アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「エッセイ」のブログ記事

みんなの「エッセイ」ブログ

タイトル 日 時
断・捨・離の時代だが、我が家に残るオレだけの文化遺産
 これまだ使えるな、もったいないな・・・そういう思いが残る数々の品。このままではゴミ屋敷になってしまう、処分しなきゃ、そう決断してもこれは粗大ゴミだから区役所に電話しなくてはならないな。シールも買いにゆかなきゃ・・・あれこれ面倒くさい。そう思うとなかなか重い腰が上がりません。  ある、ある いらないものが、もう使わないパソコンのコード類や部品。電気製品、衣類 靴 場所塞ぎの百科事典エンサイクロペディア、これは何とかゴミで捨てることができました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/15 10:30
白い城と黒い城―対照をなす姫路城と岡山城の威容を見た!
 白鷺城といわれる世界文化遺産の姫路城、青空にそびえる白い天守閣は見る人々を圧倒する美しさである。 一方、漆黒の岡山城は烏城と呼ばれ川面に映えるその姿もまた優美なもので歴史の深さを感じさせる。今回の旅では対称をなすこの二つの城を訪れた。ちなみに白い城は幕府の親藩、黒い城は外様の大名の居城という。そういえば、当初黒い外観の大坂城は徳川の時世では白く塗り替えられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 11:09
陶板の名画の数々、大塚国際美術館を訪ねてー徳島県鳴門市
 大塚国際美術館は世界で最初の陶板名画美術館である。 大塚製薬(株)75周年を記念して設立された。館内には世界の約190の美術館が所蔵する名画1000点余りを陶板で原寸大に複製したものが展示されている。約2000年以上にわたり原画そのものの色彩と姿が残るとされているのは驚きだ。。私はこれらの原画の一部をヨーロッパの美術館で鑑賞したが、まったくといって良いほど忠実に再現されている。ここでは写真撮影のみならず手で触っても良いので、堅苦しい美術館のイメージはなく気楽に鑑賞する事ができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/15 10:52
奥の細道の終着地は江戸ではなく岐阜の大垣だった
 松尾芭蕉が江戸から奥州各地を回りこの旅を終えたのは出発した江戸ではなく実は岐阜の大垣だった。ここが「奥の細道」の終着地だったといういろいろな史跡が残っている。 なぜ、芭蕉は奥の細道の旅をこの地で終えたのか、この度、大垣を訪れた機にこれを調べて見ることにした。 松尾芭蕉は元禄2年(1689年)、弟子の河合曾良とともに江戸の深川を出発し日光街道を北上していった。 白河関ー松島ー平泉ー出羽三山ー鶴岡などを経て酒田から南下して金沢、敦賀を周り大垣でこの旅を終えた。全行程約2400キロを走破したことにな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 10:03
本当のことをいう奴は、首を切られるー実際に見たアラブの格言
 豊洲新市場の盛り土、いつのまにやら地下空間ができていました。 一体どう誰が勝手にきめたのでしょうか。知事の原因究明の指示にもかかわらずその責任者が誰なのか真相はうやむやのままにされ、報道だけが過熱しています。 本当のことを言うヤツは一体どうなるのでしょうか? 次の事柄はアラブ世界の出来事です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/01 09:06
なばなの里ー幻想的なイルミネーションの小道をそぞろ歩き
  知人のお祝いごとのため 三重県四日市の長島温泉を訪れた。 「えっ?バナナの里」 「違うよ!な・ば・な・の里」 この近くにある花々が美しいガーデンだという。特に見どころは夜に園内が日本でも最大級のLEDのイルミネーションに彩られ、幻想的な散歩スポットなのだ。 そこで宴会が終わったあと皆で見物に出かけた。 行き帰りのバスはホテルでアレンジしてくれる。(宿泊:ホテル花水木にて)   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/01 11:24
シンドバッドの夢―アラビアのダウ船
 アラビアの伝統的な木造のダウ船、この歴史は紀元前後にさかのぼると言われています。 私が中東に勤務していた1970年代には、クウェイトやサウジ、またドバイなどのアラビア湾岸諸国で、巨大タンカーの行き交う中、一本あるいは二本マストに大きな三角の帆を張ったダウ船がアラビアンブルーの海を航行しているのをよく見かけました。まさに船乗りシンドバッドの航海を彷彿させる光景でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/15 09:12
初夏の北海道の旅―富良野、余市
 6月12日、札幌に着いた。今回はこの札幌を起点として北海道の各地を回る計画だ。本州では東京から近郊の行楽地に行こうとすれば交通のアクセスは行き当たりばったりで済む。しかし札幌からはそうは行かない。そこでガイドブックを吟味して翌日の13日は富良野・美瑛へのバス旅行、14日はJR函館本線を乗り継いで余市を訪れることとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 10:18
近江路の城を歩くーその4 浅井長政とお市の方の小谷城跡
  彦根からタクシーで小谷城跡に向かう。 車は勾配の急な坂道を登ってゆく。 ハイキングの人々を見かけるが時間が限られた一般の旅行者にはタクシーはありがたい。 戦国の歴史で小谷城の攻防ほど悲惨だったものはない。 織田勢に攻められ落城。お市の方と 茶々、江、初の三姉妹は城から助け出されたが、お市の方は生涯で二回、茶々は三回の落城を経験して命を落とす。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/01 08:36
近江路の城を歩くーその3 井伊家の彦根城
 織田信長の安土城跡、豊臣秀次の八幡山城址をみたあとJR近江八幡から彦根に移った。駅前のホテルにチェックインのあと、彦根の美味いものを求めて町を歩く。あった!まずは彦根丼を賞味。明日は彦根城の見学だ。彦根藩は幕府から預かった蔵米五万俵を加えて35万石の徳川幕府有数の譜代大名として明治まで続いた。 桜田門外で暗殺された井伊直弼は13代にあたる。 今回の旅では城跡ばかりだったが、現存の古城を見るのが楽しみだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 10:37
近江路の城を歩くーその2 豊臣秀次の八幡山城跡と近江商人の町
 安土城跡を後にしてJR安土駅から近江八幡駅に移動する。今晩は駅前のホテルに1泊。八幡山城は秀吉の甥の豊臣秀次の居城であった。 築城とともに彼は八幡堀を掘削して運河に利用、琵琶湖湖上交通の要衝として安土や近郊の住民を城下にあつめ商業都市の基礎を築いた。秀吉に跡継ぎの秀頼が生まれ、秀次が謀反の罪を着せられ自害させられたあと、この地は商人の町として発展し数々の近江商人が誕生した。この近江八幡の商人の町並みは一見の価値がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 10:49
近江路の城を歩くーその1  織田信長の安土城跡
 近江路には戦国時代の城や城址が多い。この旅では織田信長、豊臣秀吉の時代の城から徳川期の彦根城まで足を伸ばしてみた。まずはJR東海道本線を利用できる琵琶湖周辺に宿をとり信長の安土城跡、豊臣秀次の居城であった八幡山城跡、井伊家代々のの彦根城、さらに浅井長政の小谷城跡などを訪れた。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 09:43
脇差切刃石田包真の由来と三成の足跡の旅
 ここに我が家に伝わる一振りの脇差がある。銘は切刃石田包真(きるば いしだ かねざね)、室町末期の作で鞘の添え書には石田三成の佩刀であったと記されている。 今回、大垣市の美術館で開催されている同市出身の画家守屋多々志氏(1925−2003年)の展覧会に妻と訪れたこの機会に、関ケ原で敗れた石田三成の足跡と切刃石田包真の由来を探る旅に出た。 大垣もまた、関ヶ原の戦いの渦中にあった町でもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 08:39
秘密は誰かに喋ったが最後、みんなに知られている。―実際に見たアラブの格言
 私たちはよく言いますね 「これ秘密なんだが」 「オフレコにしてくれ」、しかし、ほとんどが守られていないのが実状かと思います。 アラブ社会でも同じ、しゃべったら最後だれかに伝わることは間違いなさそうです。 アラブ人の部下たちと会議で決めた入札のコンフィデンシャルの内容がいち早く相手先の数社に漏れていました。 エッ!なんで知っているの・・・? 問い合わせの電話もかかってきます。もちろん、この入札の条件は別の案でオファーしましたが、ワイロをもってくるヤツもいて神経くたくたになることも何回もありました... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/15 10:03
3.11.14.46ー記憶を思い起こしてみると・・・
 五年前の2011年3月11日14時46分、その時何が起こったのか・・・被害地から離れた東京でも震度5弱の揺れを感じました。19000人の犠牲者を出した東日本大震災、それにくらべれば東京の地震被害は軽微でしたが我が家でもパニックを感じた出来事でした。 電話中突然の揺れ、あわてて通話を切ったものの、棚におかれた電話機や置物を必死に抑えていました。 床には、お皿など破片が散乱しています。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/15 09:08
ローカル鉄道に揺られてー箱根登山鉄道・ケーブルカー
 この冬は暖かだったり寒かったりしてジェットコースターなみの気温の乱高下、体の調節が難しい。たまには温泉でも行って静養したい、そう思って近郊の温泉場を調べてみる。 やはり近場は箱根だ。いつもは車でドライブ方々、日帰りだが今回は小田原経由強羅まで箱根登山電車の旅を楽しんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/01 09:15
暇人のクリスマス童話
 今年もクリスマスシーズンとなりました。町はもうXmas一色、商戦たけなわです。 我が家でもクリスマスの飾りつけをしました。 しかしそのグッズは私の子供たちの幼いころ買った古いものばかりです。メルヘンチックすぎてもう我ら(的)にそぐわないな。でも思い出だけは残っています。 そこで、これを元に童話を作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 10:04
旅のお土産その後始末は・・・
  旅行に出るとうきうきした気分が収まりません。行く先々のお店にその土地柄のお土産品がならんでいると、この旅の思い出にと、つい財布を開けてしまいます。ところが帰ってきて楽しかった出来事が頭の中から薄れてくると、なんでこんなものを買ったのだろう・・・と悔やむことしきり。まず、我が家ではまったく利用価値のなかったものはコレ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/01 10:40
一度ヘビに咬まれると曲がった縄まで怖くなるー実際に見たアラブの格言
 サウジアラビアのゴルフ場でラフに入ったボールを探していると蛇がとぐろを巻いていました。丁度、産卵期(3月)でしょうか、一年の大半が褐色の砂漠には、この時期あちこちに緑の灌木が茂っています。近くの窪みの巣に卵があるようです。蛇は鎌首をもたげて威嚇しています。本能的に巣を守っているのです。ここに生息している蛇のほとんどは毒を持っていると言われており、現地の病院のドクターは「もし咬まれたらそのヘビを退治して持ってきてください。そうしなければ、どの血清が有効かわかりませんから」と言っています。  ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/15 10:00
「築地市場が移転する前にー行ってきました
 東京の台所と言われる「築地市場」。毎日全国各地から新鮮な魚が届けられています。先月、築地のすし屋でにぎりをつまみながら板前さんと雑談をしていると仲買人しか入れないと思っていた場内市場に個人でも入場して買い物ができるとのこと、今まで何度も場外市場では買い物を楽しんできましたが、来年豊洲に市場本体の移転をする前に見ることとしました。 インターネットを検索してみると築地場内、場外の散策プランがありさっそく応募しました。案内人つきなのでいままで知らなかったことも期待できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 09:41
五島列島と長崎の教会群を訪ねてーその3 長崎浦上・大浦
 8月23日の夕方、中通島の奈良尾港からの船旅は快適であった。 台風15号が九州に接近してくるとの天気予報だが、まだその影響はなく五島列島から出発することができた。 長崎は雨かもしれないと思ったが、幸い降ってはいなかった。 まずはホテルに落ち着く。 夜景が美しい長崎の街並みである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/01 10:22
五島列島と長崎の教会群を訪ねてーその2 上五島のキリスト教会
 8月22日 久賀島からチャーター船で若松島の土井ノ浦港へ 天気に恵まれ穏やかな海を渡る。 今回の旅では時間の制約から奈留島の江上教会は訪問できなかった。 この教会は長崎の教会群とキリスト教関連遺産に申請中なので、ぜひ行って見たかったのだが次の機会にしよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/15 10:12
五島列島と長崎の教会群を訪ねてーその1 下五島のキリスト教会
 長崎の教会群とキリスト教関連遺産は現在ユネスコの世界文化遺産に申請中である。14項目の遺産申請のうちには8か所のカトリック教会がふくまれている。元治2年(1865)3月に浦上の隠れキリシタンたちが大浦天主堂に名乗り出た。今年は教会側の「信徒発見」隠れキリシタン側の「神父発見」から150年目に当たる。およそ400年のキリシタン禁教、弾圧、潜伏の後、明治6年(1873)になってようやく信仰が取り戻された。その後の隠れキリシタンの子孫たちは新しい宣教者の指導の下、教会を建立し深い信仰を新たにしている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/01 10:28
加賀藩の城見取り図 一体どのお城?
