アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「園芸」のブログ記事

みんなの「園芸」ブログ

タイトル 日 時
あまりの暑さに日陰に逃げ込んだスウェーデンアイビー
 我が家の屋上ではささやかながら園芸を行っています。ある時見慣れない植物が生えてきました。 はじめは雑草かと抜いていましたが、かなり繁殖力が強い植物です。放っておいたところ、それは屋上を覆い始めました。 この植物はスウェーデンアイビー 何と!由緒ある名前が付いているのです。 学名は:プレクトランサス・ヌンムラリス 南アフリカ原産の多年草です。 なんで北の国のスウェーデンまで行っちゃたのかわかりませんが、日本の我が家で一面に生えたそれは毎年の夏の暑さを防ぐ屋上のグラウンドカバーとなっています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 09:32
マンゴーの木を育ててみることにしました。
 甘い、おいしい!この頃スーパーマーケットにはマンゴーが並んでいます。 他の果物に比べ値段は一寸高めですが見た目もみずみずしく大好きな果物ですからつい籠に入れてしまいます。たくさん食べたいな、そう思って苗木を購入しました。実がなるかならぬか、楽しみが一つ増えました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 09:19
陽だまりの中でぬくぬくとー植物たちの冬ごもり
 我が家では庭がないので屋上でささやかな園芸をしています。 だが、毎年の冬場になると多年性亜熱帯植物は日本の冬を越すことができず、枯れたり葉が黄ばんでしまいます。以前は一坪のビニールハウスに入れていましたが数年前の台風で壊れてしまいました。温暖化だから大丈夫だろうと冬に吹き曝しの外に出しておいたところブーゲンビリアもプルメリアもダメにしてしまいました。せっかく楽しみにしていた開花が見られないのは残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 09:36
酔芙蓉を差し木にしました。
 わが家から知人の庭に貰われていった酔芙蓉、もう五年も経つでしょうか地植えされたそれは大きくなりすぎたので昨年の秋ばっさり剪定されたと聞きました。 一方、我が家のそれ(親)は鉢植えですから幹は太くなるものの、小さく毎年の花はつぼみが黄ばんで落ちたりしてなんとなく元気がありません。 そこで、剪定された枝を貰ってきて挿し木にしてみました。里帰りです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 09:39
今年もアピオスいもを収穫しました。
 3年前から栽培しているアピオスいもを今年も収穫しました。 普通は15cm間隔で栽培するのですが、わが家ではあまり大きくないプランターなので、種イモをぎゅうぎゅう詰めで栽培しているのです。 だが、掘りおこすとなんとか1〜2食分はゲット出来たようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/01 00:13
パクリ鳥に花を全部かじられた・・・
 昨年の暮れ、花持ちがよいパンジーとビオラを鉢植えにしました。 年が明けて満開の花はベランダを彩っていました。2月の朝、窓のそとを見るとアッ! パンジーの花が根こそぎなくなっていました。それも紫の花ばかり、黄色のビオラには手を付けていません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/01 10:30
寒さに弱い観葉植物T-Leafを室内に入れるかな
 ハワイのお土産だと友人から小さな茎を貰いました。 なにこれ? 聞くところによれば「T Leaf」という植物でフラの時のスカートや料理用に使うそうです。 ハワイの家庭ではよく生け垣に植えられているとのことです。「水挿ししておけば、そのうち根が出てくるよ」ーとは友人の弁。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/01 10:19
葉差しの観葉植物サンセペリア(タイガーテール)から芽が出てきた。
 サンセペリアは縁が黄色で、葉にトラ縞のような斑がある常緑多肉植物の観葉植物です。だからタイガーテール(トラの尾)とも呼ばれています。原産地はアフリカ、学名はリュウケツジュ科・サンセベリア属です。体に良いマイナスイオンが発生するというので、我が家では室内で育てています。 種類は2つ、もう一つは縁に黄色がないものです。もう何年になるのでしょうか、両方とも大きくなりすぎ鉢にぎゅうぎゅう詰めです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/15 10:20
今年はどうかな?−我が家の屋上菜園
 いままで何年も我が家の屋上で園芸をやってきましたが、草花はとも角も野菜類の収穫ははいまいちでした。 それにもめげずに、今年も挑戦してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/16 11:41
赤毛のアンの家の庭を見つけたー国際バラとガーデニングショウ
 5月13日(火)西武ドームで開催されている国際バラとガーデニングショウへ行ってきました。 球場のグラウンドに出品されているバラのどれもが、これでもかと咲き誇っています。我が家の庭に咲いているささやかなバラと比較して雲泥の差、ショックを隠せません。私も、もう少し丹精して育てねば・・・と気にしながら見て回ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/15 09:19
やけどした!アロエ、アロエだ!
 アッチッチイ!火傷をした。すぐ氷で冷やさねば、それから薬だ。おいおい火傷薬は何も無いじゃないか!「家にはアロエがたくさんありますよ」と妻の声。 早速アロエの葉をむしって患部に擦り付けます。普段は見向きもしないアロエです。ほって置けば小さな芽がいくつも出て、鉢いっぱいに広がってしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/15 11:36
アゲハチョウの幼虫ががレモンの木の若葉をもりもりと・・・
 この春、2年前に購入したレモンの若葉が茂りはじめ花が咲きました。しばらくするとこりゃ大変、黒や緑色の幼虫が葉をもりもりと食べています。チョウチョウの卵が孵ったのです。 せっかく実がなるのを楽しみにしていたのに肝心の枝の一部は丸坊主にされています。割り箸でつまんで全部駆除しました。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/01 09:02
今年はプランターのオクラが豊作ですー猛暑のせいかな?
 オクラ、学名:Abelmoschus esculentus)は、アオイ科トロロアオイ属の植物です。オクラは英語名ですから原産地はアメリカのオクラホマかなと思いましたが、実はアフリカが本家でNukrrama から転じたようです。 和名を調べてみますとアメリカネリとかオカレンコンだって?これ何ですかねぇ ???  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/21 10:31
アピオスいも(ほどいも)を育てて見ました
 昨年の春、スーパーマーケットで珍しい芋のパックを見つけました。 名前はアピオスいも もともとは北米のネイティブ・アメリカンの食料ですが、 わが国では青森県の南部地方で「ほどいも」と呼ばれ栽培されています。 新しもの好きの私の目に☆がキラリ、 早速買い求めました。 量が少ないので、まずは園芸で増やすことにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/11 13:25
ブルーベリーが色づいてきた!先に食べるのは人か鳥か?
 毎年楽しみにしているブルーベリーの実が一粒づつ紫色になってきました。 昨年は色づいてから甘くなるのを待っていましたが2〜3日してから見にゆくと、やられた! 私が食べた分はほんのわずかでした。 今年は盗られてたまるか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/01 09:23
3年目のシクラメン
 毎年12月、知人からシクラメンの花が届けられます。 ポインセティアとともにクリスマスの花として室内に飾ります。シクラメンは次々と花を咲かせ4月まで楽しむ事が出来ます。 毎年咲くとの事ですがいつも手入れが悪く枯らしてしまうのが常でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/11 09:53
屋上庭園にねずみが出たよ
 ありゃりゃ! 春から丹精をこめた 屋上庭園のトマト、パブリカ、ししとうが軒並み食いちぎられていました。 毎年何者かが荒らしているので、 今年から、防止策として冬のビニールハウスの骨組みにネットをかぶせその中で栽培していました。 ところが野菜が育ってくると、まず熟れだしたトマト、つづいて、ナス、ししとう、それにまだ青いパブリカまでが・・・。、やられた! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/21 09:48
園芸の手入れをさぼっていたら・・・こ、こんなに雑草が〜
 この1月に転倒して肋骨をいため、それを庇っていたら5月になってぎっくり腰の連鎖。ついてねえなあ。趣味の園芸はしばらくお休みです。 6月に入っても草花の手入れどころか野菜作りもやっていません。 このままでは時期を逸してしまう・・・そう思いながら花壇の植木鉢群をを見回ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/11 00:10
つい見過ごしてしまう月下美人の花
 月下美人 その花言葉は「はかない美」。名の通り、夜に咲き翌日の朝にはもう、つぼんでそれで終りです。だから、つい開花を見過ごす事が多いのです。月下美人と和名が付けられていますが元々はメキシコ原産でのサボテン科の植物です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/11 00:06
今年もタイタンビカスの花が咲いた-夏の我が家の園芸
 7月12日 我が家のささやかな屋上庭園に購入してから3年目のタイタンビカスの大柄な花が咲き始めました。  パールホワイトとピンク。 残念ながら、ブライトレッドはついに茎が伸びてきませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/21 09:52
毎日の辛い水撒き、でもぼけ防止になるようです−我が家の園芸夏の陣
 我が家の屋上でささやかな植栽を始めたのは10数年前のこと、年々植物の数が増えてきました。 現在は100鉢以上、これ以上増やすまいと心に決めて必要な防虫剤や肥料だけを園芸店に買いに行きますと、つい可憐な花々の誘惑に負けてしまいます。 今年の猛暑、陽射しの強い屋上ですから毎日の水撒きが大変です。 それも朝と夕方。それも1時間ずつ。 うへ〜え参ったな、も〜。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/11 10:30
屋上庭園の春―レイアウトを変えてみました。我が家の園芸
 花の彩りは人の心を和ませるものですが、今は田園や山に行き自然を愛でる機会も少なくなりました。 都会の中の我が家の小さな庭園の美、四季の花はそれでもほっとさせてくれます。15年前から屋上でいろいろな植物を育てています。 今年は3月からの気紛れな花冷えの気候が続き、その影響でこれらの植物たちは大分ダメージを受けました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/05/21 00:20
変だぞ?師走に朝顔が咲いた-我が家の園芸
 今年の春に蒔いたヘブンリィ・ブルー(西洋朝顔)、夏のあいだの涼しげなブルーの花を期待していましたが全く咲きませんでした。11月になって葉も黄ばんできたので今年はもうお終いかとあきらめていました。 ところがよく見ると蕾がついています。処分をせず見守っていたところ・・・あれれ、11月20日になってから、次々に咲き始めました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/01 11:14
雑草かと思っていたら・・・我が家の園芸
 我が家のささやかな屋上庭園。数年前にバラや蘇鉄の鉢に見慣れない草が生えてきました。雑草かと何のためらいも無く引き抜いて捨てていましたが、また翌年生えてきます。昨年は室内のインテリアぐらいにはなるだろうと鉢植えにしました。夏を過ぎ、部屋の中で伸び過ぎたそれを屋上に出して置きっぱなし、秋には処分して残骸を片隅にポイと捨てました。ところが・・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/11 09:51
直径22cm!タイタンビカスの花が咲いたー 我が家の園芸
 タイタンビカス? そりゃ一体なに? 実は私も初めて見た植物です。 叶ヤ塚植物園が品種開発し夏から秋にかけて大輪の花が毎日のように咲く、という宿根草の珍しい種類です。 さっそく、購入して育ててみることにしました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 7

2009/08/11 13:11
春の花々―我が家の園芸
 桜の季節も過ぎ、我が家の屋上庭園の花々も満開。すでに散り始めたものもあります。この頃、だんだんと庭の手入れが面倒になり、放りっぱなしの植物が多いのですが、春の日差しをあびていつのまにか青々と成長しています。とりあえず、写真で記録に残しておきます。さて、遅ればせながらハイポネックスでもやりますか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/11 00:24
なつめ椰子が大きくなったー我が家の園芸
 モロッコの市場でおみやげに買ってきたデーツ(なつめ椰子)をためしに蒔いたのは 2006年5月の事でした。 部屋の観葉植物ベンジャミンの鉢に食べたあとの種子を、冗談のつもりで、いく粒も突き刺しておいたところ芽が出てきました。 驚いた事にほぼ100%の発芽率です。鉢の家主のベンジャミンさんが迷惑そうなので、我がもの顔の居候たちを立ち退かせました。そのうちの何本かは根を傷めないよう掘り起こし、植木鉢に移植して育ててきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/11 00:22
ふわふわの綿が収穫できたー我が家の園芸
 棉と綿、一体どう違うのだろう?  前者は棉の木や実の意味であり、後者は棉から種子が取り除かれ「棉打ち」されて初めて糸偏の「綿」となるようです。。4月末、私の妻が友人から棉の実を貰ってきました。 ふ〜ん棉はこんな格好をしているのか。テレビでは棉を摘む画像を何回も見ましたが手に取って見るのははじめてです。     ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/21 00:09
あまりの暑さに空に逃げたアサガオの花
 まだ、残暑が続きますねえ。 私は園芸が趣味ですから毎日の植物たちへの水やりは欠かせません。でも、こうムシムシした暑さが続くとやり切れませんよ。  曇りの日には手を抜く事もあります。 翌日、花や葉っぱがぐたっとしおれているのを見ると可哀相ですが、勘弁してもらっています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/11 00:16
我が家の園芸ー夏の陣
 今年も猛暑続き、いや〜あ暑い! 人間さまは自分で水を飲みにいきますが、植物たちは喉(根)が渇いても歩いて行けません。たまりませんね。 と、いうわけで毎日夕方には水撒き、かんかん照りでぐったりとなった植物たちは生き返ったようになります。 一方、本人は小一時間の水撒き作業でぐったりですよ。シャワーのあとのビールが待ちどおしい。 こちらも生き返ります。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 00:30
一日に3度楽しめる酔芙蓉の花
  9月〜10月が開花時だと専門書にありましたが、我が家の今年の酔芙蓉の花は8月一杯で終わってしまいました。芙蓉の花言葉は「しとやかな恋人」です。なるほど、このたとえは当を得ていますね。見ていて飽きが来ません。この美しい恋人の顔は朝は純白、昼は淡いピンク、夕方は紅色に変わり、まるでお酒に酔っ払っている様なのでこの名前が付いたそうです。 彼女を密着取材してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/11 11:40
わが家の園芸ーこの夏、何か変だぞ?
 5月末、昨年収穫したヘヴンリィ・ブルー(西洋あさがお)の種子をまきました。双葉を出した苗を、例年のとおり夏の日差しを遮ろうと柵をつくり、プランターに植え付けました。  さて、月もかわり、蔓も伸び蕾もつけました。だが、おかしいぞ? 蔓が延びてくるとそこには昨年はなかった、イガイガが付いているのが目に付きます。   摩訶不思議・・・?   葉はまぎれもなくヘヴンリィ・ブルーなのに。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/11 10:05
挿し木で増えたよー我が家の園芸
 古くなった家を建て替えたので、庭は全く無くなってしまいました。私の次の望みは緑の復活です。そこで、屋上で園芸を始めました。植栽、といっても草花の苗を買ってきて、プランターに植えるくらいのもの、しかし、年が経つに連れその数は増してきました。 狭いスペースだから、大きくなりすぎた植物は剪定せざるを得ません。五月、つるバラの花が咲き終わると、古い枝は切ってしまいます。しかし、もったいないナ。15cm程度に切った枝を何本もプランターに挿して日陰に置いておきます。 秋には根付いた苗を堆肥とともに植木鉢に... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/01 00:28
春がきたよ!我が家の園芸
 春がやってきた!と思ったら、また大陸の方から寒気団の襲来、日本海がわや北海道は大雪、関東はからからの天気。また、ヒーターを入れてしまいました。我が家の植物群も寒そうにしていますよ。 お彼岸にきてようやく冬型の気圧配置が崩れ暖かくなりそうです。   昨年の12月頃には青々とした葉ばかりで「クリスマスにお呼びでなかった」4年目のポインセティアはようやくそれらしくなってきました。大遅刻して恥ずかしいのか赤くなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/20 23:10
我が家の園芸 冬支度
 11月半ばになると、咲き乱れていた我が家の花壇の花々も終わりをつげ、すっかり、寒々としてしまいました。 10年前から始めた園芸で植物の種類も年々増え、熱帯植物も育っています。温暖化とはいえ木枯らしが吹く季節ともなれば、これらの熱帯性植物は日本の冬は越せません。現に、毎年枯らしてしまうのが常です。  数年前、一坪のビニールハウスを購入しました。11月中頃に組み立て、翌年の5月に解体します。情けないことですが、この作業で腰や肩を痛め、病院通いをする羽目になります。それでも夏のあいだに、すくすく育... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/20 00:12
純愛のチューリップの花
  昨年の11月末、園芸店からチューリップの球根を買ってきました。 早速、プランターに植え込み、添えられた花の写真を見ながら、翌年の春には美しい花が咲くだろうと期待していました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 16:45

トップへ | みんなの「園芸」ブログ

こんにちは!ハングルース 園芸のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる