、飾るべき床の間が今や無いからです。置く場所は窓際の片隅です。それで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more