 気まぐれな今年の梅雨の季節が過ぎ猛暑の夏、例年の通り虫干しをかねて、先祖伝来の古文書の類を整理しました。この中に「四對八城」なる書物が出てきました。昨今のお城ブーム、好奇心もあってこれに目を通してみました。 この四對八城は江戸時代の加賀藩の軍学者有澤永貞がしたためたもので、見事な城の極彩色の見取り図(地割り)が描かれています。 どうも藩のお城の築城から改築、取り壊しの記録ではないかと推測してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/15 15:22
今年もまた、蝉日記
 7月 8日 今年の一番蝉の声。連日の梅雨のしとしと雨にめげずに鳴いています。  ああ、夏だなあ・・・でも、今日の気温は22℃ちょいと肌寒い日です。 夏の訪れを告げるニイニイ蝉、まだ一匹です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/01 10:34
新装なったEPSON AQUA PARK(品川)を見てきました。
 1年あまり改装工事を進めてきたEPSON AQUA PARK(旧名エプソン品川アクアスタジアム)がこのほどオープンしました。 すっかりリフォームされた館内は水族館というより、趣向をこらしたエンターテインメントエリアといっても良いでしょう。 11ケ所のエリアは音・光・映像そして生き物たちが融合する最先端エンタメ施設と謳っています ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/15 09:44
珊瑚樹の見える窓辺から・・・
 我が家のダイニングルームの窓辺からは椎の樹、ねずみモチなどの木々の茂みが毎日自然のうるおいを与えてくれます。 勿論、これら全部が借景ですが、その中で四季に彩りを添えるのは珊瑚樹です。春に花、夏に赤い実が生り、鳥たちに食べつくされたあと回りの木々の緑と同化してしまう冬。 そして今年5月に白い花が咲きました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/01 10:33
砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよー実際に見たアラブの格言
 実はこの言葉はアラブの格言ではありません。 フランスの作家アントワーヌ・サン・テグジュぺリ(1900−1944)の世界中の人々に読まれている星の王子様の一節です。 心に響く言葉なので、あえて格言に加えてみました。私たちはオアシスといえば砂漠を渡るキャラバンの憩いの場所として小さいときから想像を逞しくしてきました。一方、オアシス以外の砂漠の中にも井戸が掘られていますが回りは荒涼としたカーキ色の砂漠にかこまれて、一見どこにあるのか分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/01 09:54
マンホールウオッチングが流行っているんだって?
 マンホール。 私たちは道路にある下水の鉄の蓋なんか歩いていても気にも留めません。 だから大雨で道路が冠水した時など鉄の蓋がずれてしまったのを気がつかず誤って落ちたりする事故が報じられています。 目立たないマンホール、地方自治体ではこれに当地名物などをデザインにして事故を防ぐとともに、景観に美をそえる運動をしているようです。 これを目当てにマンホール・ウオッチングする人もいるみたいです。ウオッチングといってもヘルメットをかぶって懐中電灯片手に孔の中を探訪するわけではありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/15 09:34
復讐はありきたり。慈悲は希有ー実際に見たアラブの格言
 アラブでは、復讐をすることは当たり前のようです。イスラム国(ISIL)にパイロットを惨殺されたレバノン、また、コプト教徒(キリスト教の一派)を21人も殺されたエジプトも報復のためリビアのイスラム国に同調する過激派にそれぞれ空爆を行いました。 これは、国内の世論の高まりで政府もやらざるを得なかった面もありますが一方、平和を重んじる日本では2人の犠牲者にたいしては打つ手がなかったのです。 テロとどう向き合えばよいのか難しい問題ですが我が国は人道支援を推し進めるのが大切かと思います。 理をつくした話... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/01 10:27
爽快なり!太鼓の響き
 近頃、各地では和太鼓の演奏が盛んです。若者、子供たちのグループまで。一糸乱れぬリズムは心に響きます。 日本の伝統芸能が継承されてゆくのは大変うれしいものです。観ていても聞いていてもスカッとした気分になります。見事ですねえ。昔から太鼓は私たちの生活から切り離せないもの、盆踊りのドドンガ・ドンおもわず手振りして踊りだしてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 10:35
人はコンピュターをどこまで進化させるのかーその時人類は?
 電車の中を見まわすと座席に座っている人の大部分がスマホかケータイに没頭しています。 回りをまったく気にしていません。時折ニヤニヤ笑ったりして傍で見ていると異常な感じを受けます。何かコンピューターに支配されているようです。コンピューターの進歩は日進月歩、この私も、ようやくウインドウズXPを卒業したばかりで後継機の扱いに苦慮している最中なのですが、はたしてコンピューターはどこまで進歩してゆくのでしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/01 09:11
中伊豆のミカン狩り
 毎年の正月にはTVを見ながらミカンを食べるのが定番かと思います。 ムムッ? 苦い、ドラマに夢中になっていて傷んだものまで口に入れてしまいます。 正月を過ぎて半月、かごの中のミカンを見ると、あるある傷んだヤツが・・・ もったいないから、良いとこ取りして食べてしまいます。  フレッシュなミカンが食べたいな。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/15 10:19
家の中にクモがいた〜ぁ!
 「やだぁ〜家のなかにクモがいる〜ぅ!」 妻のけたたましい声。 「どこにいた、どんなクモなの? まさか背中が赤いセアカゴケグモじゃないだろうな」 「普通の灰色のクモよ」そこにいくともうどこにも姿は見えません。 寒くなってきたので、屋上の庭園の熱帯性植物を屋内に取り込んだので、それにくっ付いて入ってきたようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/15 11:10
川を渡り終わるまでは、ロバにだって「旦那様」というものだー実際に見たアラブの格言
 10年あまり前にモロッコを訪れた時、世界遺産のカスバ、アイト・ベン・ハドゥを見物しました。この時は冬場で増水しているマレ川を渡らねばならないのでロバに乗りました。少年たちが盛んに「オレのロバに乗れ」と客引きしています。 ロバなんか乗ったことがないので川の中央でずり落ちそうになり、あわててしがみついたものです。ロバはお構いなしに進んでゆくので対岸に着いたときはホットしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/15 07:42
新幹線を50年見続けている浜松町のしょんべん小僧
 2014年10月1日 新幹線の開業50周年となりました。 延べ56億人が乗車したそうです。 この新幹線を毎日始発から終電まで見続けている少年がいます。 それはJR浜松町駅(当時は国鉄)のしょんべん小僧の像です。この像は昭和27年10月、鉄道開通80周年記念に浜松町駅に設置されました。私が小学生のころ毎日の通学の際に電車の窓からよく見かけたものです。京浜東北線、山手線外回り3.4番線ホームの田町寄りの場所、久々に訪れてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/01 10:09
さよならジャンボ機
 国内の航空会社からジャンボ機、ボーイング747が消えました。今までジャンボ機を何度利用したでしょうか。羽田、成田から新婚旅行、国内旅行、それは日航かANAでした。さらに、家族と共に暮らした海外の地、休暇の折にはいろいろな外国航空会社を使いました。なかでも、ジャンボの愛称のボーイング747はゆったりとしていて乗り心地の良いジェットと記憶しています。 ただ、食事などのサービスの順番がなかなかまわってこないのは難点でしたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/15 08:22
船の紋章― 江戸時代の各藩の船印はこうだった。
 暇にまかせて書斎を整理していると思いがけない一品に遭遇します。 もう見もしないだろう古文書の類です。「関舟馬舟三品覚書」「諸国舟帳」 表書きにはそう書かれていました。私の先祖は加賀藩で碌を食んでいましたから御用係りでその書を作製したに相違ありません。宝永五年7月(1708年)と記されていますから今から306年前の書物です。 はて、これはなんじゃ?と紐解くことにしました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/15 10:54
東京は雪景色―こんな日の夜は暖炉の温もりで
 なにか地球の気候はおかしくなっているようです。アメリカで大雪、英国で大雨による洪水、南半球では猛暑、日本でも今年は雪が多いですね。2月8日には東京は27cmの45年ぶりの大雪、14日にはまたドカ雪に見舞われました。なんという寒さが続くのでしょうか?二週間前は汗ばむほどの暖かさだったのに・・・おかげで身体の毛穴が開いたり閉じたりしてやりきれませんね。 今日も、おお、寒!昔は冬にはスキーに出かけたのに今はそんな気はさらさらありません。 部屋の中でヌクヌクと暖まっていましょう。「アナタ〜もう少し温度... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/15 10:44
宝塚歌劇100周年ー わが家にも(昔の)ヅカ・ファンがいた
 宝塚歌劇団が100周年を迎えます。  思えば私の母も叔母も大のヅカ・ファンだったと記憶しています。 まてよ、かつて妻もそうだったらしい。何か資料が残っているだろう、棚の中を探してみます。 あったあった、多量のブロマイド。  それに雑誌も・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/02/01 10:01
浅草雷門の大提灯が新しくなった。
 浅草寺を訪れるたびに かならずくぐる雷門の大提灯、11月18日に10年ぶりに新調されました。 物見高い江戸っ子(東京モン)の常、早速駆けつけました。雷門は何度も火災を起していますが、慶応元年に焼失したあと、昭和35年になって松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏によって寄進されたものです。 新しくなった名物の大提灯の寄進名はパナソニックに変ったかと思いましたが、松下電器産業株式会社 松下幸之助のままです。 私たち世代ではこの方が親しみやすいですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/21 08:59
ヴァイオリンの音に聴きほれてー 東禅寺 緑のコンサートー
 「パパ汗かいている」その声にドッと笑い声が起ります。 コンサートで熱演の一曲が終り盛大な拍手の後に飛んだヴァイオリニストの幼いお嬢さんの声援?です。 ハンカチで額の汗をぬぐう演奏者のパパもこれには苦笑い。  10月27日東禅寺で開催された田野倉雅秋ヴァイオリンリサイタル「緑のコンサート」の一こまでした。 田野倉雅秋氏は数おおくの国際コンクールで優勝している日本のヴァイオリニストの一人者です。ピアノは須関祐子氏、数々の国際ピアノのコンクールで優勝や受賞している今や引っ張りだこのピアニストです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/01 00:05
台風26号が来襲−我が家の対策は?
10月15日:   台風26号が明日関東に接近するというニュースです。 10年に一度の強い勢力で西日本から北日本まで広い範囲で気象庁では暴風、高波、大雨の恐れがあり警戒するよう呼びかけています。我が家では、どんな対策をとれば良いのだろう。接近は16日朝の8時頃、妻は明日は病院の検診があると外出するのを心配しています。 まず、手近かな処、ベランダの植物を片付けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/21 09:48
遅ればせながら新歌舞伎座の建物を見に行きました。
 一寸遅かったかなあ〜。2013年2月に竣工して8ヶ月も経ってしまいました。4月には私の妻は早々と新装なった歌舞伎座のこけらおとし公演を見に行き、とても素晴らしかったと感激して帰ってきました。私もようやく重い腰を上げデジカメ片手にそこを訪れました。勿論、チケットはありませんから建物だけの見物です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/11 10:34
碓氷峠廃線ウオーキング
 何年前の事だったろう。廃線になった旧信越本線の碓氷線が整備されてハイキングコースとなったと聞いたのは・・・。しかし(横川〜熊ノ平)を歩くとすれば基点地から往復しなけれならない、それでは距離がありすぎだ。そこで考えたのはマイカー2台で行くことだ。1台は横川、もう1台は熊ノ平の駐車場に置いて別々のパーティが下と上から歩けばよい。1本道だから途中で車のキイを交換すれば片道で済む。だが、このプランに乗ってくれる者は誰もいなかった。今回チャンスがおとずれた。阪急交通社トラピックスの碓氷峠・めがね橋の〜ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 08:07
俺はピアノだ (ある家のピアノのひとりごと)
 俺はある家の居間に居座り続けているピアノだ。 名前はまだ無い、というと我輩先生のパクリになってしまうが・・・。もっとも、苗字(製造元)だけはボールドウィンという米国生まれだ。 この家のあるじは俺の立派にならんだ歯(鍵盤)を、時たまカタカタ鳴らすだけだ。このへたくそ!腹が立つが、ただで住まわしてもらっているし、この家の女房が時たま顔を磨いてくれるのでそうもいかない。 まあこれ以上の悪口は弦がプッツンする元となるからやめておこう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/01 00:08
駱駝の肉って本当は美味いのかなあ?
 サウジアラビアに赴任していた頃です。 当地はイスラム世界ですから料理では羊肉が一般的です。スーパーマーケットには鶏肉や牛肉も豊富にならんでいますが、宗教で禁じられている豚肉はお目にかかれません。 砂漠にごろごろたむろしている駱駝、地元の人は食べると言っていますがあまり人気がないようです。 エジプトでは駱駝肉は一般的だそうです。 しかし、マーケットに出ている価格は羊の肉よりか安く、格下に見られているようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/21 00:14
千葉県南房総―小湊の鯛の浦へドライブ!
 6月8日(土) 入梅というのに今年は空梅雨のようだ。 晴れたこの週末、東京からアクアラインを通って千葉県鴨川市の小湊・鯛の浦までドライブ方々、地元の温泉も楽しんだ。 この晴れた日を皆も狙ってかアクアラインに行く車は多い。川崎浮島ジャンクションで渋滞に巻き込まれてしまった。 だが、海ほたるを越すと快適なドライブが続く。 窓を開けて初夏の爽やかな風を車内に入れる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/21 09:32
少なくなったガソリンスタンド
 あれえ〜ここに給油所があったはずだが・・・?  ガス欠を気にして給油しようと運転していると最近まで営業していたところが更地か駐車場になっています。 まいったな・・・ぐるぐるまわってようやく次の給油所を見つけました。 最近廃業をするガソリンスタンドがあちこちに見られます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/11 00:05
今年も五月人形を飾りました。
 4月中旬から5月10日まで今年も五月人形を飾り付けました。 毎年からりと晴れた日を選んで、また押入れに仕舞います。 飾り具足を分解しながら、これは次世代に受け継いでもらおう、とそう願いました。しかし、教えていないこの具足の飾りつけが出来るのか?一寸心配になってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/11 08:48
眼鏡はどこに行った
え〜と、眼鏡が無い。 いつも置いておく場所をさがしても見つかりません。 困ったな、朝起きてからの自分の歩いた航跡を辿って見ます。 ここにもあそこにも無い。どこだ? 顔を洗った時はずしたな・・・洗面所にはない。 朝飯の時ちょっとはずしたな・・・テーブルの上にも無い。 まさか目が覚めた時から掛けていなかったのか・・・ベッドにもない。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/01 09:58
長屋のサンタ
 クリスマス・シーズンです。街のお店にはモミの木にデコレーションが飾られ、うきうきした気分になってきました。 今年も良い子ちゃんに(悪い子ちゃんにも・・・ね)サンタクロースがプレゼントを抱えてやってきます。 ここは、貧乏長屋のご隠居さんの家、例の通り熊さん八つぁんも来ています。 サンタさんからプレゼントをもらえるでしょうか・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/11 10:25
秋の北海道の旅ー4 函館 ローカル線の旅と港町
 10月10日(水)  羊蹄山の山頂に雲がかかっている。昨日とは違った山の姿。 ニセコ・アルペンホテルを早めにチェックアウト、今日はローカル鉄道に揺られて函館までの旅だ。もよりのJR倶知安(クッチャン)駅行きバスの停留所に急ぐ。あたりにはまったく人影無し。ほんとうにバスがくるのか心配になってきた。 律儀な日本の国民性だ、時間ぴったりにバスが来た。 我々二人だけの乗客を乗せて発車。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 00:03
秋の北海道の旅ー3 ニセコ
10月8日(月))  ホテルの温泉の朝風呂、いい気持ちだ。 見ると隣で湯に浸かっている人々は中国語をしゃべっている。この大浴場の中には領海侵犯問題は存在しない。  和やかな湯気の中、しばし時を忘れる。 朝食のバイキングは美味。外に出てみると今日も青空が広がっている。針葉樹の香りが混じった空気が清々しい ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/11 08:11
秋の北海道の旅―2 札幌―小樽―積丹
10月7日〔日〕 札幌   旅の二日目は 札幌の市内を探訪。 駅を中心に地下街が伸びてゆき、各地下鉄の路線につながっている。 アーケードも充実しており、これだったら寒い冬に外に出ずにすむ。 東京からのお客も凍った道路で転ぶこともないだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/01 12:04
秋の北海道の旅ー1 支笏湖ーオコタンペ湖ー旧石狩川ー札幌
10月6日(土)  先週の台風一過で晴れた北海道にやってきた。まだ夏の気候が抜けない羽田を経って新千歳空港に着いた。、ひんやりとした秋の空気だが、そんなに寒くはない。東京を朝早く出発したので朝食抜き、早速、空港の売店で北海道の味、鮭とイクラのおにぎりを味わう。空港には長男夫妻が車で出迎えてくれた。 嫁さんの里が北海道だから、今回の我々の旅行のガイド役を買って出てくれた。こんな心強い事はない。私たち夫婦はいそいそと車に乗り込む。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/21 10:26
あぶちゃんって一体なに?
  歯医者さんに行きました。 治療の椅子に座ると 若い女性看護士サンが「それではエプロンをかけますよ」 エッ! エプロン?ここで料理でもするの? こりゃ「あぶちゃん」なんでしょ、と言うと、「あぶちゃん」って何ですか?と質問がかえってきました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/21 10:24
九州のキリシタン大名有馬晴信の終焉の地がなぜ甲斐の国(山梨県)なのか?
 2012年5月6日、山梨県甲州市大和村でキリシタン大名の有馬晴信没後四百年記念祭が営まれた。晴信 謫居(たっきょ)の地の記念碑前では有馬家27代当主を始め、晴信ゆかりの人々や地元の人たち、カトリック関係者等約100人が参列しその業績と生涯を偲んだ。 カトリック司祭による式典のあと、当時のイエズス会マテウス・デ・コウロスが1612年にローマに送った年報からドン・ジョアン(ヨハネ)有馬晴信の最期の様子(要約)が朗読され記念の植樹が行われた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/11 08:30
悪口を言うヤツの悪口を言ってやろ
 悪口には人を傷つけるものから同じ言葉でもそうでもないものがあります。馬鹿ね貴方は、おばかさん、ば〜か、までは  えへへ ですみますが、バッキャロ〜テメエ! バカッ! になると人は怒り出してしまいます。なぜ悪口には動物に喩える事が多いのでしょうか。ウマ、シカ、ロバ、ブタ イヌ、サル いずれも人間に役立つ動物たちです。そのような動物達に容貌体型や動作が似ているから蔑むのでしょうか。このパンダヤローといっても誰も怒りませんが。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/01 00:10
ローカル線に揺られてー銚子電鉄
 三月の春うららかな日・・・と言いたいが、この日は大陸からの寒気が押し寄せ北風の吹く寒い昼下がり。 海を見たい。その願望もあって、今日は銚子を訪れました。外房の海、今日も大波が岩礁を洗っているでしょう。 そうした、荒々しさを堪能する前に、のどかな風景の中を走るローカル線の旅を楽しみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/04/01 10:06
古きよき時代の町並みに魅せられてー千葉県香取市佐原
 利根の川風袂に入れて月に竿差す高瀬舟・・・昭和初期に一世を風靡した玉川勝太郎の浪曲が今でも聞こえるような町、それが千葉県香取市の佐原(さわら)です。佐原は古くから利根川水運の要として栄えた所で、現在でも小野川の両側には古い商家が多数残っています。この町が「小江戸」と呼ばれる所以です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/11 00:12
ワシャまだ元気じゃよ、と言いたげな東京タワーだが・・・
 久々に東京タワーを訪れてみました。久々といっても、私はまだ、展望台まで上がったことはありませんでした。 若かりし頃には今は廃業したタワーの下のボーリング場に足繁く通っていましたが、上にはいつでも行けるからと機会を逸していました。 2月21日の晴れたこの日、大展望台に上がってみました。来場の人はそこそこの人数です。じーさま、ばーさましかいないかと思いきや、外人サンや若い人たちが多いのは意外でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/01 00:18
石の五百羅漢さんー目黒の大円寺
 3年前には目黒の天恩山五百羅漢寺を訪れましたが、その後、同じ目黒の大円寺に石作りの羅漢群があると知って、ウオーキングの際に立ち寄ってみました。JR目黒駅西口を出て徒歩5分、急な行人坂を下ると目黒雅叙園の手前に大円寺があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/21 00:13
思い出せない・・・人の名、漢字、まいったな
 え〜と、あれ、あれ、それ、それ・・・。年かなあ、この頃ド忘れが多いようです。妻は私がこれを連発するたびに知らん顔、思い出すまで返事をしてくれません。意地悪だと怒ると貴方の頭の体操のためよと言葉が返ってきます。苦しいですよ、喉までそれが出掛かっているというのに。でもヒョんな事をきっかけに「わかったあ〜!」とホッとするものです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/11 00:08
中東で祝ったクリスマス
 アラブ世界はほとんどの人がイスラム教徒です。 そんな中で暮らす少数のキリスト教徒はクリスマスをどう過ごしているのでしょうか。 クウェイトもイスラム社会ですが、ミナ・アル・アハマディの町やクウェイトシティにはキリスト教会があります。 そこで働いている欧米人やインド、フィリッピン人の信者のためのものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/21 10:18
立川談志の高座がサウジアラビアであった
 1978〜9年ごろでしたか、中東で働く日本企業の赴任者たちの無聊を慰めるために日本航空が立川談志師匠を始めとする「中東寄席」を企画し日航の中東各地の寄港地の都市を巡回することになりました。 当時、私はサウジアラビアにある石油会社に赴任していました。娯楽に乏しい砂漠の生活でしたから日本人従業員とその家族はそれを聞いて大喜びでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/01 00:30
1円玉をおろそかにする者は・・・・?
 街をあるいていて道に1円硬貨が落ちていても、まず誰も気にとめません。でも、拾ってポケットに入れてしまうとドロボーになりますね。交番に届けてもお巡りさんも迷惑です。だから、私はコンビニなんかにある寄付金の箱にポイッ! なにか良いことをしたような気分になって、人のものをくすねたと言う気分にならないですむから不思議です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/21 00:14
俺のギターたち
 思えば私とギターとの付き合いはかれこれ50年にもなります。学生時代はハワイアンバンドを組んでスティ-ルギターを担当していました。 その中で見よう見まねで仲間のギターを弾いてみたのが私とギターのなれ初めです。誰も教えてくれなかったので教則本を見ながらなんとか弾けるようになりました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/21 18:03
ウニは旨いな、美味しいな・・・
 ウニ、私の少年時代は家で寿司を取ってもこれは大人の食べ物だからとウニの軍艦巻きは食べさせてもらえませんでした。だから私が給料をとりはじめ寿司屋に行ける身分になるまでその味を知りませんでした。 ある時いつものマグロやイカなどのあと、恐る恐る(値段のこともありましたが)「ウニ」といって握ってもらいました。「・・・・・・! 口の中でうまい!」のひとこと。 ウンメーエ  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/21 00:31
長く使えた家電、すぐダメになった家電製品
 今回はこの製品が良いとか悪いとかというレポートではありません。我が家の家電製品がどれ位の耐久性があったか・・・ということです。しかし、ひとつ壊れると、立て続けに他の家電製品がおかしくなる・・・これって不思議ですね。ところでお宅の家電は何年使えましたか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/11 00:26
今年も猛暑でアッパッパ・ファッション 一体何それ?
 ようやく猛暑も一段落、今年は昨年にくらべ暑かったですねえ。節電で冷房をあまり使わなかったので体感的に猛烈な暑さを感じたのかもしれません。7月、通販に扇風機を注文したのですが届いたのは8月の半ば、それまではうちわなんかで凌いでいました。 家電量販店でも品薄でメーカーから入るそばから売れてしまったそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/21 10:10
終戦の時―私の切れぎれの記憶
 昭和20年8月15日― 大人はなぜ泣いているのだろう、母も伯母さんも、近所の人々やあの怖い隣の酒屋のおじさんまでが・・・・・皆が集まった一室のラジオがガーガー音を立てています。その中から甲高い声が混じって聞こえてきます。 「子供はあっちにいってらっしゃい!」と怒られました。 なんの事だかさっぱりわかりませんでした。 戦争が終ったんだ、という声。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/11 09:11
ジーンズが流行遅れ? そんなのウソだろ !
 1960年代からカジュアルファッションを引っ張ってきたジーンズ、このところ売れ行きがふるわないようです。 街を歩いていても女性のレギンス、若者達はチノパン姿が多いですね。その中で見るジーンズ姿は色あせたボロボロのやぶれファッション、落ち目の感じがしないでもありません。 6月に入り、スーパークールビズで企業はポロシャツ・ジーンズ・スニーカーで執務OKのところが多くなりました。 これで巻き返しが出来るとよいですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/11 10:18
バナナの皮で滑って転んだヤツは本当にいたのかな?
 私が生まれて初めて食べたバナナはたしか小学校2年生の頃だったと記憶しています。 それまで、バナナは絵本でしか見た事がなく、 黄色くて曲がっているくらいのもの、南洋の果物くらいの認識程度でした。 ましてや、どんな味なのかわかりませんでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/05/21 11:46
ソニー通りは今・・・2011年4月
ソニー通り。 昭和生まれの私たちにとって懐かしい言葉です。旧ソニー本社があった品川から五反田に向かう道路の御殿山付近を指す言葉でした。戦後まもない頃、ここに東京通信工業という会社がありました。木造平屋の社屋から、近代的ビルに建て替わったのを今でも憶えています。いまでは世界に名だたるソニーです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/11 10:03
春だ! まずはひな祭りかな?
 なにせ暖かい日や寒い日が交互にやって来た今年の冬、梅の花も満開、春一番の突風も吹き、ようやく春めいて来ましたね。明後日はひな祭りです。それにしても・・・ハハハ、ハックション! ティッシュペーパー大量消費の季節も一緒にやってきました。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/01 08:51
アラビアのお魚ちゃん、ハムールを飼ってみたら
 ハムールはアラビアの市場では人気の高い魚の一つです。日本各地では、ハタ、クエ、など名前が付けられている体長が1メートルもある美味な巨大魚です。 ハタの仲間は世界中の海に生息しています。 私が永年仕事で住んでいたサウジアラビア、砂漠の国ですが住居の前には青いアラビア湾が広がっています。 休日にはよく釣りに出かけました。 船で沖に出ればタイやシマアジ、それに、このハムールなど大物が釣れますが、いくら釣りが好きでも帯同の家族がいるので毎週行くわけにはいきません。 そこで、子供をつれて海岸でキス釣りを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/11 14:48
お午のドンー正午の時刻を知らせた号砲
 東京の小金井市にある都立小金井公園の江戸東京たてもの園。そこには当時のままの状態で保存されている青銅砲があります。「どん」といえば、東京では午砲のことです。明治から大正にかけてお昼を知らせる合図でこの国産の青銅砲の空砲は当時の市民からこよなく親しまれた音です。私が若い頃に会社では土曜日のことを半ドンといっていました。 午後は休みだったからです。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/11 10:47
わが愛犬ロミィの記
 愛犬ロミィが家に来たのは1982年のことでした。 きっかけは知人のシェトランド・シープドッグがあまりにも可愛かったので、私たち夫婦も飼ってみたくなったからです。早速、近所のペットショップに行ってみました。 当時、この種はブームだったので、雌1匹しかいません。毛並みもあまり良いとは思いませんでした。 それでもつぶらな目を見ていると可愛くなって育てる事にしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/01 13:12
我が家にあった謎の幕末写真
 お彼岸が過ぎ、仏壇の掃除をかねて祖父たちの写真の整理をしていると思いがけない写真が出てきました。 和紙に包まれたそれは幕末の武士達の写真のコピーです。 私が小さい頃、父から「これは俺の母の父親だから、お前のひい爺さんだ」 と聞かされていたことを思い出しました。しかし、どの人物が曾祖父なのか憶えていません。親戚から貰ったというだけですから果たして本物の曾祖父なのか定かではありませんが・・・。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/21 00:18
椎の実を拾ったー待ってたよ、秋!
  今年は猛暑続き、太平洋高気圧が居座ってなかなか秋の気配が感ぜられませんでしたが、彼岸を過ぎる頃ようやく平年並みの気温になりました。 その中で台風12号が接近、本州をかすめ去りました。  あ〜秋だなぁ ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/01 10:00
ドンと鳴った花火だ!音と色彩の祭典
ドンと鳴った花火だ綺麗だな♪空いっぱいに広がった〜  子供の時良く歌った童謡です。その頃は江の島の花火を茅ヶ崎の海岸近くの祖母の家からわくわくしながら見ていたものでした。この歌を姉や従兄弟たちと大輪の花火が上がるたびに歌っていました。 そばにはブタの形の容器に入れた蚊取り線香が置かれ、花火が終ったあと、今度はその火種を使って線香花火です。懐かしい夏休みの思い出です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/01 00:06
サウジアラビアの美味― カルーフ(羊)の丸焼き
 前回、アラブの格言ーものの値段は交渉できめるべきであるーの中で、生きた子羊2頭を値切りに値切って買ったくだりをご紹介しました。 この2頭の子羊はどうなったのでしょうか? 気になる方もいるようです。 これはその続編です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/01 11:16
新聞はもはや報道の使命を終えたのか
 この頃、新聞記事の内容をよく読まなくなりました。 眼が悪くなってきたせいもありますが、朝届けられる新聞を開くと中身はもう知ってるニュースばかりです。昨夜のうちにテレビやインターネットで詳しく報道されてしまったからです。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 00:11
「静かな湖畔」のカッコウは米国では蜘蛛の歌だった
 私たちが小さい頃よく歌った「静かな湖畔」私もこの歌は子供の頃に音楽の授業や、ハイキングなどで歩いている時によく歌いました。ノリの良い旋律と歌詞、それに輪唱が出来るからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/01 10:08
端午の節句がやってきた
 風薫る五月、端午の節句がやってきました。私が生まれて以来、いくどとなく我が家に飾ってきた五月人形、毎年その時期になると今年はどの場所に飾ろうかと、楽しみな行事のひとつとなっています。寝る前に入る菖蒲湯も欠かせません。 「ゆるりと浸かっていても勝負(菖蒲)湯とはこはいかに」 こころは「和やかでも戦闘(銭湯)と言うがごとし」 毎年このころになると、この謎かけを思い出します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/05/01 09:44
かっぱ橋道具街の河童たちに会いに行こう
 都営銀座線の浅草駅の一つ手前、田原町から歩いて5分、かっぱ橋道具街があります。ここには調理器具、食器、厨房設備、店の看板など何でも揃うので、これからお店を開業しようとする人にとって便利なところです。勿論、茶碗一個でも売ってくれるので、デパートなどにない掘り出し物を見つける楽しさもあります。湯のみ茶碗が欠けてしまったので、この際に足りない食器類も買おうとかっぱ橋道具街にやってきました。 さて、かっぱの意味が合羽か河童のどちらなのか、これには二つの説があります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/02/21 00:20
やっと火災警報器を取り付けました-あれっ?これ何かに似ているぞ、あっ、UFOだ!
 2010年4月1日から各家庭に火災警報器の設置が義務付けられる事になっています。 前々から言われていましたが、面倒なのでそのまま放っていましたが、年も変わったのでインターネットで買い求め各部屋に取り付けました。 どこにつけようか?散々迷いました。   よくよく見ればこの器具、なにやらに似ていませんか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/11 00:21
孫の手は介助ロボットの元祖かな?
 背中が痒い。 残念!手が届かない、もう年かなあ。若いころは背中のどこでも掻けたのに・・・。そうだ、孫の手があったはずだ。押入れの中だっけ、先祖伝来とまではいかぬがオヤジが使っていたものがあるはずだ。  ない・・・! 背中が早くしろと急き立てています。参ったな、私にはまだ孫がいないから掻いてもらうわけには行きません。椅子の背もたれに痒いところを押し付けて動かします。駄目だ! カイイ〜! 見かねた妻が言います。  「私のお母さんから貰った孫の手がありますよ」  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/01 00:04
歴代の南極観測船はどうなっている?
 2009年12月15日新造の南極観測船New「しらせ」が南極定着氷に着岸し、昭和基地への物資の輸送がはじまりました。 今まで活躍してきた初代の{しらせ}はどうなったのでしょうか。解体されスクラップにされてしまうのかと危ぶまれていましたが、ようやくその行き先が決まりました。 購入者は気象情報会社のウェザーニュース(東京)です。千葉港に係留され南極観測や地球環境への理解を深める施設として公開されるそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/21 00:28
みなかみ たくみの里―素朴な里人とのふれあい
 11月5日(木)、妻と私は越後湯沢から国道17号線をドライブして苗場に一泊。 その翌日も暖かな日和であった。晩秋の苗場はスキーシーズン前とあって閑散としている。白樺の葉も落ちて一層寂しげな風景だ。 もう紅葉はここより下の山間で見るよりしかないのだろう。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/21 00:18
紅葉を求めてー越後湯沢
  11月5日(木)、国境の長いトンネルを車で抜けると・・・そこは雪国ではなかった。数日前に雪が降ったのだが今日の気温は10月中旬の暖かさ、私たちは雪を求めてここに来たのではない、晩秋の紅葉を愛でるため夫婦二人で、ドライブをかねて越後湯沢にやって来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/11 00:34
モンセラート(スペイン)の思い出ー黒いマリア
 バルセロナからカタルーニャ公営鉄道で一時間、モンセラート(Aeri de Monserrat)に着く。 そこで見上げる奇岩の数々、その中腹の教会には黒いマリア像がある。 スペインの教会で見られる普通のマリア像は、うす紫のきらびやかな衣装を着て幼子イエスを抱いている。だが、ここのマリアは黒い地味な像だ。なぜこれが人々の深い信仰に結びつくのだろうか。黒いマリア像「La Morene」 は1881年カタロニア州の守護聖人となっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/01 14:05
永田町の夏、今年の蝉の声は・・・
 7月5日に今年の一番蝉が鳴きました。椎の古木から聞こえる鳴き声は、か細いにいにい蝉です。、途切れ途切れの声はまだリハーサル中なのかもしれません。7月16日になって、みんみん蝉も加わりました。しかし、蝉の声は全部でまだ5匹くらい、大合唱団とまでいきません。思うに年々東京の蝉は少なくなっていくようです。 総選挙がせまっています。 宣伝カーからの候補者の名前の連呼で今年の蝉の声はかき消されてしまうのでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/01 00:11
砂漠の中のチョー可愛い奴ら
動物園では可愛い動物たちにお目にかかります。頭を撫でてあげたいですね。 大自然の中で見た動物たち、素朴ですが中にはペットにしたいものもいます。 私がアラビアの砂漠で出会った可愛い奴らをご紹介します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/01 00:09
あなたはハンコ派 サイン派のどちらですか
 昔、「太陽がいっぱい」というフランス映画がありました。アラン・ドロン演じる主人公の貧乏青年が金持ちの友人を殺し、彼になりすました青年が大きなガラスのパネルにその友人のサインをまねるため、何度もなぞり書きする場面がありました。全編に流れる美しいテーマ音楽とともに,大金を得た青年がニースの海岸でデッキチェアーの上で陽の光を浴びながら「ああ、太陽がいっぱい!」とつぶやきます。うしろに刑事たちがせまっているのも知らずに・・・。そのラストシーンが印象的でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/21 00:13
煎餅は、生涯「私の口の友」
 煎餅、この言葉を聴いただけでも色々なせんべいを思い浮かべます。海苔、胡麻、揚げ、骨煎餅や、かきのたね かっぱえびせん・・・もう止められません。一体、日本各地には何百種類の煎餅が存在しているのでしょうか。子供の頃おやつには「これ」でした。私の母は煎餅は甘くないから子供たちは虫歯にならないとでも思っていたのでしょうか。 バアさまのところにお使いにいくと、お駄賃は幾つかの飴玉と一緒に煎餅が紙にくるまれていました。それは砂糖をまぶしたヤツでした。 えへへ・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/21 11:16
おおとり神社ー目黒散策 (その4)
 五百羅漢寺ー目黒不動ー昆陽のお墓を巡ったあと、道を戻って7分、大鳥(おおとり)神社に着きました。昔から「目黒のおとりさま」で人々に親しまれてきた神社です。 浅草の鷲(おおとり)神社とならんで有名です。  毎年11月の酉の市に人でごったがえすここも、平日の午後は閑散としています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/21 00:06
さつま芋の青木昆陽ー目黒散策(その3)
 目黒不動の境内にある案内板にしたがって、大本堂の裏手にあるさつま芋で有名な青木昆陽先生のお墓をお参りしました。  道のりの長いこと・・・お寺の外に出てしまいました。そこには何も見当たりません。 半信半疑で細い道を200メートル行くと ようやく一群の墓が見えてきました。 高台の見晴らしの良い場所です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/02/11 00:21
目黒不動ー目黒散策(その2)
 五百羅漢寺を出て、右手の細い道を上がってゆくと目黒不動に行き着きます。ここは泰叡山瀧泉寺という天台宗のお寺で不動明王を本尊とする関東最古の不動霊場です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/01 15:49
五百羅漢寺ー目黒散策(その1)
 目黒といえば 落語で面白おかしく語る「目黒のさんま」が有名です。 だが、ちょっと足をのばすと、そこには歴史上の色々な見所があります。 今日は散策方々、そのいくつかを訪ねてみました。4回シリーズでお届けします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/21 00:10
意味がわからない若者言葉? だが、これでよいのだ。
 当節の中学、高校生たちの使う言葉 「ヤスる」「セパる」「ペシャむ」どんな意味かさっぱりわかりません。 テレビでも新聞でも取り上げられて大のオトナが真面目顔で解説しています。しかし、当の若者たちはそれを流行らそうとして意図的にしゃべっているわけではありません。自分とその仲間だけがわかる言葉、周りの人々がキョトンとして見ている。そこに自分たちだけの世界(存在)があるから、かっこいいのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/11 13:02
忠臣蔵の足跡を辿って
 芝の泉岳寺は浅野家の菩提寺、ここは浅野内匠頭と赤穂義士の「忠臣蔵」で有名です。毎年12月14日になると義士祭が行われます。義士祭は泉岳寺だけでなく、赤穂義士たちが討ち入った本所松坂町の吉良邸跡、 浅野家の地元播州赤穂でも行われています。   その義士祭の日の今年は雨でした。寒いですねえ。したがって今年は泉岳寺へ行くことは止め、家の中で今まで訪れた東京都内の忠臣蔵ゆかりの地をまとめて見ることにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/21 00:13
またレトロな建物が消えてゆくー京品ホテル
 JR品川駅前、明治―大正―昭和―平成と時代の世相を見守ってきた京品ホテルが営業を終えました。 突然のこととて、従業員たちは抗議の声を上げています。1871年(明治4年)に旅館として開業。その後、1930年(昭和5年)に現在のホテルの建物が建築されました。戦災にも耐え、現在に至るまでレトロな建物にファンも多く人気をあつめていました。この10月20日 経営者の京品実業(株)は経営難を理由に廃業し従業員の解雇とホテル売却を宣言しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/01 00:10
海軍カレーと三笠艦―横須賀気まま歩き
 ごく一般的な家庭料理のカレー、明治の文明開化時代にあっては西洋料理を意味していました。 カレーは長い航海の際の栄養バランスや西洋の食事のマナーを身につけるため、当時の帝國海軍が採用したもので横須賀が発祥の地だと言われています。 今日は横須賀を散歩がてら、本場の海軍カレーと日露戦争の日本海海戦で有名な三笠艦を訪ねて見ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/01 10:52
軍艦の艦橋をモデルにした消防署があった!
 東京の港区高輪2丁目にはユニークな消防署の建物があります。「高輪消防署二本榎出張所」です。 この3階建ての建物の望楼は、日露戦争の日本海海戦で旗艦となった「三笠」の艦橋をモデルとして昭和8年12月に落成しました。当時は周囲に高い建物がなく、東京湾が一望のもとに見渡せたといいます。 ですから、「海を行く軍艦」「岸壁上の灯台」ともいわれていたようです。 今では、隣の高輪警察署や周囲の高層マンションに埋没していますが、 まだ、堂々とした構えです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/21 00:20
たかがワイン、されどワイン
  「そろそろ、おとどけの時期ですね」  ワインの販売代理店から電話がかかってきました。  この代理店の人はソムリエの資格をもっていますから、これぞという銘柄を奨めてくれます。フランス、ドイツ、スペイン、イタリーなどEU諸国のものから、オーストラリア、米国カリフォルニア、チリなどさまざまです。 12本まとめ買いをします。でも、彼はそう高価なものは奨めないし、私も買いません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/11 11:54
沙漠の泉に住む魚
 沙漠の中に湧き出る泉、それは一般にはオアシスと呼ばれている所である。 周りはナツメヤシの林、駱駝に乗って旅をするキャラバンの憩いの場所―というのがわたし達が頭に浮かべるイメージである。 1998年にわたし達が訪れたのはサウジアラビアの東部地方のカフジという町から35kmほど内陸部の沙漠に入った「アイン・アル・アブド」という名の泉だ。「黒い水」あるいは「奴隷の泉」という意味である。 名の由来は、硫黄臭がきつく塩分が濃くて飲めるものではない劣悪な水質だからだ。 したがって、泉のまわりにはやしの林も... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/01 11:04
キリシタン灯篭が神社にあった!一体なぜ?
 品川駅西口を出て国道15号線を渡って左側、すぐそばの品川プリンスホテルの脇に小さな神社があります。その名は高山稲荷神社。回りの高いビルに囲まれひっそりと佇んでいるので見過ごしてしまいそうですが、もともとは500年前に建立されたものです。 ここで、意外な灯篭を見つけました。「おしゃもじさま」 縁結びの神様として祀られています。もとは切支丹灯篭で、一説には品川で処刑された外国人宣教師を供養するために建てられ、海中より拾われたとも言われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/21 00:28
海の貴婦人「海王丸〕」―帆船へのあこがれ
 私の部屋に一枚の帆船の写真が飾られています。この写真はもともと私の父の書斎にあったものです。私が幼い頃から見続けているこの帆船は父が逓信省(今の国土交通省)の技官であった時に新造されたもので、試験航海の写真が関係者に配布されたようです。その時に父が乗船したかどうかは聞いていませんが、この美しい帆船、海王丸の姿は今に至るまで私の眼を楽しませてくれます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/01 00:07
シェ〜の世界を振り返って見て (一ファンとして赤塚不二夫氏を悼む)
 おそ松くん、天才バカボンなどその作品に強烈な個性を持つキャラクターを登場させた赤塚不二夫氏が亡くなりました。このマンガが世の中に登場した1962年には私はもう社会人、もうマンガを読む年ではありませんでした。  にもかかわらず、 なぜ、彼の作品を読みふけったかといえば、当時の庶民が持ってい感情がギャグとともに強烈に私の心に作用したからです。 サラリーマンとして日々のうっ憤が累積する中、イヤミ氏の「シェ〜」や猫のニャロメはそれを吹き飛ばしてくれたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/10 21:38
信濃路、小布施・・・北斎・一茶のゆかりの地を訪ねて 
 渋温泉に1泊したあと、「栗と北斎と花」の町、小布施にむかう。 湯田中から特急、しゃれた流線型の車体だ。最後尾の座席に陣取る。左右の展望が開けそこから山麓とりんご畑がゆっくりと遠ざかって行く。 小布施駅で下車。今日は平日、お客もまばらだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/21 00:25
信濃路、湯けむり・・・ローカル線の気楽旅
 6月30日、梅雨晴れの合間を利用して妻と姉の3人でドライブ方々小さな旅に出た。今回は時間を気にせずにゆっくりと信濃路の旅情を楽しむことが目的である。軽井沢に一泊。翌日から旅のはじまりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/07/11 00:21
メタボなやつにはジーンズが似合う ?
 「アッ、へそがない!」風呂に入ろうと服を脱いだとたん、青くなりました。幸いにして鏡に映ったわがお腹の下にはオヘソが笑っています。 夕食後で胃袋が膨れているせいもありますが、自分のへそが見えなくなったら危険信号です。 まずい・・・いまをときめくメタボリック症候群のお仲間入りです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/30 09:07
俺とアロハとハワイアン
 アロハシャツはもともとハワイに移住した日系一世の方々が、日本から持参した和服を現地の気候にあわせてシャツに仕立て直したもの。これがアロハシャツの元祖です。ハワイではヴィンテージ物は菊や鳥など、わたし達が日常眼にする柄が高値で売られています。また、お寺や鳥居の柄は戦後日本に駐留したGIたちのおみやげに作られたものでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/21 00:14
役に立たなくなった地球儀
 アフリカが脚光を浴びています。5月、横浜市でアフリカ開発会議(TICAD)が開催されました。。アフリカ大陸には多数の独立国が存在しますが、その多くは自立できていません。国民は飢餓と内戦にあえいでいます。 政治的思惑をはずし純粋な気持ちでこれらの国を支援することは急務といえましょう。  しかし、単なる援助の垂れ流しでは「新銀行東京」の二の舞になってしまいます。 技術移転や民間の投資とともに彼らの活性化を引き出す事が大切でしょう。 それはさておき・・・福田総理は40人の諸国の首脳と会談をしました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 11:06
大気汚染の中に暮らした記録ークウェイトの油田火災
 北極と南極の氷、世界の氷河が溶け始めた。地球温暖化がいたるところで進行している。増加するCO2や各種酸化物による地球環境の変化は海面の上昇、旱魃、巨大化するサイクロン、ハリケーン、台風をもたらし、これらの大災害のニュースは毎日のように新聞紙上を賑わしている。 思うに、この原因のほとんどが人類のエゴによるものだ。 かつて、アラブの一人の独裁者が自己の栄光を夢見て起した恐るべき環境破壊、油田の大火災もその一つだ。 私はそれを現実として目の前に見せつけられた。 私の人生の中で最も過酷な思い出の一つで... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/01 11:36
江戸の面影―両国の街を歩く
 1659年(万治2年)2年前の明暦の大火の後、武蔵国と下総国をむすぶ橋が幕府によって架けられ、江戸の街は墨田川をはさんで東側に拡大していきました。「大橋」と名付けられたこの橋は二つの国を結ぶので、通称、両国橋と呼ばれ「両国」の名の由来となっています。この場所は北側が本所、南側が深川とよばれていた江戸の新住宅地でもありました。今では大相撲の「国技館」の所在地として皆に知られています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 13:15
爽快!アラビアの沙漠でロック・ライブだ!
山に登った時、 海に向かった時、 広い空間に向かって思い切り叫んでみたい、歌って見たい。そういう気持ちは誰でも一度はあったと思います。サウディ・アラビアの広漠とした沙漠の地平線を観客席に見立ててロックのライブをして見たい! ついにチャンスが訪れました。爽快な気分でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/11 00:09
行き過ぎた文明―人間は単なる受信機になってしまうのか
 世の中を見渡すとあれもこれも便利になりましたね。19世紀フランスの作家ジュール・ベルヌの小説の海底2万マイルや月世界旅行、当時、夢物語であった奇想天外の話は今やほとんど実現しているのではないでしょうか。 しかし、人間の本性そのものはどうでしょうか、むしろ退化の一歩を辿っているように思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/21 00:32
ザビエルの城ースペイン・バスクの旅
 スペインのバスク地方、ここにフランシスコ・ザビエルが生まれた城がある。 ここはスペイン旅行で私がどうしても訪れたかった場所である。今ではジェットでひとっ飛びの旅行ではあるが、交通機関の発達していない16世紀にザビエルがどのようにして遠い日本の鹿児島にたどり着いたのか、実感したかったからである。 わたし達夫婦のバスクの旅とともに、ザビエルの航跡を追ってみる事にする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/11 11:48
ところ変われば意味が違ってくる指サイン
 私たちはよく指を使ってそのポーズで相手に意を伝えます。アメリカ人の親指を立てるサム・アップはO.Kの合図, 私のブログ名のハングルースは「気楽にいこうや」、ハワイでは「アロハ〜」の挨拶です。テレビのCMでもやっていますね。しかし、世界ではこれらの指サインは、私達が思っている意味とは違う場合があります。侮辱されたと誤解をまねく事にもなりかねません。外国旅行では気をつけねばなりませんネ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/01 00:11
春だ、アラビアの海岸にイカが寄せてきた!
 サウジアラビアの東海岸のカフジ、毎年3月になると気温もぐんぐん上がってきます。1月には17℃だったアラビア湾(ペルシャ湾)の海水温度も20℃近くなり、普段は何もない海底にはいたるところに海藻が生い茂っています。海の生物の動きも活発になってきました。いわゆる春の「のっこみ」シーズンです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/03/21 11:25
お気に入りの皿ほどよく割れる
 永年愛用していた皿がまた割れました。 あと、4枚しか残っていません。ルクセンブルグのメーカーのアカプルコ。 この皿との出会いは、私たち一家が30年前にサウジアラビアに赴任していた時のことです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/11 00:11
梅は咲いたか、桜はまだかいな・・・
  一足早い春の訪れを楽しむウォーキングの広告が目についた。 今年はうるう年、2.29 フ・ジ・キュウ にかけた富士急グループの「お気軽クラブ」の特別企画である。その中から「松田山の河津桜と南足柄ウォーク」を選んだ。 約7キロの初心者むけコースだ、花見もさることながら、アサヒビール工場での試飲が魅力である。花粉症がひどくならないうち、春のレジャーを楽しむこことした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 17:00
消えてゆくソニーの旧本社ビル
 ソニー創業の地とも言うべき東京都品川区の御殿山エリア。その旧本社ビルの取り壊しが始まりました。 永年見続けてきたこの建物の跡地は複合大型開発でオフィス、ショッピングセンターやマンションになるとのことです。ソニー本社はすでにJR品川駅のノッポビル群に移っています。 周囲の昔の面影はどんどん薄れていき、寂しいような気持ちです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/11 11:33
今年もサンタクロースがやってきた!
  クリスマスシーズンです。街のあちこちではクリスマスツリーが飾られ、ジングルベルなどの歌がCMソングとして流され年末商戦を盛り上げています。どんちゃん騒ぎのパーティではコスプレの偽サンタが酔っ払ってマイク片手に踊りまくっています。あ〜あ、サンタさんもお笑いタレント同様になってしまうとは・・・。クリスマスはイエス・キリストの降誕の日です。 何か、趣旨が違っていませんか?  勿論、キリスト教徒で無い人でもクリスマスを祝うのは賛成です。 お寺サンが経営している幼稚園でもクリスマスのお祝いをしています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/18 15:48
愛称、あだ名は人気のバロメーター
 人は生まれても自分で好きな名を選べるわけではありません。その名も成長するにつれ周りの人たちが愛称で呼ぶようになります。ター君、愛ちゃん。ケン坊等々・・・。本人の交際範囲が広まってくると、友達同士では苗字を略して、コバとかナベとか呼ぶようになります。 鈴木とか山田などの姓が仲間内に多いと、スズマサ、ヤマタクなど。また、その人の容貌とか仕草で付けられるあだ名も多いですね。そのうちに妻にはオトーサンとかパパと言われ、孫にはオジーチャンと呼ばれ、その人の名は愛称やあだ名と共に一生を終え、難解な戒名だけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/01 15:19
ミシュランのガイドブックを片手にーフランスぶらり旅
 ミシュランのレストランガイドブックの日本版(東京)が出版された。ミシュランとはフランスのタイヤメーカーで、あのユーモラスなタイヤ男のキャラが有名である。 早速買い求めた。手にとって見ると懐かしい思い出に駆られた。かれこれ、30年前の話である。その頃、私は海外勤務であった。年一回の一ヶ月あまりの休暇には時間と費用をかけて日本に帰るよりも、家族とともにミシュランのガイドブックを片手にヨーロッパ各地をゆっくりと見て回るのが常であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/11/22 13:46
東京の街並みはこれで良いのか
 日本の秋は美しい。毎年、山の紅葉は自然の美を私たちに楽しませてくれます。植物たちは芸術的感覚を心得ていますね。そして、人間が作った街並みの美、京都などの古都、飛騨の高山、白川郷の合掌造りもまた私たちの眼を楽しませてくれます。それは自然美との融合です。しかし、現代の都市を見る限り、そこには自然の景観への配慮がまったく感じ取れません。今年は夏から急に冬の季節、秋はどこに行ってしまったのでしょうか。自然との調和を欠いた人間の愚かな行為に見切りをつけて去ってしまったかのようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/11/11 00:02
どう見ても庖丁研ぎオタクかな〜あ
 今の庖丁は良く切れますね。 しかし、使っているうちに切れ味が鈍り砥石が必要となってきます。 昔は砥ぎ屋さんが御用聞きに来ましたよ。 家の門のところで何丁もの庖丁、そうそう、鎌なんかも砥いでくれました。 私は飽きずに最後まで見とれていました。 母から預かった代金を手渡さねばならなかったのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/01 00:15
災難から守ってくれる蘇鉄ー我が家のジンクス
 1991年、念願の家の建て替えをすることが出来ました。敷地に目一杯の家屋を建てるため、庭は跡形も無く潰されてしまいました。 毎年、秋の収穫をもたらしてくれた柿、甘い香りのきんもくせい、子供の頃よく登った桜などが処分されました。しかし、玄関の前に植わっていた蘇鉄、明治―大正―昭和−平成にわたって我が一族を災難から守ってくれた樹、この老樹を取り払ってしまうのは、どうしても心残りでした。そこで、私の住んでいる区が進めている緑化保存の担当部に問い合わせたところ、引き取ってもらえることになりました。現在... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/21 12:51
郵政民営始まる。一体、どう便利になったの?
 10月1日、130年間以上も国が携わってきた郵便事業が民営となりました。さて、どう変ったのか、 この日手紙をポストには入れず、わざわざJP郵便局の窓口に出しました。 応対した局員(いや、もう社員)はにこやかに受付けてくれました。 まあ、サービスは普段と変りません。 局員の応対や業務サービスの良し悪しはともかく、民営となったからには、当然営利が優先されるのでしょう。したがって、採算の取れないサービス事業は切り捨てられて行くのでしょうか。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 01:13
アラビア湾の海底散歩道
 サウジアラビアの東部、アラビア湾(ペルシャ湾)に面したカフジ。単調な沙漠の生活の中で、アラビアンブルーの海は心のよりどころです。 会社が引けたあと、また、休日には、ダイビング(シュノーケリング)を楽しむことが出来ます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/09/21 00:22
出たぞ! 対ゴキブリ日本戦、サウジ戦
 また出た! 長い付き合いだが歓迎されぬ来訪者。 今日のヤツは攻撃的です。長い髯をふるわせ、こちらに向ってきます。 途端、羽を広げブーンと天井の照明に止まりました。よし、こ奴め、イタイ目にあわせてやる。いつものように新聞紙を丸めます。 残念、空振り。 ゴキブリは床にとびおり、戸棚の隅に隠れてしまいました。若い頃は百発百中だったのに、もう年だな。徹底して探しても、あれ?その姿は消えてしまった。まったく腹がたつヤツです。  3億年前からこの地球に暮らしているゴキブリ、人類よりずっと先輩だから威張る... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/01 13:11
N元海軍中尉の短剣
 短剣といっても実際に戦闘に使うものではありません。昔、海軍士官や兵学校の生徒たちが腰につるしている儀礼刀です。もちろん、刀身は本物ではありません。今は映画やテレビのドラマでしか見られませんが、凛々しい軍服に腰の短剣、当時の軍国少年の、また、女学生の憧れの的であったようです。今でも、かっこいいことには間違いありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/21 09:08
アラビアの海で貝を拾おう!
  かつて私が仕事のため家族と永年住んでいた所は、サウディアラビア王国のアラビア湾側のカフジという町でした。沙漠の国といいながら、海岸沿いのこの町の人口は約4万人、会社の社宅の前には青い海が広がっています。 ここは、私が子供の頃、夏休みに良く貝拾いをやった神奈川県の湘南の海岸に似ています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/11 11:10
江戸のキリシタン屋敷跡を訪ねて
 フランシスコ・ザビエルが日本を訪れたのは天文18年(1549年)でした。以来、キリスト教は来日した宣教師たちによって日本各地で布教され、キリシタン大名、天正遣欧少年使節団、支倉常長等の渡航、キリシタンの迫害などが私たちの知るところとなっています。キリスト教はその当時の日本の統治者たちにとって、貿易に利用できる半面、デウスを頂点とするその教義が広まることは彼等にとって危険なものでもあったのです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/01 00:56
蚊取り線香のけむりと猫の頭
 アッ! 蚊がいる! 今年も蚊の季節となりました。貴方が網戸もしないで、窓を開けるからよ! 妻に怒られ、あわててベープを探します。無いぞ、器具は見つかりましたが肝心のマットもリキッドもありません。 まいったな、なおも引き出しの奥を探ると、数年前戸外でバーベキュウをやった時の古い蚊取り線香が出てきました。昔から見慣れた「金鳥の渦巻き」です。もう期限切れで効果がないのでは、と思いつつもライターで火をつけました。昔はそれをブタの形の容器に入れたものですが、今は家にはありません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/21 13:10
ちょっと変ったお地蔵さんー美肌成就のおしろい地蔵
 東京都港区、地下鉄南北線の白金高輪を下車、ここから三田にむけ歩いてみると無数のお寺が目につきます。 高台のこの一帯の坂には、幽霊坂、蛇坂などちょっと恐ろしげな名前がつけられています。  これはお寺が密集しているために、昔は昼間も樹木が鬱蒼と茂って薄暗く、夜にはまったく人通りが絶えて気味が悪いところから、そう呼ばれてきたものでしょう。今ではマンションなどが立ち並ぶ住宅地帯で、それらの坂は夜でも明るいところですからそんな怖いところではありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/17 18:04
なぜ、日本人の舌に合わなければ和食とよべないのか
 農水省では海外日本食レストラン認定事業を進めています。 和食はこうあるべし、と日本人の味覚を押し付けるので海外では「スシポリス」と揶揄され評判が良くないようです。  カルフォルニア・ロールの寿司ですら、今や日本人の舌に取り入れられています。 北京の寿司チェーン店では、チョコレート巻きやメロンなどが載ったフルーツ寿司が若者達に人気だといいます。 食の味はその場所や時代に応じて変化していくものではないのですか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/21 14:45
アナログかデジタルか
 私の腕時計は自動巻きアナログです。もう、40年使っています。 いままで何度もオーバーホールに出しました。 修理のあいだ不便なので、安いデジタル腕時計を買いました。軽いし、デザインも良い。しかし、私にはデジタルの数字の表示はどうもなじめませんでした。結局、その後は机の中に入れっぱなし、そのうち電池も切れましたが新しく入れ替える気にもなりません。もう一つ予備の自動巻きアナログ時計を買う事になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/01 16:55
ご用心! あなたのパスポートは大丈夫?
 「まあ、可愛い! どこから来たの、いくつなの?」 車を降りた二人の子供たちににこやかに近寄ってきたのは、シックなモードで身を包んだ上品なマダムである。  ヨーロッパをドライブ旅行中、パリに着いたその町かど。そんなマダムの言葉に、私の友人は夫婦そろって車を降りた。子供たちに頬摺りしてくれるマダム。親として嬉しい光景である。言葉をかわすのも礼儀であろう。  これが、甘い罠であることは考えもしなかった。数分後、手を振って別れの挨拶をかわし脇の車に戻った。 やられた! 車の中の荷物は一切合財消えて... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/21 00:17
楽しきかな、果実酒のラベル作り
 私が結婚し、永年住みなれた我が家から引っ越す事になりました。 私のものはガラクタばかりで、大半は捨ててゆくことにしました。 「これを持っていって」  母が手渡したのはひと瓶の梅酒です。1971年のことでした。   それから5年、戸棚の奥に忘れ去られたこの梅酒を、ふとしたことから見つけました。 しわくちゃな梅の実が入っているその瓶には、1964年とラベルが貼られていました。東京オリンピックの年です。そうすると、その時に遡ること、かれこれ12年です。ふたを開けると、芳醇な香りが漂ってき... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/01 20:58
ハワイ島ーマウナケアの旅:壮大!山頂の夕日
 2003年1月、妻と私はハワイ島のマウナケアの山頂(海抜4,205m)を訪れた。 ここには世界各国の13基の望遠鏡ドームが並んでおり、わが国の国立天文台ハワイ観測所のすばる望遠鏡も設置されている。 ハワイの気候は、平均23度 しかし、山頂ではぐっと気温が下がり、1月には零度近くになる。ここでは雪が降るという。このため、常夏の南の島に行くというのに、出発する時は東京と同じ冬支度、まあ、ハワイで使うから、良しとするか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/01 00:11
エッ!こんな急階段を馬で上がったのー芝 愛宕山
 寛永の三馬術のひとつ曲垣流の元祖は四国讃岐国、生駒家藩士の曲垣平九郎です。寛永11年(1634年)、時の三代将軍徳川家光公の見守る中、梅の花を献上するため芝は愛宕山の急階段を馬で駆け上ったと云います。 これは講談で聞いた話ですからウソか本当かわかりません。丁度、梅の見ごろの季節、真偽をたしかめるためこの愛宕山を訪ねてみました。    ことの発端は我が家の先祖伝来の品、桐箱に収められた三巻の馬術の巻物です。箱には麗々しく「鞍,鐙、轡 目利き書 三巻」と書かれています。私のじい様が当時馬術をや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/01 00:10
ハーシーズのチョコは私のお宝だった
 Hellow,G.I.! Give me chocolate ! 私が初めてしゃべった英会話かもしれない。  G.I.とは ”Government Issue” すなわち アメリカの兵士をさす略語である。ちなみに、女性兵士は“Wack”これも、その当時誰かが教えてくれた。もっとも、当時の女性兵士はツンとすましていて近寄りがたく、声などかけられなかったが・・・。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/21 12:02
温暖化というのに行き過ぎた住居の暖房
 昔は寒かった。がたぴし雨戸を揺する木枯らしの音も一層身にしみたものです。暖かい亀甲型の湯たんぽ、股火鉢、肩まですっぽりと包み込む、かい巻き。 これらは皆、先人の過酷な冬に対する生活の知恵なのです。私のオヤジはいつもきまって、らくだの下着、股引をはいた上、フラノのシャツ、部屋の中でも分厚いセーターを着ていました。 こたつに入っている子供たちを見ると、「コドモは外で遊んでいろ!」 と怒鳴りつけ、追い出されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/10 01:22
どっこい、生きてるー古いTシャツ
 最近は温暖化の影響で暖かですね。12月に入っても昔のようなウザったい木綿の長袖の肌着を着なくなりました。 さりとて、ランニングシャツでは寒い。そこで、代わりに着るのは古くなったTシャツです。毎年10月の衣替えの際に古いTシャツを選び出し、しまわないでおきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/12/22 23:51
スコットランドの旅ーちょっとスリルな出来事
 スコットランドを妻と子供たち2人で旅行していた時だ。 一週間の予定でレンタカーでエディンバラを振り出しにセントアンドリュース、パースを見物。 ピットロッホリーを経由し、更に9号線を遡りハイランド地方のインバーネスに行く。ここで、ネス湖でネッシーを見物しようと立ち寄った。 その後、スカイ島を一巡し82号線で最終地のグラスゴーにむかう。途中幹線をそれ、山道の風光明媚な渓谷に差し掛かった時である。 前方の道に車の列が出来ている。 近づくと銃を担いだ迷彩服の兵隊が手を振って制止した。窓をあけると「ここ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/10 00:39
フラガールとハワイアン・バンド −健康と脳の活性化に朗報
 フラガールという映画が最近封切られました。さびれた炭鉱の町がよみがえる。その苦労の実話です。今や常磐ハワイアンセンターから、大行楽地スパ・リゾートハワイアンズに変身しました。人間、努力をすれば何事か成らざらむ、の一例です。  フラは全国で大はやり、インターネットで検索すると、何百ものハラウ(フラ)の教室が目につきます。テレビでもフラが健康によいと報道され、一億健康志向! いまやフラはオバサンだけのものでなく若い女性にも大人気となっています。 季節的な音楽であったハワイアンも一年中聴けるよう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/31 17:46
アラビアの結婚披露宴
 「ミスター、明日息子の結婚式ですが、出席してくれますか?」  「えっ、たしか先月オマエさんの息子は結婚したはずだが」  「ええ、今度は八番目のヤツです」  アラブ人は大家族ですから、毎月のようにお祝い事があってもおかしくないのです。 現にこの男は11人の子供がいます。カミさんは2人。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/20 18:13
もしかして、エチゼンクラゲは古代火星人の末裔なのか?
 一体、どうなっているのでしょうか、地球の生態系は? 日本海は体長2メートルものエチゼンクラゲで埋め尽くされそうです。 定置網の操業も見合わせになったとか、漁師さんの生活も脅かされています。 クラゲの産卵地域は黄海から韓国南岸、それに九州の有明海まで拡大している、ということです。 これを止める対策はあるのでしょうか? 獲っても獲っても、増え続けるクラゲ、人類とクラゲの戦争が始まったようです。 その将来をSF的シミュレーション・エッセイでまとめて見ました。もしかして、エチゼンクラゲは火星人だった... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/10/09 21:59
アラビア湾の釣り具事情
アラビアの釣りーその3  私の息子は大の釣りファンです。かく言う私も10年前までは、勤務先の中東のペルシャ湾(アラビア湾)で休日には釣りを楽しんだものです。しかし、日本では朝早いのが苦手でもう釣りは止めてしまいました。釣りに熱中している彼を見ていると懐かしさもあり、私の永年親しんだアラビアの釣りをご紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/01 20:50
うなぎを食べて歯が欠けちゃったーうそみたいな本当の話
「相当硬いもの食べたんですね」  歯医者さんが 気の毒そうに言います。 「いえ、うなぎを食べてたんです」。 「エッ! うそでしょ、でも、歯が割れていますよ」  そういって、相当大きな歯のかけらを引っ張りだしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 14:02
逆さ言葉.、 まいう〜
 「まいう〜」 TVでお馴染みです。 これはでぶやさんのオリジナルではなく もとは音楽家たちのバンド用語です。懐かしいですねえ、私の若きころ、盛んに使っていましたよ。ちなみに 「ずいま〜」は反対のまずいの意味です。  この逆さ言葉は、「うまい」の初めの語の「う」を「まい」の後のつけ、語尾をのばすだけ。 「まいう〜」となります。石原裕次郎さんがよく使っていたという、「ルービを、み〜のに行こう」のたぐいです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/10 00:13
すいとん汁の味を知っていますか
  「すいとん」という言葉の由来は知りませんが、 戦後の闇市派である私は、当時 すいとん汁をいやおうなく食べざるを得ませんでした。   いまどきの若い人は、理解できないとは思いますがその料理のレシピは                                              *** ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/01 12:31
さようなら、冥王星
 科学の名を借りて、冥王星はわい惑星に降格されました。  子供の頃から親しんだ冥王星が重箱の隅をつつくような議論の末、定義から外れているからと惑星群から除外されたことは、寂しい限りです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/26 13:54
消えた日本の風物詩ー町の物売りの声
 最近、我が家のそばにも 「さおや〜さおだけ〜」  懐かしいさお竹屋の声が響いています。 車にのせたスピーカーからの音です。 最初はノスタルジーを感じましたが、段々と煩わしくなりました。 今どき竿竹なんか使う人がいるのでしょうか。アルミやプラスチック・ポールが主流の世の中です。聞くところによれば、本物のさお竹を売っているわけではないそうですが・・・・。  昔の日本の風物詩であった町の物売りの声は、今はもう機械的な騒音にかわってしまいました。残念です。 かつて町々に流れていた売り子の独特の節回... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/20 00:20
残っていた戦時中の防空電球
 押入れを整理していたら、 変わった電球を見つけました。 私の頭の中の古い大脳皮質がすぐ反応、太平洋戦争中の防空電球とよばれていたものです。 それには、こう記されています。 *** マツダ製 100V 10W * 東部防空司令部認定済 三〜四畳半畳用 * 使用前ニハ必ズ包紙ノ注意書ヲ御読ミ下サイ *  残念ながら、包装紙はないので、その内容はわかりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/08/09 17:02
たこの褌(ふんどし)ーどうやって締める?
 たこの足にどうやって褌(ふんどし)を締めたらよいか・・・、 考えてみても、出来るわけがないですね。  しかし、世の中にはどうするのか、わけの分らない事がどんどん進んで行ってしまうことがあります。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/01 00:25
砂浜が消える?海岸線の危機 - 神奈川県秋谷海岸の思い出
岡本太郎画伯と秋谷の海 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/20 00:01
ハワイ音楽の楽しさ
「ハワイアン? もたもたしたリズムについていけねえよなーぁ」  今どきの若者たちにギターの伴奏を頼んだら、こんな答えが返ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/10 00:26
礼文・利尻のペンション・食事処
  花の浮島ともいわれる北海道礼文島、この島と利尻島への旅に出かけた。 本島の6月は咲き乱れる花の最盛期である。 しかし、礼文島は我が国の北の端、盛夏でも風の強い日や曇り空では肌寒く感じるという。ましてや、 まだ、6月だ、セーターやウィンドブレーカーなどの防寒衣類をそろえ、大分荷物も増えた。 団体客が多い大きなホテルは避けて、アット・ホームな雰囲気を楽しもうとペンションを予約した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 15:39
礼文・利尻の旅
  うっとうしい梅雨を避けて、妻と二人で梅雨のない北海道は利尻・礼文へのハイキングを思い立った。1週間後の天気はまずまずの予報。インターネットで飛行機や宿の予約をおこなう。資料をあつめ、事前調査。山歩きの装備を取り揃える。 今が一番良い季節、シーズン中には礼文島3000人の島民のところに、観光客が3万人も押しかける、と言う。 8月のお盆を過ぎると、島は閑散としてしまうのだ。まずは、ロマンを求めて「花の浮島」といわれる、高原植物が咲き乱れる礼文島へ・・・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/01 00:35
手放せない耳かき棒
 小さい時、私は耳かきが大嫌いでした。 私の母は子供の耳を掃除するのが趣味なのか、週に一度は、「どれ、来てご覧」と耳かき棒を片手に呼びます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/19 22:31
俺とジーンズとスニーカー
 今や、ジーンズは中高年の救世主。「ちょいモテ、オヤジのジーンズ」、「不良オヤジのファッション、ジーンズの着こなし」、などの広告が目に付きます。私はもう引退組だから、いまさら、もてようとは思いませんが、今でもジーンズ いや、古き良き言葉であったG−パンを愛用しています。それも一貫して「LEVIS」 以前、店に合うサイズがなかったので、浮気心を起こしてBIG JOHNを買ってみましたが、股上が深くどうもフィットしません。EDWINも私にはいまいち、それ以後は、店々を駆けずり回ってでもLEVISを探... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/06/10 15:41
モナリザは日本の団体客に微笑んでくれるのか?
 何年か前でしたか、パリに立ち寄った時、またルーブル美術館に行きました。勿論、ダ・ヴィンチのモナリザをもう一度見るためでした。私と妻は混雑をさけ、ゆっくり鑑賞しようと、朝一番に入館しました。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/01 14:39
美味!北海道十勝の行者にんにく
 年に一度しか食べられない「旬の味」貴重な北海道十勝の天然物の山菜、行者にんにくを初めて賞味する機会に恵まれました。 行者にんにくの名の由来は、昔の修行僧(行者)が厳しい修行に耐えるための体力増強の食物であったといいます。 別名はアイヌネギ。 行者にんにくは全国各地で栽培されています。成長が遅く、収穫するまでに6〜8年かかるといいます。 今回の天然物はやはり繁殖力が弱く、数を集めるのが大変だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/20 11:22
沙漠の冒険ドライブ −遊牧民(ベドウィン)のテントを訪ねてー
 クウェイト国境に近いサウジアラビアの東海岸。その沙漠には12月になると黒いテントがあちらこちらに見かけるようになる。1月になると白いテントが混じり始め、それは日を追って増えてくる。前者は沙漠にすむベドウィンとよばれる遊牧の羊飼い、後者は都市部にすむ人々がキャンプをするところである。  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/12 23:41
情熱のスペイン食彩―その1 バル(居酒屋)、 海鮮料理
 スペインを旅行すると、その土地の料理を存分に賞味したい気分で一杯です。 日本と違ってレストランは夕方からは開いていません。夜の10時ごろになって、お客が入ってきます。 開店の時間を待ってようやく入った高級レストランでは、ボーイにすげなく断られました。やはりTシャツ・ジーパン姿では駄目ですかねえ。   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/01 00:10
情熱のスペイン食彩−その2 家庭料理
 いままで、スペインには3回も旅をしました。何回行っても飽きない国です。気候、風景なども訪れる地域によって、それぞれの赴きがあり、帰国してからも旅の話が尽きません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 00:10
情熱のスペイン食彩―その3 マドリッドの忘れられない味,うなぎのオリーブ・オイル漬け
   さて、旅から帰ってスペインの夢がさめやらぬ日々が続きます。あそこで、何を食べた、飲んだ、という満足感が訪れた土地の風景と共にスペインの情熱となって、身体に焼きついてしまったのでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/01 00:09
絵に添えられた森繁久彌氏の叙情詩 ーある画家と森繁氏の友情の記録ー
 今、私の手元に一冊の画集があります。 洋画家の岡田旭峰の絵画活動の作品集です。ページをめくってみると、画伯の絵には森繁久彌氏の詩が添えられています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/09 12:30
猫じゃ、猫じゃ!アラビアの猫のたまり場
かつて、私が仕事で永年住んでいた砂漠の国、サウジアラビア東海岸、カフジの町では、不思議とカラスがいません。その代わり、各家庭の門の前に置かれたドラム缶のゴミ箱にはいつも野良ネコが群がっています。    毎朝ゴミを出しに行くと、中からあわてて猫共が逃げ散っていきます。ここを縄張りとしているボス猫は、ひと際身体が大きく態度がでかい上、人が近づくと威嚇しますから、ゴミを出す際はほうきか何かで、追い払わないと引っ掻かれてしまいます.      こんな光景は、どのアラブの家庭でも見られま... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/18 19:08
チロルの山で脚を骨折!どうしよう ―苦労した旅行記―
 オーストリ-はチロル、雨上がりの山道。急坂を滑って転倒した。その途端にぶい音がした 痛さは感じないが足首が妙な格好をしている。 不安と絶望感。大分前の話だが、今、思い出してもぞっとする。 妻と幼い子供2人をつれて旅の途中に軽率なことをした、とまだ後悔しているが、海外旅行で二度とこの轍を踏まないための自戒として記録することとする。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/04 12:30
アラビアの海に住む謎のアンパン貝
  前に愛媛県,愛南町のヒオウギ貝について、ブログに書きましたが、その際、アラビアにも「ヒオウギ貝」がいると、ご紹介しました。 (有)愛媛サポーターズ:Cafeさんのブログで 「ヒオウギ貝を食す!」 を読みました。日本のものは大きくて美味しそうですね。 岩カキは開くのに大変との由。  さて、今回はその続編です。サウジアラビアの海で偶然見つけた謎の貝にまつわる話です。 まさか、愛南町にはこんな謎の貝はいないでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/27 22:34
沙漠の国で刺身を食べたい! 家族総出のキス釣りだ!
駐在員の現地生活(アラビアの釣りー2) 「パパ!お刺身が食べたいよお」 現地に来てまもない息子がおねだりします。 「だけど、ここのお魚屋さんにはお刺身は売っていないだろ」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/25 23:55
沙漠に春がやって来た ―アラビアに咲く花―
アラビアの乾いた大地、一年中がほとんど夏、だが、この沙獏にも、短い秋と冬と春があります。 11月ともなれば雷の音と共に、雨がぽつり、そのうちに土砂降りとなってきます。秋だ!勿論、日本のように紅葉の季節が訪れたわけではありませんが活気が戻ってきたような気がします。気温は摂氏40度台からぐんぐん下がり、1月にはいると、10度を下回るほどです。3月、気温は更に上がってきます。4月には砂嵐とともにもう夏がやってくるのです。 神の恵みの雨はこの間、平均100ミリ、最近は温暖化の影響か300ミリを超える年... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/20 19:05
冬のモロッコを往く(その1) ー世界遺産(フェズ)に雪が降るー
1.不思議な旋律のある国 「As time goes by 」 映画カサブランカの主題曲である。長らくジャズのスタンダードナンバーとして耳にしてきた。「チュニジアの夜」これもモダンジャズのヒット曲。私の頭の中にあるマグレブのイメージは常に西欧の音楽を通してであった。初めてマグレブの地を踏んだ。モロッコ。そこには別の顔である古きイスラムがあった。町のモスクの尖塔からはアザーン(お祈り)の聖なる声が朗々と響き、尾を引いて夜明け前の空に消えていった。さあ、モロッコに着いたぞ! しかし、この寒さ、日本... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/13 17:32
冬のモロッコを往く(その2) −雪のハイ・アトラス山脈を越えてー
 大西洋に面した肥沃な緑の大地、アトラス山脈を分水嶺として南に広がる茫漠たる沙漠の地、ここにモロッコの二つの顔を見ることができた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/13 16:31
モロッコの旅- つれづれなるままに
 モロッコを8日間(機中2泊を除く)町並み、風景、世界遺産、人々の生活などを垣間見てきた。スケジュールは厳しかったが、旅の面白さを堪能できた。まずは、その記憶から、書き留めておこう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/11 23:23
「アボカド」は果物?野菜?
 アボカドを食べるには、どうすればよいのでしょうか。 或る人は砂糖とミルクをかけて食後のフルーツがわり、一方、レストランで食べるアボカド・スープは美味です。カルフォルニア・ロールならば寿司ネタ。また、わたしの好みですが、わさびとしょうゆで食べます。誰かはそれをマグロのトロのようだと言っていましたが、そう言われればそんな気もしますね。一体、果物か、野菜かどちらなのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/05 18:15
壁にかかった一枚の絵 ―阿蘭陀船ノ図ー
 NHKの大河ドラマ「功名が辻」が始まりました。時代劇は好きですから興味深く視ています。私の先祖もまた、具足を背負って青雲の志に燃える侍奉公、若き山内一豊とは同じ織田の家中でしたから「ヤア!」くらいの挨拶はかわしていたことでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/26 18:19
サウジアラビアの砂漠に降った雪ーウソみたいな本当の話
  雪はどんな音で降ってくるのでしょうか。 しんしんと、あるいは、こんこんと、でしょうか。冬山のブリザードは雪の悲鳴とも思えます。 記録的な積雪の新潟や秋田ではきっと、悪魔か地獄の鬼どものささやきだと、地元の皆さんは思っているかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/21 14:31
電車のなかで化粧をする女性たち
 keura 徒然想(S)氏のブログ、http://blog.keura.com/ 1月9日付けエッセイ 『煩わしい小動物(傍若無人の若い女性)』 を読みました。それについてコメントとも思いましたが、考えているうちに言いたい事が山ほど出てきましたので、私のブログでご紹介することにします。  まずは私の経験談から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/15 23:47
愛媛県 愛南町の珍味、ヒオウギ貝!
 1月12日NHKの昼の番組 スタジオパーク「ふるさと一番」で愛媛県愛南町でヒオウギ貝の養殖について、舞の海さんが取材していました。  ヒオウギ貝は15センチ位の大きさで黄色、橙色、赤や紫の色とりどりのカラフルな貝です。貝の表面についたふじつぼなどの汚れを削りおとし、きれいにします。この際の貝のストレスを解消するために、すぐに海水につけておくのだそうです。色とりどりの貝の殻はこれもランプシェードやキイホルダーなどのアクセサリーとして町の特産物として販売しています。ヒオウギ貝は帆立貝の一種で、さ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/12 19:32
お茶はティーなのかチャなのか、どちらが元祖?
 我が国にお茶が伝わったのは奈良・平安時代、最澄や空海などの遣唐使の留学僧が持ち帰り栽培されたのが最初といわれております。その後、鎌倉時代に入って(1191年)禅僧栄西が宋からお茶の種を持ち帰り、これが宇治茶の元祖といわれております。 栄西の喫茶養生紀の冒頭には「茶は養生の仙薬なりと」書かれていますから最初は薬だったのですね。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/11 16:09
寒い冬、長火鉢に想う
 今季の冬は寒いですね。日本だけでなくヨーロッパにも寒気がおしよせています。逆に南半球のオーストラリアでは気温が44度の猛暑、カリフォルニアでは大洪水でワイン畑が水没してしまった、とニュースは伝えています。新潟や秋田など日本海側では毎日の雪おろしが大変、まあ、良く雪がふりますね。雪との戦い、本当にそのご苦労を察します。皆さん頑張ってください。 一方、太平洋側はカラカラ天気、ここにも大陸の寒気は押し寄せてきています。地球温暖化といいながらも、この寒さには耐えられず、暖房をきかせた部屋でぬくぬくと暮... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/06 18:50
ハローおさかな! アラビアの海のスター登場!
 大体魚の写真は横から撮るのが鉄則でしょう。私はチョイトへそ曲がりだから前の方から彼等の顔を写してみました。可愛い〜のあり、おっかないのあり、面白い顔も揃っています。知り合いの誰かサンに似ているのも愉快です。  ここに出てくる、魚たちは日本のものではありません。はるか遠く、中東のアラビア湾(ペルシャ湾)で私が釣った魚です。撮影後、彼等の大部分は私の胃袋におさまってしまいましたがネ。 それでは、おさかなちゃんサイトを公開します。すみからすみまで、ずずずい〜と見ていただきたく〜う(パン・パン・パ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/04 15:52
ロボット犬はペットになるのか?
 ロボットはチェコの劇作家、カレル・チャペックの1920年の作品で古代スラブ語のロボタ(強制されて働くもの)からとって、世の中に登場しました。当時はSFの世界でしたが、いまでは産業ロボットはもうフツーのものになって、私たちには目新しくはありません。人間型ロボットは愛知万博でも人気がありました。ホンダのアシモなんかはもう駆け出すまでになりましたネ。一方、ペットロボットとしてソニーのアイボからおもちゃ程度のものまでのロボ犬がヒット商品となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/01 11:14
アラビアの沙漠ー岩山地帯をトレッキング
ーエッ!こんな所にサンゴの化石 ?ー    サウジアラビア王国の首都リアドの近郊、海抜900メートルのトワイーク山脈。かつて海底にあったアラビア半島が隆起して形成されたものだ。そこにはかつての海の住人たちが一億年ものあいだ化石となって眠っている。写真(上):黒いサンゴ  アラビア湾(ペルシャ湾)サウジアラビア東海岸で見つけた現代のサンゴ、その表面には頑固にも一億年も前とまったく変らない紋が刻まれている。写真(下):白いサンゴ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/26 16:12
おとなのウソ・ サンタクロースからのプレゼント
. ・ママ、きりんさんのくびは、なぜ、ながいの? ・それはね、かばさんからとっていっちゃったからよ ・それじゃあ、ぞうさんのおはなは、なぜ、ながいの? ・それはね、ぶたさんからもらったから ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/03 13:23
家族4人のグアム観光旅行で300ポンド(約140キロ)のカジキマグロを釣っちゃった!
    フレデリック・フォーサイス著 「帝王=The Emperor」 篠原 慎・訳 を読んだ。図書館の棚から内 容 も見ないで引っ張り出し、借りたのだが「帝王」とは私が求めた歴史上の英雄の話ではなく、カジキマグロのことだとわかり、初めは読み飛ばそうとした。  しかし、私も釣りに関しては一言ある男だ。どうせ、こんなことはできっこない。釣れっこない、そういう思いで読んでいったが、話にどんどんと引き込まれていった。  主人公はうだつが上がらない50代の気の弱い銀行員、細君は亭主を見下し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/30 16:37
所かわれども迷惑電話はつきまじ!アラビアの電話事情
 サウディアラビアの沙漠の中、360度見渡す限りの地平線です。ぎらつく頭の上の太陽、気温は50度を越えているでしょう。汗をかいてもすぐ蒸発してしまい、皮膚に塩の結晶が残ります。その中での仕事中、腰のケータイがなりました。なんと、東京の妻からの電話です。丁度この地で昼時、東京は午後6時になります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/26 15:48
イスラムの断食月の夜ー子供たちはー
昨今の新聞、テレビのニュースはイスラム過激派のテロで埋まっています。一部の狂信者によって、アラブ全体がテロリストであるような印象を受けますが、私が付き合っていたごく一般的なアラブの人々は平和を愛する人々ばかりです。このような誤解を解くため、私がかつて在留していたアラブ社会の経験談を一寸ご披露したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/26 12:26
こんにちは!ハングルース
ハングルースの意味をご存知ですか? 英語で to be relaxed, easy going、いわゆる、気楽に行こう、の意味です。これからは気楽に好きな事を書いて行こうと思います。エッセイ、音楽、旅行、食べ物などジャンルはさまざまです。 よろしく! 最初は8編をまとめてご紹介します。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/04 17:44

トップへ | みんなの「エッセイ」ブログ

こんにちは!ハングルース エッセイのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる