アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日記」のブログ記事

みんなの「日記」ブログ

タイトル 日 時
忘れられたさつま芋に芽が出ていたー育ててみるかな
 昨年の秋のこと、甘く美味しいと評判のさつま芋(なると金時)を買ってきました。 一度に食べるのはもったいない、と一本を残しました。 ところがそれっきり忘れてしまったのです。今年の2月ごろでしたか野菜籠から見つけた時は、傷んでいなかったものの芋の先っちょから芽が出ています。その部分を切落としてふかし芋にしました。買った時と変わらず、美味い! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/15 09:02
日本の工業化の先鋒、世界遺産の富岡製糸場を訪ねて
 世界遺産の富岡製糸場を訪れる機会を得た。10月、台風一過後のこの日は混雑もなくゆっくりと見学できた。 製糸場は明治維新政府の財源として生糸の輸出を奨励するため建設された。大量生産の機械の導入と徹底した品質管理によって日本のシルクは国際的な評判をとった。製糸場の門の前に立った時、広大な赤レンガの建物群は明治の人々の気骨を示すものと心に響くものがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 09:51
寒いな、もうTシャツをしまわないと・・・
 秋はどこにいってしまったのでしょうか。 先週半ばまでは夏日だったのにモウ冬だ。寒いな、Tシャツはしまって長袖を出さなくては、さて衣替えだ。 妻が私の愛用のTシャツを挟で切っています。「アッ、もったいない、まだ着れるのに」 「もう襟が伸びてしまっていますよ。 それに生地全体も傷んでいますから洗濯したら破けてしまいますから」 「・・・・」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 09:58
ようやくヘチマのたわしが手に入りました。
 長年、風呂で身体を洗うにはヘチマを使っています。 だが、一年も経つとやわらかになって石鹸をつけるとぬるぬる。 もう新しく変える時期です。戸棚をさがすともう一個もない! コンビニには当節の化繊のものしかなく、それではどうも私の皮膚になじみません。たしか100円ショップに売っていたはずだ。あれこれと店を回っても、もうどこにもありません。そうだ、自分でへちまを作ればよい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/01 09:17
犬が吠えてもキャラバンは行くー実際に見たアラブの格言
 国連の決議にもかかわらず9月15日、北朝鮮はまたミサイルを発射しました。 日本の上空を飛び越えるのは6回目です。 去る8月22日のスイスジュネーヴにおける国連の軍縮会議で、「北朝鮮による核・ミサイル開発は世界全体の重大な脅威だ」とアメリカの代表が訴えたのに対し北朝鮮側は核の脅威の矛先を向けているのはアメリカだと反発しました。 そして、「犬が吠えてもキャラバンは行く」とアラブの格言を引き合いに出してミサイル開発は正当なものだと主張しました。 これをニュースで聞いた私は かつてアラブで生活をしてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/15 09:24
海の長者じんべいざめ-ペルシャ湾(アラビア湾)のチョーでっかい奴
 皆さんも水族館でお目にかかったことがあるでしょう。ジンベイザメ、体長は10メートルにもなる巨大なさめ、別名クジラザメとも呼ばれています。アラビアの海で釣りをしていると、ゆっくりと泳いで近づいてくる巨大な魚影が釣り場から見えます。 それきたぞ!釣り人たちは一斉にその後ろにアジサビキ仕掛けを投入します。そこにはお宝が付いているからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/01 10:13
あまりの暑さに日陰に逃げ込んだスウェーデンアイビー
 我が家の屋上ではささやかながら園芸を行っています。ある時見慣れない植物が生えてきました。 はじめは雑草かと抜いていましたが、かなり繁殖力が強い植物です。放っておいたところ、それは屋上を覆い始めました。 この植物はスウェーデンアイビー 何と!由緒ある名前が付いているのです。 学名は:プレクトランサス・ヌンムラリス 南アフリカ原産の多年草です。 なんで北の国のスウェーデンまで行っちゃたのかわかりませんが、日本の我が家で一面に生えたそれは毎年の夏の暑さを防ぐ屋上のグラウンドカバーとなっています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 09:32
暑い夏、ウクレレでも弾こうかな
 暑いですねえ、どこか避暑にいこうかな、でもどこも人で一杯ですね。冷房の効いた家の中でテレビばかり見ていても退屈します。このままではボケてしまう、なにかやらなきゃ!ウクレレでも弾こうかな。でも、誰もきいてくれる人はいません。 そうだ、ハワイ観光局のポスターを壁に貼ったり、レイを飾ったりすればハワイに行った気分になるかも知れないな。 準備万端整った! (^^♪ 始めましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/01 09:17
マンゴーの木を育ててみることにしました。
 甘い、おいしい!この頃スーパーマーケットにはマンゴーが並んでいます。 他の果物に比べ値段は一寸高めですが見た目もみずみずしく大好きな果物ですからつい籠に入れてしまいます。たくさん食べたいな、そう思って苗木を購入しました。実がなるかならぬか、楽しみが一つ増えました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 09:19
魚の口に入っている甲殻類ウオノエ(タイノエ)
 あかむつをさばいている時、その口にシャコに似た白い甲殻類の仲間が入っていることがあります。 この魚はかなり深い棚に住んでいる魚類ですから、この甲殻類も同じ環境に住む生物です。名前はウオノエ(タイノエ)というそうです。 シャコみたいだから食べられるかどうか?そこで調べてみることにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 10:02
初夏の尾瀬の水芭蕉を訪ねて―日帰りハイクの旅
 尾瀬にゆきたいなーこの言葉を何年前から言っていたのだろう。時間がない、時期が悪い、遠いなどいろいろな理由で実現出来ないでいた。「尾瀬ヶ原日帰りのハイキング」の広告が目に飛び込んできた。これだったら行けそうだ、これより奥の尾瀬沼への旅だったら夜行バスでゆくか山小屋に一泊2日になる。 6月は尾瀬の水芭蕉を鑑賞するのは最適の季節だ。妻と二人、早速申し込んだ。6月7日には気象庁の梅雨入り(速報)が発表されたが、9日は天気予報では晴れだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/15 07:04
アラビアで魚の大きさを示すにはどんな仕草?
 昨日、釣りをしていたら大きな魚がかかったよ。とアラブの友人が自慢げに語ります。それはラッキーだったね・・・して、どのくらいのヤツだったのかい?その質問に彼はゼスチャーで答えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/01 09:44
地球を破滅しかねない小惑星から人類と自然を守るには。
 2017年4月19日NASAはピーナツ型をした直径約600メートルの大きさの小惑星が地球に接近したと発表しました。プエルトリコのアレシポ天文台はレーダーを2014J025と呼ばれる小惑星に向けて発射し、その反射波で観測を行いました。小衛星は地球からおよそ177万キロメートル離れた場所(地球と月の間の約4.6倍)を通過しました。 この小惑星がまた地球に近づくのは400年後のことです。もし、地球に衝突したら・・・我々の生活も美しい自然も消滅してしまうかもしれません。これを防ぐ手立てはあるのでしょう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 09:46
北朝鮮からミサイルがとんできたら、その時どうするのか?
 政府は4月19日宮城県大崎市の全国瞬時警報システム(Jアラート)のミサイル着弾の誤放送を受けて21日、都道府県の危機管理担当者を集め北朝鮮の弾道ミサイルが日本の領域内に着弾時に国民がとるべき行動について説明会を開きました。(日経新聞4月22日) えっ、 たしか72年前にも同じ事がおこなわれていたのでは・・・記憶をたどってみました。                                                   .                        ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 10:53
品川の御殿山は江戸の花見の名所だった
 今年の冬は暖かだったり急に寒さが戻ったりする気候でした。変わらないのは春になって杉花粉の飛散、ハックショ〜ン!それでも桜はいつも通り咲きました。日本人の感性として毎年のお花見を楽しみにしています。見逃すわけにはいきません。目のいがいが、くしゃみを我慢して今年は品川御殿山の桜を観にゆきました。こんな所でお花見だって?実は江戸時代に御殿山は桜の名所だったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 10:07
なんでこんな変な名前になったの?−都内の坂を訪ねて
 東京都内は坂が多いですね。 都内で名前のついている坂は800以上あるそうです。三宅坂(中央区)、道玄坂(渋谷区)、などほとんどの人が訪れたことがあると思います。 でも、まったく知られていない妙ちくりんな名前の坂。どうしてこんな名が付けられたのでしょうか、その由来などを調べてみることにしました。 まずは自宅から歩いていける場所から攻めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 09:03
断・捨・離の時代だが、我が家に残るオレだけの文化遺産
 これまだ使えるな、もったいないな・・・そういう思いが残る数々の品。このままではゴミ屋敷になってしまう、処分しなきゃ、そう決断してもこれは粗大ゴミだから区役所に電話しなくてはならないな。シールも買いにゆかなきゃ・・・あれこれ面倒くさい。そう思うとなかなか重い腰が上がりません。  ある、ある いらないものが、もう使わないパソコンのコード類や部品。電気製品、衣類 靴 場所塞ぎの百科事典エンサイクロペディア、これは何とかゴミで捨てることができました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/15 10:30
アラビアの美味い魚ランキング
 世間ではなんでもかんでもランク付けするのが大好き。テレビでも「今週の第一位は!と番組を盛り上げています。(そこで中断しCMが入りイライラさせるのが定番ですが)ここアラブの地でも、どれが一番かの会話に事欠きません.今まではアラビアの不味い魚を掲載してきましたが、今回は当地で一番美味い魚のランキングの議論です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/01 10:29
釣り人の天敵を食べてみたらー チョー不味いペルシャ湾の魚:そのー4
 アッやられた!アジ釣りの最中、海面にたむろして虎視眈々と獲物を狙っているダツが何匹も突進してきます。ここはサウジアラビアの海、当地では手に入らないアジさびき仕掛けがおもりごと取られてしまいました。腹が立つの、なんのって・・・コンニャロ! 次の休暇まで4か月、当地のスポーツショップでは釣り道具はろくなものはないので日本で買ってくるより他に手立てはありません。おもりは自動車の古いプラグで何とかしのいでも手持ちのさびき仕掛けは残り少なくなっています。まったく釣り人泣かせのダツ野郎、皆で退治すること... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 08:56
白い城と黒い城―対照をなす姫路城と岡山城の威容を見た!
 白鷺城といわれる世界文化遺産の姫路城、青空にそびえる白い天守閣は見る人々を圧倒する美しさである。 一方、漆黒の岡山城は烏城と呼ばれ川面に映えるその姿もまた優美なもので歴史の深さを感じさせる。今回の旅では対称をなすこの二つの城を訪れた。ちなみに白い城は幕府の親藩、黒い城は外様の大名の居城という。そういえば、当初黒い外観の大坂城は徳川の時世では白く塗り替えられた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/01 11:09
陽だまりの中でぬくぬくとー植物たちの冬ごもり
 我が家では庭がないので屋上でささやかな園芸をしています。 だが、毎年の冬場になると多年性亜熱帯植物は日本の冬を越すことができず、枯れたり葉が黄ばんでしまいます。以前は一坪のビニールハウスに入れていましたが数年前の台風で壊れてしまいました。温暖化だから大丈夫だろうと冬に吹き曝しの外に出しておいたところブーゲンビリアもプルメリアもダメにしてしまいました。せっかく楽しみにしていた開花が見られないのは残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 09:36
大きく羽ばたく年が来るのかー期待される2017年
 新年おめでとうございます。 今年は干支でいえば丁酉(ひのととり)の年です。 酉はにわとりを指し、時を告げ、大きく羽ばたくところから商売繁盛の縁起の良い年とされています。 また酉という漢字は細い首の酒壺を意味し、十二支の暦の10月にあたる酒つくりの季節です。作物が実って成熟し、取り込み、加工、保存、販売と大いに発展が期待できる騒がしくも活気に満ちた年と言われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 00:08
陶板の名画の数々、大塚国際美術館を訪ねてー徳島県鳴門市
 大塚国際美術館は世界で最初の陶板名画美術館である。 大塚製薬(株)75周年を記念して設立された。館内には世界の約190の美術館が所蔵する名画1000点余りを陶板で原寸大に複製したものが展示されている。約2000年以上にわたり原画そのものの色彩と姿が残るとされているのは驚きだ。。私はこれらの原画の一部をヨーロッパの美術館で鑑賞したが、まったくといって良いほど忠実に再現されている。ここでは写真撮影のみならず手で触っても良いので、堅苦しい美術館のイメージはなく気楽に鑑賞する事ができた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/15 10:52
奥の細道の終着地は江戸ではなく岐阜の大垣だった
 松尾芭蕉が江戸から奥州各地を回りこの旅を終えたのは出発した江戸ではなく実は岐阜の大垣だった。ここが「奥の細道」の終着地だったといういろいろな史跡が残っている。 なぜ、芭蕉は奥の細道の旅をこの地で終えたのか、この度、大垣を訪れた機にこれを調べて見ることにした。 松尾芭蕉は元禄2年(1689年)、弟子の河合曾良とともに江戸の深川を出発し日光街道を北上していった。 白河関ー松島ー平泉ー出羽三山ー鶴岡などを経て酒田から南下して金沢、敦賀を周り大垣でこの旅を終えた。全行程約2400キロを走破したことにな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 10:03
釣りの醍醐味を味合わせてくれたのに・・・チョー不味いペルシャ湾の魚:そのー3
 竿先がぐぐっとしなる。きたぞ!でかい。リールがビビビッと幹糸を繰り出しています。暑いペルシャ湾(アラビア湾)の釣りは何が来るかわからない。 そのため釣り仕掛けは日本の繊細なものと違い大振りです。幹糸は18号、ハリスはフロロカーボン12号、それをせいご針20号にまいて、イカや小アジの切り身を餌にして魚信を待ちます。 今日狙う魚の棚は海底です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/11/15 09:25
鉄道発祥の地、新橋の鉄道歴史展示室を訪ねて
 汽笛一声新橋を♪ 懐かしい歌ですね。 学生の頃、ある教授の御宅に遊びに行くと飲むほどに酔うほどに一番から最後の六十六番まで当時の 起点・新橋を出発し、神戸に着くまでの歌詞を延々と歌われるので学生たちは辟易していました。新橋駅は1872年(明治5年)に開業し当初は横浜まででした。1914年(大正3年)の東京駅の開業に伴い東海道本線の始発駅の座を明け渡しましたが、当時は文明開化の最先端を行く乗り物として人々の人気を集めました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/01 09:47
美味しいアジの仲間なのにどうして・・・ペルシャ湾のチョー不味い魚:そのー2
 ペルシャ湾(アラビア湾)にはアジの種類は多く生息しています。 寿司や干物、塩焼きなど、赴任中はいろいろ食べました。 その中でどう料理しても二度と口にしたくないアジがいました。 ここはサウジアラビアの日系石油基地、休日には日ごろの仕事のストレス解消のため、よく釣りにでかけました。 沖合4キロにある旧ローディング・ドック、火災事故でバルブステーションに改造された構造物が釣り場です。休日には社員のリクレーションのために開放されています。  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/15 10:43
本当のことをいう奴は、首を切られるー実際に見たアラブの格言
 豊洲新市場の盛り土、いつのまにやら地下空間ができていました。 一体どう誰が勝手にきめたのでしょうか。知事の原因究明の指示にもかかわらずその責任者が誰なのか真相はうやむやのままにされ、報道だけが過熱しています。 本当のことを言うヤツは一体どうなるのでしょうか? 次の事柄はアラブ世界の出来事です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/01 09:06
釣ったのは良いけれど・・・ペルシャ湾のチョー不味い魚:そのー1
 中東で勤務していると、砂漠の単調な生活の中の楽しみは第一に家族からの便り(電話を含む)第二は食事です。ビフテキばかり食べていても毎日では飽きてしまいます。やはり日本食が恋しくなりますね。ここはサウジアラビアの東海岸のカフジ、目の前にはペルシャ湾(アラビア湾)が広がっています。そうだ!寿司を作ろう。当地の魚屋はスシネタになるような新鮮な魚はありません。やはり自分で釣りに出かけなきゃ・・・。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/15 10:00
なばなの里ー幻想的なイルミネーションの小道をそぞろ歩き
  知人のお祝いごとのため 三重県四日市の長島温泉を訪れた。 「えっ?バナナの里」 「違うよ!な・ば・な・の里」 この近くにある花々が美しいガーデンだという。特に見どころは夜に園内が日本でも最大級のLEDのイルミネーションに彩られ、幻想的な散歩スポットなのだ。 そこで宴会が終わったあと皆で見物に出かけた。 行き帰りのバスはホテルでアレンジしてくれる。(宿泊:ホテル花水木にて)   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/01 11:24
アラビアで魚拓を取ってみたら?
 サウジアラビアの東部地方アル・カフジに赴任中、娯楽の少ない砂漠の中では仕事のストレスがたまりっぱなしです。幸いにしてペルシャ湾(アラビア湾)は目の前です。 ここには日本ではお目にかかれないような大物がいます。 メートル級のサメ、バラクーダをはじめ、タイやヒラアジの類も大汗かいてファイトしなければ釣れてくれません。 ヒットした獲物が手元に上がってくると日ごろのストレスなんか吹っ飛んでしまいますよ。新鮮な刺身!これもたまりません。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/01 10:13
初夏の北海道の旅―富良野、余市
 6月12日、札幌に着いた。今回はこの札幌を起点として北海道の各地を回る計画だ。本州では東京から近郊の行楽地に行こうとすれば交通のアクセスは行き当たりばったりで済む。しかし札幌からはそうは行かない。そこでガイドブックを吟味して翌日の13日は富良野・美瑛へのバス旅行、14日はJR函館本線を乗り継いで余市を訪れることとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 10:18
近江路の城を歩くーその4 浅井長政とお市の方の小谷城跡
  彦根からタクシーで小谷城跡に向かう。 車は勾配の急な坂道を登ってゆく。 ハイキングの人々を見かけるが時間が限られた一般の旅行者にはタクシーはありがたい。 戦国の歴史で小谷城の攻防ほど悲惨だったものはない。 織田勢に攻められ落城。お市の方と 茶々、江、初の三姉妹は城から助け出されたが、お市の方は生涯で二回、茶々は三回の落城を経験して命を落とす。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/01 08:36
近江路の城を歩くーその3 井伊家の彦根城
 織田信長の安土城跡、豊臣秀次の八幡山城址をみたあとJR近江八幡から彦根に移った。駅前のホテルにチェックインのあと、彦根の美味いものを求めて町を歩く。あった!まずは彦根丼を賞味。明日は彦根城の見学だ。彦根藩は幕府から預かった蔵米五万俵を加えて35万石の徳川幕府有数の譜代大名として明治まで続いた。 桜田門外で暗殺された井伊直弼は13代にあたる。 今回の旅では城跡ばかりだったが、現存の古城を見るのが楽しみだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 10:37
近江路の城を歩くーその2 豊臣秀次の八幡山城跡と近江商人の町
 安土城跡を後にしてJR安土駅から近江八幡駅に移動する。今晩は駅前のホテルに1泊。八幡山城は秀吉の甥の豊臣秀次の居城であった。 築城とともに彼は八幡堀を掘削して運河に利用、琵琶湖湖上交通の要衝として安土や近郊の住民を城下にあつめ商業都市の基礎を築いた。秀吉に跡継ぎの秀頼が生まれ、秀次が謀反の罪を着せられ自害させられたあと、この地は商人の町として発展し数々の近江商人が誕生した。この近江八幡の商人の町並みは一見の価値がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 10:49
近江路の城を歩くーその1  織田信長の安土城跡
 近江路には戦国時代の城や城址が多い。この旅では織田信長、豊臣秀吉の時代の城から徳川期の彦根城まで足を伸ばしてみた。まずはJR東海道本線を利用できる琵琶湖周辺に宿をとり信長の安土城跡、豊臣秀次の居城であった八幡山城跡、井伊家代々のの彦根城、さらに浅井長政の小谷城跡などを訪れた。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 09:43
脇差切刃石田包真の由来と三成の足跡の旅
 ここに我が家に伝わる一振りの脇差がある。銘は切刃石田包真(きるば いしだ かねざね)、室町末期の作で鞘の添え書には石田三成の佩刀であったと記されている。 今回、大垣市の美術館で開催されている同市出身の画家守屋多々志氏(1925−2003年)の展覧会に妻と訪れたこの機会に、関ケ原で敗れた石田三成の足跡と切刃石田包真の由来を探る旅に出た。 大垣もまた、関ヶ原の戦いの渦中にあった町でもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 08:39
秘密は誰かに喋ったが最後、みんなに知られている。―実際に見たアラブの格言
 私たちはよく言いますね 「これ秘密なんだが」 「オフレコにしてくれ」、しかし、ほとんどが守られていないのが実状かと思います。 アラブ社会でも同じ、しゃべったら最後だれかに伝わることは間違いなさそうです。 アラブ人の部下たちと会議で決めた入札のコンフィデンシャルの内容がいち早く相手先の数社に漏れていました。 エッ!なんで知っているの・・・? 問い合わせの電話もかかってきます。もちろん、この入札の条件は別の案でオファーしましたが、ワイロをもってくるヤツもいて神経くたくたになることも何回もありました... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/15 10:03
酔芙蓉を差し木にしました。
 わが家から知人の庭に貰われていった酔芙蓉、もう五年も経つでしょうか地植えされたそれは大きくなりすぎたので昨年の秋ばっさり剪定されたと聞きました。 一方、我が家のそれ(親)は鉢植えですから幹は太くなるものの、小さく毎年の花はつぼみが黄ばんで落ちたりしてなんとなく元気がありません。 そこで、剪定された枝を貰ってきて挿し木にしてみました。里帰りです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 09:39
3.11.14.46ー記憶を思い起こしてみると・・・
 五年前の2011年3月11日14時46分、その時何が起こったのか・・・被害地から離れた東京でも震度5弱の揺れを感じました。19000人の犠牲者を出した東日本大震災、それにくらべれば東京の地震被害は軽微でしたが我が家でもパニックを感じた出来事でした。 電話中突然の揺れ、あわてて通話を切ったものの、棚におかれた電話機や置物を必死に抑えていました。 床には、お皿など破片が散乱しています。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/15 09:08
ローカル鉄道に揺られてー箱根登山鉄道・ケーブルカー
 この冬は暖かだったり寒かったりしてジェットコースターなみの気温の乱高下、体の調節が難しい。たまには温泉でも行って静養したい、そう思って近郊の温泉場を調べてみる。 やはり近場は箱根だ。いつもは車でドライブ方々、日帰りだが今回は小田原経由強羅まで箱根登山電車の旅を楽しんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/01 09:15
徳川幕府の学問所 湯島聖堂を訪れました。
  いつもJR東京から御茶ノ水に行く時,車内から見える湯島聖堂、今日初めて訪れました。 この聖堂は寛永9年(1632年)上野不忍池に建立されましたが火災により焼失し、元禄3年(1690)時の将軍徳川綱吉は幕府の官学(儒学)の拠点として湯島に孔子廟を建立しました。 昌平坂学問所の成立です。昌平黌とも呼ばれました。 大正12年(1923年)の関東大震災によって、入徳門、水屋、左右の塀を除き建物は焼失、昭和10年(1935年)に再建され、現在のコンクリートつくりとなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 22:16
湯島の白梅が早々と咲いたーさっそく観にゆきました。
 温暖化の影響か、今年の冬はもう3月の気候、TVでは湯島天満宮の白梅がもう咲いているというニュース、1月7日もぽかぽか陽気の晴れ、さっそく訪れてみました。 境内は大勢の参拝客にまじって受験シーズンをひかえた受験生の姿も多くみられました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/15 08:37
申年は良い年となるのかな?期待しています。
 厄を去る、福をまねく、といわれる申年。 昨年はなんとなく景気が良くなったような・・・どこか遠くからその足音だけが聞こえてきたような年でしたね。今年はそれが身近に響いてくることを期待します。十二支は紀元前1400年ころの中国の「漢書律歴志」で申は干支の九番目の「申堅」です。草木が伸びて果実が堅く成熟する状態を表しています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/01 10:53
暇人のクリスマス童話
 今年もクリスマスシーズンとなりました。町はもうXmas一色、商戦たけなわです。 我が家でもクリスマスの飾りつけをしました。 しかしそのグッズは私の子供たちの幼いころ買った古いものばかりです。メルヘンチックすぎてもう我ら(的)にそぐわないな。でも思い出だけは残っています。 そこで、これを元に童話を作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 10:04
旅のお土産その後始末は・・・
  旅行に出るとうきうきした気分が収まりません。行く先々のお店にその土地柄のお土産品がならんでいると、この旅の思い出にと、つい財布を開けてしまいます。ところが帰ってきて楽しかった出来事が頭の中から薄れてくると、なんでこんなものを買ったのだろう・・・と悔やむことしきり。まず、我が家ではまったく利用価値のなかったものはコレ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/01 10:40
一度ヘビに咬まれると曲がった縄まで怖くなるー実際に見たアラブの格言
 サウジアラビアのゴルフ場でラフに入ったボールを探していると蛇がとぐろを巻いていました。丁度、産卵期(3月)でしょうか、一年の大半が褐色の砂漠には、この時期あちこちに緑の灌木が茂っています。近くの窪みの巣に卵があるようです。蛇は鎌首をもたげて威嚇しています。本能的に巣を守っているのです。ここに生息している蛇のほとんどは毒を持っていると言われており、現地の病院のドクターは「もし咬まれたらそのヘビを退治して持ってきてください。そうしなければ、どの血清が有効かわかりませんから」と言っています。  ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/15 10:00
「築地市場が移転する前にー行ってきました
 東京の台所と言われる「築地市場」。毎日全国各地から新鮮な魚が届けられています。先月、築地のすし屋でにぎりをつまみながら板前さんと雑談をしていると仲買人しか入れないと思っていた場内市場に個人でも入場して買い物ができるとのこと、今まで何度も場外市場では買い物を楽しんできましたが、来年豊洲に市場本体の移転をする前に見ることとしました。 インターネットを検索してみると築地場内、場外の散策プランがありさっそく応募しました。案内人つきなのでいままで知らなかったことも期待できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 09:41
どんこー また釣れてしまった
  釣り好きの息子の獲物の中には、しばしば「どんこ」というぐにゃぐにゃした魚が混じっています。 気味が悪いので捌きたくないから「持ってこなくていいよ」といっても釣れてしまったからと今日もクーラーに入っていました。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/15 09:48
五島列島と長崎の教会群を訪ねてーその3 長崎浦上・大浦
 8月23日の夕方、中通島の奈良尾港からの船旅は快適であった。 台風15号が九州に接近してくるとの天気予報だが、まだその影響はなく五島列島から出発することができた。 長崎は雨かもしれないと思ったが、幸い降ってはいなかった。 まずはホテルに落ち着く。 夜景が美しい長崎の街並みである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/01 10:22
五島列島と長崎の教会群を訪ねてーその2 上五島のキリスト教会
 8月22日 久賀島からチャーター船で若松島の土井ノ浦港へ 天気に恵まれ穏やかな海を渡る。 今回の旅では時間の制約から奈留島の江上教会は訪問できなかった。 この教会は長崎の教会群とキリスト教関連遺産に申請中なので、ぜひ行って見たかったのだが次の機会にしよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/15 10:12
五島列島と長崎の教会群を訪ねてーその1 下五島のキリスト教会
 長崎の教会群とキリスト教関連遺産は現在ユネスコの世界文化遺産に申請中である。14項目の遺産申請のうちには8か所のカトリック教会がふくまれている。元治2年(1865)3月に浦上の隠れキリシタンたちが大浦天主堂に名乗り出た。今年は教会側の「信徒発見」隠れキリシタン側の「神父発見」から150年目に当たる。およそ400年のキリシタン禁教、弾圧、潜伏の後、明治6年(1873)になってようやく信仰が取り戻された。その後の隠れキリシタンの子孫たちは新しい宣教者の指導の下、教会を建立し深い信仰を新たにしている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/01 10:28
加賀藩の城見取り図 一体どのお城?
 気まぐれな今年の梅雨の季節が過ぎ猛暑の夏、例年の通り虫干しをかねて、先祖伝来の古文書の類を整理しました。この中に「四對八城」なる書物が出てきました。昨今のお城ブーム、好奇心もあってこれに目を通してみました。 この四對八城は江戸時代の加賀藩の軍学者有澤永貞がしたためたもので、見事な城の極彩色の見取り図(地割り)が描かれています。 どうも藩のお城の築城から改築、取り壊しの記録ではないかと推測してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/15 15:22
今年もまた、蝉日記
 7月 8日 今年の一番蝉の声。連日の梅雨のしとしと雨にめげずに鳴いています。  ああ、夏だなあ・・・でも、今日の気温は22℃ちょいと肌寒い日です。 夏の訪れを告げるニイニイ蝉、まだ一匹です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/01 10:34
新装なったEPSON AQUA PARK(品川)を見てきました。
 1年あまり改装工事を進めてきたEPSON AQUA PARK(旧名エプソン品川アクアスタジアム)がこのほどオープンしました。 すっかりリフォームされた館内は水族館というより、趣向をこらしたエンターテインメントエリアといっても良いでしょう。 11ケ所のエリアは音・光・映像そして生き物たちが融合する最先端エンタメ施設と謳っています ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/15 09:44
珊瑚樹の見える窓辺から・・・
 我が家のダイニングルームの窓辺からは椎の樹、ねずみモチなどの木々の茂みが毎日自然のうるおいを与えてくれます。 勿論、これら全部が借景ですが、その中で四季に彩りを添えるのは珊瑚樹です。春に花、夏に赤い実が生り、鳥たちに食べつくされたあと回りの木々の緑と同化してしまう冬。 そして今年5月に白い花が咲きました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/01 10:33
砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよー実際に見たアラブの格言
 実はこの言葉はアラブの格言ではありません。 フランスの作家アントワーヌ・サン・テグジュぺリ(1900−1944)の世界中の人々に読まれている星の王子様の一節です。 心に響く言葉なので、あえて格言に加えてみました。私たちはオアシスといえば砂漠を渡るキャラバンの憩いの場所として小さいときから想像を逞しくしてきました。一方、オアシス以外の砂漠の中にも井戸が掘られていますが回りは荒涼としたカーキ色の砂漠にかこまれて、一見どこにあるのか分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/01 09:54
今年もアピオスいもを収穫しました。
 3年前から栽培しているアピオスいもを今年も収穫しました。 普通は15cm間隔で栽培するのですが、わが家ではあまり大きくないプランターなので、種イモをぎゅうぎゅう詰めで栽培しているのです。 だが、掘りおこすとなんとか1〜2食分はゲット出来たようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/01 00:13
ガダルカナル島の死闘記を読んで感じたこと
 ここに一冊の本がある。もうぼろぼろで表紙もなくなっているものだが、太平洋戦争中に陸軍報道班員の森川賢司氏が執筆したガダナルカナル島死闘記「還らざる挺進隊」である。戦後、たしか私が中学生の頃、父の書斎の棚から出して読んだ覚えがある。両陛下がパラオ共和国のペリリュー島などの激戦地をご訪問され、戦没者を悼むと共に遺族の苦難をしのんだこの折に、もう一つの激戦地ガナルカナル島の出来事を読み返す事とした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/15 08:45
パクリ鳥に花を全部かじられた・・・
 昨年の暮れ、花持ちがよいパンジーとビオラを鉢植えにしました。 年が明けて満開の花はベランダを彩っていました。2月の朝、窓のそとを見るとアッ! パンジーの花が根こそぎなくなっていました。それも紫の花ばかり、黄色のビオラには手を付けていません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/01 10:30
マンホールウオッチングが流行っているんだって?
 マンホール。 私たちは道路にある下水の鉄の蓋なんか歩いていても気にも留めません。 だから大雨で道路が冠水した時など鉄の蓋がずれてしまったのを気がつかず誤って落ちたりする事故が報じられています。 目立たないマンホール、地方自治体ではこれに当地名物などをデザインにして事故を防ぐとともに、景観に美をそえる運動をしているようです。 これを目当てにマンホール・ウオッチングする人もいるみたいです。ウオッチングといってもヘルメットをかぶって懐中電灯片手に孔の中を探訪するわけではありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/15 09:34
復讐はありきたり。慈悲は希有ー実際に見たアラブの格言
 アラブでは、復讐をすることは当たり前のようです。イスラム国(ISIL)にパイロットを惨殺されたレバノン、また、コプト教徒(キリスト教の一派)を21人も殺されたエジプトも報復のためリビアのイスラム国に同調する過激派にそれぞれ空爆を行いました。 これは、国内の世論の高まりで政府もやらざるを得なかった面もありますが一方、平和を重んじる日本では2人の犠牲者にたいしては打つ手がなかったのです。 テロとどう向き合えばよいのか難しい問題ですが我が国は人道支援を推し進めるのが大切かと思います。 理をつくした話... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/01 10:27
爽快なり!太鼓の響き
 近頃、各地では和太鼓の演奏が盛んです。若者、子供たちのグループまで。一糸乱れぬリズムは心に響きます。 日本の伝統芸能が継承されてゆくのは大変うれしいものです。観ていても聞いていてもスカッとした気分になります。見事ですねえ。昔から太鼓は私たちの生活から切り離せないもの、盆踊りのドドンガ・ドンおもわず手振りして踊りだしてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 10:35
人はコンピュターをどこまで進化させるのかーその時人類は?
 電車の中を見まわすと座席に座っている人の大部分がスマホかケータイに没頭しています。 回りをまったく気にしていません。時折ニヤニヤ笑ったりして傍で見ていると異常な感じを受けます。何かコンピューターに支配されているようです。コンピューターの進歩は日進月歩、この私も、ようやくウインドウズXPを卒業したばかりで後継機の扱いに苦慮している最中なのですが、はたしてコンピューターはどこまで進歩してゆくのでしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/01 09:11
中伊豆のミカン狩り
 毎年の正月にはTVを見ながらミカンを食べるのが定番かと思います。 ムムッ? 苦い、ドラマに夢中になっていて傷んだものまで口に入れてしまいます。 正月を過ぎて半月、かごの中のミカンを見ると、あるある傷んだヤツが・・・ もったいないから、良いとこ取りして食べてしまいます。  フレッシュなミカンが食べたいな。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/15 10:19
2015年、ひつじ年を迎えて
 新年おめでとうございます。 昨年の日本はなんとなく景気がよくなったようですが、我が家の家計には影響なかったようです。 ひつじ年の今年はアベノミクスの3本目なるものを期待します。 思い起こせば株の相場格言では辰巳天井ー低迷から脱して上がりました。 午尻下がりー格言に反して駆け抜けましたが我ら庶民のふところにまではその恩恵は乏しかったようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/01 09:43
さよなら銀座ミキモト本店のジャンボクリスマスツリー
 1976年から30年以上にわたって銀ブラを楽しむ人々に親しまれてきたミキモト ジャンボクリスマスツリーが本社建て替えのため、本年をもって姿を消します。11月15日の点灯式には世界の子供たちが参加し、ヴァイオリニストのNAOTOさんの演奏が行われたそうです。 残念ながらこの日には行けませんでしたが、最後とあって今日の買い物のあと立ち寄ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/15 10:33
寒さに弱い観葉植物T-Leafを室内に入れるかな
 ハワイのお土産だと友人から小さな茎を貰いました。 なにこれ? 聞くところによれば「T Leaf」という植物でフラの時のスカートや料理用に使うそうです。 ハワイの家庭ではよく生け垣に植えられているとのことです。「水挿ししておけば、そのうち根が出てくるよ」ーとは友人の弁。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/01 10:19
家の中にクモがいた〜ぁ!
 「やだぁ〜家のなかにクモがいる〜ぅ!」 妻のけたたましい声。 「どこにいた、どんなクモなの? まさか背中が赤いセアカゴケグモじゃないだろうな」 「普通の灰色のクモよ」そこにいくともうどこにも姿は見えません。 寒くなってきたので、屋上の庭園の熱帯性植物を屋内に取り込んだので、それにくっ付いて入ってきたようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/15 11:10
川を渡り終わるまでは、ロバにだって「旦那様」というものだー実際に見たアラブの格言
 10年あまり前にモロッコを訪れた時、世界遺産のカスバ、アイト・ベン・ハドゥを見物しました。この時は冬場で増水しているマレ川を渡らねばならないのでロバに乗りました。少年たちが盛んに「オレのロバに乗れ」と客引きしています。 ロバなんか乗ったことがないので川の中央でずり落ちそうになり、あわててしがみついたものです。ロバはお構いなしに進んでゆくので対岸に着いたときはホットしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/15 07:42
新幹線を50年見続けている浜松町のしょんべん小僧
 2014年10月1日 新幹線の開業50周年となりました。 延べ56億人が乗車したそうです。 この新幹線を毎日始発から終電まで見続けている少年がいます。 それはJR浜松町駅(当時は国鉄)のしょんべん小僧の像です。この像は昭和27年10月、鉄道開通80周年記念に浜松町駅に設置されました。私が小学生のころ毎日の通学の際に電車の窓からよく見かけたものです。京浜東北線、山手線外回り3.4番線ホームの田町寄りの場所、久々に訪れてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/01 10:09
葉差しの観葉植物サンセペリア(タイガーテール)から芽が出てきた。
 サンセペリアは縁が黄色で、葉にトラ縞のような斑がある常緑多肉植物の観葉植物です。だからタイガーテール(トラの尾)とも呼ばれています。原産地はアフリカ、学名はリュウケツジュ科・サンセベリア属です。体に良いマイナスイオンが発生するというので、我が家では室内で育てています。 種類は2つ、もう一つは縁に黄色がないものです。もう何年になるのでしょうか、両方とも大きくなりすぎ鉢にぎゅうぎゅう詰めです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/15 10:20
壺を一個割られたら百個割返せ-実際に見たアラブの格言
 昨年TVのドラマで倍返しという言葉が流行りました。やられたらやり返せ。アラブでは権力を握ったら徹底的に敵対する相手を打ちのめしてしまいます。これはお隣の国々でも見られることですから、国際的な事柄かもしれません。 2010年から2012年にかけてアラブ世界に発生した民主化の波で、時の政府の独裁者達は追放されたり殺されたりしています。次の権力者も又、自分に敵対する勢力を一掃しようとするので民衆には受け入れ難いのでしょう。 とくに部族間や宗教的な派閥のあいだでは「やられたらやり返せ」と、いつまでたっ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/01 10:39
アラビア湾の潮風に吹かれてーセーリングの想い出
 ぎらつく頭上の太陽、その合間の潮風。目に映えるアラビアンブルーの海。 ここはサウディ・アラビアの東部地区のアル・カフジ、アラビア湾(ペルシャ湾)に面した町です。 かつてここにはカフジ・ヨットクラブがありました。赴任中はここでヨットを楽しんだものです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/15 09:42
じいさま達のハワイアン
 インターネットを検索してみると、あるあるフラ教室、今やおばさんだけのフラでなく若い女性たちもこぞって踊っています。 私たちの若いころはハワイアンブームでバッキー白方とアロハ・ハワイアンズ、ポス宮崎とコニー・アイランダース、大橋節夫とハニー・アイランダースなどが全盛時代でした。 よく音楽喫茶のタクトに聞きに行ったものです。 大学ではそれをお手本に学友たちとハワイアンバンドを組みました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/15 10:53
旧東海道品川宿をぬけて-品川埠頭ウオーキング
  やはり運動不足なのか、この頃ズボンがきつい。だいぶお腹に脂肪が溜まってしまったようです。 TV番組ではストレッチ、ああしろこうしろの体操の勧め、いったいどれをとってよいやら・・・結局、面倒なので何もしないからメタボの不安だけが残ります。  初夏の晴れた日、やはりウオーキングが一番だ。 自分でコースを作るのも楽しいものです。これも頭の体操の一環です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/01 11:55
今年はどうかな?−我が家の屋上菜園
 いままで何年も我が家の屋上で園芸をやってきましたが、草花はとも角も野菜類の収穫ははいまいちでした。 それにもめげずに、今年も挑戦してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/16 11:41
今年も夏場所を観戦しました。
 風香る5月、今年も五月場所を観に行きました。  新横綱の鶴竜 期待の遠藤関、でも、今場所はやはり白鵬は強かったですねえ。29歳で29回目の優勝は見事です。 場所中、豪栄道や日馬富士が髷をつかんだ反則負けもありましたがこれも勝負のうち、仕方ないですねえ。大相撲は人気が戻ってきたようです。今回は12日目の取り組みを振り返ってみたいと思います。・・・JR両国駅、いつもの通り人ごみをすり抜け場内に足を運びます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/01 10:41
赤毛のアンの家の庭を見つけたー国際バラとガーデニングショウ
 5月13日(火)西武ドームで開催されている国際バラとガーデニングショウへ行ってきました。 球場のグラウンドに出品されているバラのどれもが、これでもかと咲き誇っています。我が家の庭に咲いているささやかなバラと比較して雲泥の差、ショックを隠せません。私も、もう少し丹精して育てねば・・・と気にしながら見て回ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/15 09:19
あれっ?ここにも東京駅が・・・実はJR深谷駅です。
 4月15日 10:10 JR大崎駅から新宿経由の高崎線特快で約1時間半、妻と二人、深谷駅に着いた。おなじみの深谷ねぎの産地だが今日はそれが目的ではない。深谷にあった日本煉瓦製造株式会社が出荷したレンガでJR東京駅が建設された。 この縁で現在のJR深谷駅は1996年(平成8年)に東京駅を模して竣工したのだ。 今日はその姿と深谷のレンガの歴史を訪ねてみることとした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/01 10:09
今年もまた花見ですね。今年は千鳥ケ淵に行きました。
 毎年この時期になると体がむずむずしてきます。勿論、花粉症の目と鼻のむずかゆさもさることながら、花見に行きたくなって体中がむずむずするのです 桜の季節、テレビでは3月25日に東京は開花したとのニュースがありました。 やはり、桜好き日本人の血ですねえ。桜満開の3月31日(月)天気も上々の今日、妻とかたらって、靖国神社の桜と千鳥ケ淵の桜を見物に出かけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/01 00:03
東京の韓流の街―新宿区新大久保をそぞろ歩き
 JR山手線新大久保の駅の改札を出て目の前の大久保通り。早くもハングル文字の看板、韓国の姿が見え始めます。きょうは所用のため新宿まで来たので、この際マスコミなどで紹介されていた韓流の街並みを歩いてみました。 江戸時代は幕府の「鉄砲組百人同心」の居住区であった新宿区百人町、今では住人の多くが韓国の人です。 、 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/01 11:04
東京は雪景色―こんな日の夜は暖炉の温もりで
 なにか地球の気候はおかしくなっているようです。アメリカで大雪、英国で大雨による洪水、南半球では猛暑、日本でも今年は雪が多いですね。2月8日には東京は27cmの45年ぶりの大雪、14日にはまたドカ雪に見舞われました。なんという寒さが続くのでしょうか?二週間前は汗ばむほどの暖かさだったのに・・・おかげで身体の毛穴が開いたり閉じたりしてやりきれませんね。 今日も、おお、寒!昔は冬にはスキーに出かけたのに今はそんな気はさらさらありません。 部屋の中でヌクヌクと暖まっていましょう。「アナタ〜もう少し温度... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/15 10:44
やけどした!アロエ、アロエだ!
 アッチッチイ!火傷をした。すぐ氷で冷やさねば、それから薬だ。おいおい火傷薬は何も無いじゃないか!「家にはアロエがたくさんありますよ」と妻の声。 早速アロエの葉をむしって患部に擦り付けます。普段は見向きもしないアロエです。ほって置けば小さな芽がいくつも出て、鉢いっぱいに広がってしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/15 11:36
午年が来たよ、今年も年賀状が一杯来ました。有難う!
 明けましておめでとうございます。 昨年も一昨年もこのブログでは期待の年になれば・・・と書き続けましたが、景気はそんなアマちゃんではありませんでしたね。 ようやくアベノミクスで上向きになってきたので今年の午年はこれで駆け抜けて欲しいものです。 昨年には株価はグ〜ンとあがりましたが、「辰巳天井、午尻下がり」のジンクスで今年はその反動を懸念する人もいるようです。三本の矢はどこまで飛んでいくやら、アベノミクスが失速しないことを望みます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/01 11:24
省エネを期待してわが家にもソーラー発電システムを付けました。
 太陽光発電協会(東京港区)は2013年7〜9月の国内ソーラー発電システムの出荷量を前年同期の3.3倍、207万キロワットと発表しました。 我が家でもこの7月に1.2キロワット発電量の住宅用のソーラー発電を屋上に設置しました。 ささやかながら省エネに協力していることは間違いありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/21 10:54
和食が世界無形文化遺産に登録されたーでもそれだけで良いのでしょうか
 ユネスコが認定する世界無形文化遺産には食文化が含まれます。いままでにフランスの美食術、地中海料理、メキシコ伝統料理、トルコの麦がゆが社会的慣習にそった料理として登録されています。 このほど和食が日本人の伝統的な食文化として遺産登録されました。 近年、外国では日本食ブームが沸き起こっています。これは、日本食がヘルシーであることが一番の理由でしょう。統計上海外の日本料理店は2006年の2万4千店から今年は5万5千店に増えています。 健康に良いとされるだけではなく、しょうゆ、みそ、あるいはかつお、こ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/12/11 09:23
片手を貸してくれた人には、両手を与えよー実際に見たアラブの格言
 中東で勤務していたときのこと、私の部下が交通事故で怪我をして入院しました。これは大変なことになってしまった。そこで早速お見舞いに駆けつけました。 幸いにして彼は2週間で退院することができました。 しばらくして、見知らぬ男が私のオフィスにやってきました。 堂々たる風貌の紳士です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/01 00:04
浅草雷門の大提灯が新しくなった。
 浅草寺を訪れるたびに かならずくぐる雷門の大提灯、11月18日に10年ぶりに新調されました。 物見高い江戸っ子(東京モン)の常、早速駆けつけました。雷門は何度も火災を起していますが、慶応元年に焼失したあと、昭和35年になって松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助氏によって寄進されたものです。 新しくなった名物の大提灯の寄進名はパナソニックに変ったかと思いましたが、松下電器産業株式会社 松下幸之助のままです。 私たち世代ではこの方が親しみやすいですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/21 08:59
ヴァイオリンの音に聴きほれてー 東禅寺 緑のコンサートー
 「パパ汗かいている」その声にドッと笑い声が起ります。 コンサートで熱演の一曲が終り盛大な拍手の後に飛んだヴァイオリニストの幼いお嬢さんの声援?です。 ハンカチで額の汗をぬぐう演奏者のパパもこれには苦笑い。  10月27日東禅寺で開催された田野倉雅秋ヴァイオリンリサイタル「緑のコンサート」の一こまでした。 田野倉雅秋氏は数おおくの国際コンクールで優勝している日本のヴァイオリニストの一人者です。ピアノは須関祐子氏、数々の国際ピアノのコンクールで優勝や受賞している今や引っ張りだこのピアニストです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/01 00:05
台風26号が来襲−我が家の対策は?
10月15日:   台風26号が明日関東に接近するというニュースです。 10年に一度の強い勢力で西日本から北日本まで広い範囲で気象庁では暴風、高波、大雨の恐れがあり警戒するよう呼びかけています。我が家では、どんな対策をとれば良いのだろう。接近は16日朝の8時頃、妻は明日は病院の検診があると外出するのを心配しています。 まず、手近かな処、ベランダの植物を片付けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/21 09:48
遅ればせながら新歌舞伎座の建物を見に行きました。
 一寸遅かったかなあ〜。2013年2月に竣工して8ヶ月も経ってしまいました。4月には私の妻は早々と新装なった歌舞伎座のこけらおとし公演を見に行き、とても素晴らしかったと感激して帰ってきました。私もようやく重い腰を上げデジカメ片手にそこを訪れました。勿論、チケットはありませんから建物だけの見物です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/11 10:34
碓氷峠廃線ウオーキング
 何年前の事だったろう。廃線になった旧信越本線の碓氷線が整備されてハイキングコースとなったと聞いたのは・・・。しかし(横川〜熊ノ平)を歩くとすれば基点地から往復しなけれならない、それでは距離がありすぎだ。そこで考えたのはマイカー2台で行くことだ。1台は横川、もう1台は熊ノ平の駐車場に置いて別々のパーティが下と上から歩けばよい。1本道だから途中で車のキイを交換すれば片道で済む。だが、このプランに乗ってくれる者は誰もいなかった。今回チャンスがおとずれた。阪急交通社トラピックスの碓氷峠・めがね橋の〜ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/01 08:07
研ぎ澄まされた銀色の美しい魚体―太刀魚
 次男が釣りから帰ってきました。「今日は太刀魚だよ!」 普段はスーパーなんかに並んでいる切り身しか見ることが出来ませんが、なるほど太刀魚とは良く言ったもんだ、研ぎ澄まされたような鈍く光る銀色の魚体は鍛えられた日本刀のようです。それに鋭い歯、正に海の戦士といった顔つきです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/21 00:46
ポケットのなかの一枚の銅貨はポケットの外の十枚の銅貨よりましであるー実際に見たアラブの格言
 アラブの人たちと永年付き合っていると彼らが非常に慎重に物事を考える性格であることに気が付きます。 海外の現場にいる日本人は何か事が起ると早急に結論を求められますから、ややもすれば「それ行けドンドン」と進んで行かざるを得ないのですが逆にアラブのスタッフたちはこれが本当に正しいのかじっくりと考えてから結論を出すようです。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/11 10:46
アゲハチョウの幼虫ががレモンの木の若葉をもりもりと・・・
 この春、2年前に購入したレモンの若葉が茂りはじめ花が咲きました。しばらくするとこりゃ大変、黒や緑色の幼虫が葉をもりもりと食べています。チョウチョウの卵が孵ったのです。 せっかく実がなるのを楽しみにしていたのに肝心の枝の一部は丸坊主にされています。割り箸でつまんで全部駆除しました。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/01 09:02
Viva! ウクレレピクニック(横浜赤レンガ倉庫にて)
  アッジイ!’’’ こうも暑さが続くと冷房のきいた家の中に閉じこもりがち、パソコンを唯一の友としてインターネットを開き、あちゃらこちゃらのニュースを検索しまくります。 なに?ウクレレピクニック?  若い頃からハワイアン音楽をやっていましたから、これは面白そうだ、と途端外出したくなったのはまだ夏バテせずに体力が残っていたのと、ハワイアンへの愛着だったからでしょう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/11 09:48
俺はピアノだ (ある家のピアノのひとりごと)
 俺はある家の居間に居座り続けているピアノだ。 名前はまだ無い、というと我輩先生のパクリになってしまうが・・・。もっとも、苗字(製造元)だけはボールドウィンという米国生まれだ。 この家のあるじは俺の立派にならんだ歯(鍵盤)を、時たまカタカタ鳴らすだけだ。このへたくそ!腹が立つが、ただで住まわしてもらっているし、この家の女房が時たま顔を磨いてくれるのでそうもいかない。 まあこれ以上の悪口は弦がプッツンする元となるからやめておこう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/01 00:08
アピオスいも(ほどいも)を育てて見ました
 昨年の春、スーパーマーケットで珍しい芋のパックを見つけました。 名前はアピオスいも もともとは北米のネイティブ・アメリカンの食料ですが、 わが国では青森県の南部地方で「ほどいも」と呼ばれ栽培されています。 新しもの好きの私の目に☆がキラリ、 早速買い求めました。 量が少ないので、まずは園芸で増やすことにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/11 13:25
良いたよりを求めるな、時がくれば向こうからやってくるー実際に見たアラブの格言
 私はサウジアラビアに3回にわたり赴任し、延べ18年間くらいになったでしょうか。1998年には最後の現地の勤めを終えて翌年定年退職しました。ストレスから解放されている毎日の朝、新聞記事(2013年6月24日)でサウジの週末、休日が変更されたという記事がありました。 本社の土・日の休日と、ちぐはぐだったため辛かったアラブ世界での勤務を思い出し、ああ、昔いつも望んでいた事がようやく起きたんだと感じました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/01 11:02
千葉県南房総―小湊の鯛の浦へドライブ!
 6月8日(土) 入梅というのに今年は空梅雨のようだ。 晴れたこの週末、東京からアクアラインを通って千葉県鴨川市の小湊・鯛の浦までドライブ方々、地元の温泉も楽しんだ。 この晴れた日を皆も狙ってかアクアラインに行く車は多い。川崎浮島ジャンクションで渋滞に巻き込まれてしまった。 だが、海ほたるを越すと快適なドライブが続く。 窓を開けて初夏の爽やかな風を車内に入れる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/21 09:32
少なくなったガソリンスタンド
 あれえ〜ここに給油所があったはずだが・・・?  ガス欠を気にして給油しようと運転していると最近まで営業していたところが更地か駐車場になっています。 まいったな・・・ぐるぐるまわってようやく次の給油所を見つけました。 最近廃業をするガソリンスタンドがあちこちに見られます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/11 00:05
ブルーベリーが色づいてきた!先に食べるのは人か鳥か?
 毎年楽しみにしているブルーベリーの実が一粒づつ紫色になってきました。 昨年は色づいてから甘くなるのを待っていましたが2〜3日してから見にゆくと、やられた! 私が食べた分はほんのわずかでした。 今年は盗られてたまるか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/01 09:23
猫を高い値で買ってくれれば駱駝を安く売るー実際に見たアラブの格言
 私がかつて住んでいたサウディアラビアでは砂漠に駱駝が群れをなしています。現代では駱駝はもう砂漠を渡る舟としては引退組、今ではベドウィンと呼ばれる遊牧民たちはトラックで移動しています。何のために飼っているのでしょうか?わかりません。また町では野良猫がウジャウジャたむろしています。猫どもは我が物顔で家庭のゴミ箱をあさっていますから、鼠をとることも忘れているでしょう。 今では人の生活に役たたずとも、これらの動物たちは話の種にされています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/21 09:06
今年も五月人形を飾りました。
 4月中旬から5月10日まで今年も五月人形を飾り付けました。 毎年からりと晴れた日を選んで、また押入れに仕舞います。 飾り具足を分解しながら、これは次世代に受け継いでもらおう、とそう願いました。しかし、教えていないこの具足の飾りつけが出来るのか?一寸心配になってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/11 08:48
ワイルドな男の料理、あじの押し寿司を作ってみました。 
 今日は小あじが釣れたよ! 釣りに出かけた息子からです。 その日はたたき、空揚げなど賞味しました。数ある魚をどう料理するのか、翌日は台所を占領して押し寿司を作ってみました。 活きの良いうちこれが一番です。 さあ、男の料理、どんなワイルドな味か試してご覧あれ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/01 08:58
小説 湾岸戦争―「男達の叙事詩」を読んでみて
 私の経験した出来事が小説になった。勿論、私が主人公であるわけがないが、モデルとされる人物は端役としてあちこちに登場している。小説だからフィクションは当然だが、総体的に見てストーリーの流れは事実に基づいている。物語は1990年8月のイラクによるクウェイト侵攻をきっかけに起った湾岸戦争、中東の日系企業で働いている駐在員たちが否応なしに戦闘に巻き込まれてゆく伊吹正彦氏の企業小説である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 00:19
富士山遊歩道ウォーキングー裾野市
 富士山と言っても頂上まで登山をするわけではない。 もっとも3月のこの季節では無理というもの。 そこで、手軽に富士を見ながらウォーキングを楽しむ事とした。もちろん、パーティは中高年グループ。今回は静岡県裾野市の健康増進企画の主催によるもので、(株)フジエクスプレス「お気軽くらぶ」のバス旅行。 補助金も出ているから料金が昼食つきで1500円と格安。申し込んだ人からは金額が間違っているのでは?と問い合わせがあったそうだ。ウェイティングリストには数十人が居るそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/11 00:34
品物にケチをつけるとき、彼はそれを買いたがっているー実際に見たアラブの格言
 サウジアラビアに赴任していた時の事です。駐車中の車をぶつけられました。当て逃げです。ドアが大きく凹んでいます。警察には届けましたが仕事が忙しい中、修理に出さずに1週間ほど乗り続けていました。 スーパーで買い物をしようと駐車したところ見知らぬ男が近づいてきました。彼は握手を求め、こともあろうに私の車にケチをつけ始めたのです。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/21 10:02
そろそろ花見の季節ですねー目黒川の桜並木
 梅は咲いたか桜はまだかいな〜 私は小唄を口ずさむような粋人ではありませんが、春ともなればお花見が頭を過ぎります。今年も西のほうから桜前線は北上しています。 もうすぐ満開、どこに花見に行こうかな? インターネットで調べても迷いますね。まごまごしていては桜花は春風に煽られて散ってしまいます。 そこで、ぶらりと行ける目黒川沿いの桜並木の散策をお勧めします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/11 09:23
眼鏡はどこに行った
え〜と、眼鏡が無い。 いつも置いておく場所をさがしても見つかりません。 困ったな、朝起きてからの自分の歩いた航跡を辿って見ます。 ここにもあそこにも無い。どこだ? 顔を洗った時はずしたな・・・洗面所にはない。 朝飯の時ちょっとはずしたな・・・テーブルの上にも無い。 まさか目が覚めた時から掛けていなかったのか・・・ベッドにもない。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/01 09:58
一人前の食事を作る難しさ
 女房が友人たちと3日間のおしゃべり旅行、久々の独身生活に戻りました。 食事?心配ご無用、永年の単身海外勤務の経験でそんな事はお茶の子さいさい。 好きなTV番組を見て好きな食事を作る。それに文句もいわれず好きなだけお神酒を飲んで好きなときに寝る。ア〜極楽極楽。 途端、電話が鳴りました。女房からです。貴方どうしてる。大丈夫? 途端、現実にもどりました。 気にしてくれるのはありがたいのですが・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/21 10:03
横浜中華街、賑やかな春節
2月10日 この日は春節 (旧暦元旦)、JR石川台を降りて中華街延平門に向かいます。日曜日とあって、凄い人出です。あたりのお店の店頭には中華饅頭、しゅうまいが湯気を立てています。後で飲茶だ!ぐう〜となるお腹をこらえてまずは関帝廟へ。 お店の人にどこにあるかを聞きました。地図を片手に探すより地元の人に聞くほうがいいと思いましたが、皆商売に忙しい中、まっすぐ行って左!そっけない返事でした。(当たり前ですね〕  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/11 00:01
お前が水を飲んだ井戸に石を投げてはならない―実際に見たアラブの格言
 このところ寒気が南下して日本列島に居付いてしまって寒い日が続いています。 朝、顔を洗う時、温水器で水が温まるまで流しっぱなし。水は大切に使わねばならない・・・頭ではそう思いつつも身体の方が赦してくれません。つい蛇口を開けっ放しにしてしまいます。子供の頃は、寒い朝にぬるくなった湯たんぽのお湯を母が洗面器に入れてくれたっけ・・・。思い出が頭を過ぎります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/01 09:54
3年目のシクラメン
 毎年12月、知人からシクラメンの花が届けられます。 ポインセティアとともにクリスマスの花として室内に飾ります。シクラメンは次々と花を咲かせ4月まで楽しむ事が出来ます。 毎年咲くとの事ですがいつも手入れが悪く枯らしてしまうのが常でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/11 09:53
巳年になって何か良くなるかな
 思えば 子 丑 寅 卯 辰と連続不況の中を過ごしてきました。 ひどい子年が終った次はつまずきの年とも言われる丑年。これでは景気の高揚は望みようがありませんでしたね。 その翌年の寅年にはNHK大河ドラマ坂本龍馬が放映され竜馬の人気年は景気が良くなるとジンクスがもてはやされましたが、龍虎相打って自滅。、ピョンピョンはねる卯年にはウサギがひっくり返って期待はずれ、それでは翌年の辰は天空舞い上がると思いきや、民主党と共に水面下にドボンと消えてしまいました。   あ〜ぁ・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/01 13:05
もし冒した罪を神が赦さなかったら天国は空っぽになるー実際に見たアラブの格言
 世の中にまったく罪を犯したことのない人間はいるでしょうか。 道に落ちていた硬貨をポケットに入れても、罪になりますね。 アラブでは表に出ない罪は,七割がた許されるという格言があります。そのため、うやむやのうちに葬られる悪事が多いようです。たとえ犯した罪が発覚しても、滔々と自分を弁護します。中東で赴任中、私はこのような場面に出くわし、辟易したことも何度かありました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/21 09:40
Hallow!東京スカイツリー634
 いやあ〜混んでるねえ。天望デッキに上がるまで4時間かかったよ。 知人がそういうので完成してからも東京スカイツリーに行くのを躊躇していました。 ところが、11月8日(木)になってようやくその機会が訪れました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/01 00:06
秋の北海道の旅ー4 函館 ローカル線の旅と港町
 10月10日(水)  羊蹄山の山頂に雲がかかっている。昨日とは違った山の姿。 ニセコ・アルペンホテルを早めにチェックアウト、今日はローカル鉄道に揺られて函館までの旅だ。もよりのJR倶知安(クッチャン)駅行きバスの停留所に急ぐ。あたりにはまったく人影無し。ほんとうにバスがくるのか心配になってきた。 律儀な日本の国民性だ、時間ぴったりにバスが来た。 我々二人だけの乗客を乗せて発車。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 00:03
秋の北海道の旅ー3 ニセコ
10月8日(月))  ホテルの温泉の朝風呂、いい気持ちだ。 見ると隣で湯に浸かっている人々は中国語をしゃべっている。この大浴場の中には領海侵犯問題は存在しない。  和やかな湯気の中、しばし時を忘れる。 朝食のバイキングは美味。外に出てみると今日も青空が広がっている。針葉樹の香りが混じった空気が清々しい ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/11 08:11
秋の北海道の旅―2 札幌―小樽―積丹
10月7日〔日〕 札幌   旅の二日目は 札幌の市内を探訪。 駅を中心に地下街が伸びてゆき、各地下鉄の路線につながっている。 アーケードも充実しており、これだったら寒い冬に外に出ずにすむ。 東京からのお客も凍った道路で転ぶこともないだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/01 12:04
秋の北海道の旅ー1 支笏湖ーオコタンペ湖ー旧石狩川ー札幌
10月6日(土)  先週の台風一過で晴れた北海道にやってきた。まだ夏の気候が抜けない羽田を経って新千歳空港に着いた。、ひんやりとした秋の空気だが、そんなに寒くはない。東京を朝早く出発したので朝食抜き、早速、空港の売店で北海道の味、鮭とイクラのおにぎりを味わう。空港には長男夫妻が車で出迎えてくれた。 嫁さんの里が北海道だから、今回の我々の旅行のガイド役を買って出てくれた。こんな心強い事はない。私たち夫婦はいそいそと車に乗り込む。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/21 10:26
東京の登山コース、高尾山に久々に行ってみた。
 2012年10月2日  東京の喧騒から抜け出して1時間、30年ぶりだろうか高尾山へ登山に出かけた。ここは正式には昭和42年に制定された「明治の森国定公園高尾山」元来は修験僧の霊場であったところだ。現在では年間260万人を越える登山客で賑わっている。平成19年には富士山と共にミシュランの三ツ星に指定されたことから、外国人にも人気がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/11 22:26
アラビアのトリュフかな?ー沙漠のきのこ「ファガ」
 秋の味覚、きのこ採りのシーズンがやってきました。 だが、私が赴任していたサウジアラビアでは春にきのこが生えるのです。 ニ月ともなるとアラビアの沙漠にもなけなしの春がやってきます。 一年の大半が50℃にも達する猛暑の乾いた大地に雨が降り始め、緑の帯が地平線まで出現します。しばらくするうちに花々が次々と咲き始め、暑さで枯れていたと思っていた潅木にも若葉が彩りを添えます。 ややっ!この中に人影が、アザーン(お祈り)をしているのか、しかし、ひざまずいて祈っている様子はありません。 一体何をしているのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/01 00:27
屋上庭園にねずみが出たよ
 ありゃりゃ! 春から丹精をこめた 屋上庭園のトマト、パブリカ、ししとうが軒並み食いちぎられていました。 毎年何者かが荒らしているので、 今年から、防止策として冬のビニールハウスの骨組みにネットをかぶせその中で栽培していました。 ところが野菜が育ってくると、まず熟れだしたトマト、つづいて、ナス、ししとう、それにまだ青いパブリカまでが・・・。、やられた! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/21 09:48
千本のナツメやしの樹は一つの泉を枯らすー実際に見たアラブの格言。
 私の家には一鉢のナツメやしの樹があります。6年前モロッコ旅行の際に市場(スーク)で干したナツメやしの実(デーツ)を買い求め、東京で食べたあとのその種を植えたところ発芽したのです。乾燥した砂漠と違った日本の気候が合わないのか、今でも1メートルあまりの高さにしか育っていません。 それでも毎年特徴のあるぎざぎざの若葉が出てきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/01 09:40
夕日の幻影ーなにか良いことがあるのかな
 8月6日、夏も真っ盛り、あまりの暑さにこの頃は外出しません。つれづれなるままにテレビを見ていた時の午後6時10分、不思議な夕日の光と影が居間のマントルピースの壁に浮かび上がりました。こんなことは初めてです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/21 09:45
大変だ!エアコンが故障した。
 世の中はあげての節電ムード 我が家もそれに乗っかって7月まで寝室のエアコンは控えて扇風機で我慢していました。 昨年の大震災の後、あわてて通販で買い込んだ充電式でラジオ、時計、LEDランプ付の簡易扇風機2台をフルに活用できたわけです。  ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/11 00:11
ネズミの正義よりも猫の暴政のほうがましだー実際に見たアラブの格言
 1年半ほど前のアラブの春、チュニジアからはじまってエジプト、リビアの民衆は独裁者を倒しました。 しかし、その後は軍部の圧力や部族間の対立でせっかく訪れたアラブの民主化は春霞み、先が見えていません。シリアの内戦、これもまた宗派や部族間の対立のみならず関係各国の思惑が先行して混沌の道を辿っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/01 00:17
あぶちゃんって一体なに?
  歯医者さんに行きました。 治療の椅子に座ると 若い女性看護士サンが「それではエプロンをかけますよ」 エッ! エプロン?ここで料理でもするの? こりゃ「あぶちゃん」なんでしょ、と言うと、「あぶちゃん」って何ですか?と質問がかえってきました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/21 10:24
ビールの友だよ、らっきょうのワイン漬け
 6月初めにスーパーマーケットでビニールの袋一杯の洗いらっきょうを見つけました。 当節、手間をかけてらっきょう漬けを作る人はいないのでしょうか、棚にきれいに並べられた野菜から離され、無造作にかごの中に置かれ値引きのラベルが貼られています。 らっきょう、懐かしい思い出が頭を過ぎります。 幼い頃、私の母が梅雨時にはかならずらっきょうを皮むきして、ガラスの大瓶に漬け込んでいたからです。 私も姉と共に皮むきを手伝いました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/11 11:13
物を切る前にはものさしを当てて計っておけ、切った後で計っても意味がないー実際に見たアラブの格言
 アラブ社会ではほめられるより罰せられることの方が多いので、失敗して罰せられるより何もしない方が良いという意識が強いのでしょうか、自分の責任の範囲でしか仕事をしません。例えば、オフィスが火事になったとしたら「火事だ!」と消防署には電話をしますが、そばにある消火器で消そうとはしません。 余計な事をして消し損ねたら責任を問われます。 アラブではたびたび 「It’s none of my Buisiness」 という言葉を耳にします。消火作業は消防士の仕事、手を出してはならないようです。  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/01 00:33
たかがピッツァ されどピッツァパイ
 私とピッツァパイの出会いは大学生の頃です。六本木のアントニオやニコラスなど当時の数少ない洒落たイタリア料理店で、キャンティのグラスを傾けながらガールフレンドに物知り顔で奨めたものです。 当時はお店の雰囲気が70%で、料理の味は30%だったと記憶しています。だから実を言うとピッツアはあまり好きな料理ではありませんでしたが、こうしたお店には女優さんもしばしば来るので、それがお目当てで足を運んだのも確かです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/21 09:44
園芸の手入れをさぼっていたら・・・こ、こんなに雑草が〜
 この1月に転倒して肋骨をいため、それを庇っていたら5月になってぎっくり腰の連鎖。ついてねえなあ。趣味の園芸はしばらくお休みです。 6月に入っても草花の手入れどころか野菜作りもやっていません。 このままでは時期を逸してしまう・・・そう思いながら花壇の植木鉢群をを見回ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/11 00:10
漁をする者しか食べられない絶品の魚―スミヤキ
 息子が釣りから帰ってきました。今日は三浦半島でムツ漁だったとのこと。クーラーには通称スミヤキというクロシビカマスが7匹、私の顔がおもわずほころびます。なぜって? この魚は知る人ぞ知る漁師しか食べられない絶品だからです。他にもメダイやアカムツなんかありますが今回そんなものには興味がありません。早速、今夜はコイツの刺身を賞味する事にします。 えっ、メダイもだって。まあいいでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/01 10:02
気前の良さはすべての欠点を隠す-実際に見たアラブの格言
 アラブのお宅に招かれると、過大な歓待を受けることがしばしばです。何かお礼の言葉を言いたくなりますね。私たちの習慣では、趣味が良い家具、調度品などを見るとついほめ言葉が出ます。アラブでは、このほめ言葉は「これが欲しい」ととられかねません。 さる人の話では豪華な食器戸棚を褒めたがために、翌日それが送られてきたとの事。その人はそれを上回るお礼をしなければならなかったので苦慮したそうです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/21 09:33
九州のキリシタン大名有馬晴信の終焉の地がなぜ甲斐の国(山梨県)なのか?
 2012年5月6日、山梨県甲州市大和村でキリシタン大名の有馬晴信没後四百年記念祭が営まれた。晴信 謫居(たっきょ)の地の記念碑前では有馬家27代当主を始め、晴信ゆかりの人々や地元の人たち、カトリック関係者等約100人が参列しその業績と生涯を偲んだ。 カトリック司祭による式典のあと、当時のイエズス会マテウス・デ・コウロスが1612年にローマに送った年報からドン・ジョアン(ヨハネ)有馬晴信の最期の様子(要約)が朗読され記念の植樹が行われた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/11 08:30
悪口を言うヤツの悪口を言ってやろ
 悪口には人を傷つけるものから同じ言葉でもそうでもないものがあります。馬鹿ね貴方は、おばかさん、ば〜か、までは  えへへ ですみますが、バッキャロ〜テメエ! バカッ! になると人は怒り出してしまいます。なぜ悪口には動物に喩える事が多いのでしょうか。ウマ、シカ、ロバ、ブタ イヌ、サル いずれも人間に役立つ動物たちです。そのような動物達に容貌体型や動作が似ているから蔑むのでしょうか。このパンダヤローといっても誰も怒りませんが。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/01 00:10
アラビアのなまこ -でっかいなあ
 うわあ〜でっかいなあ。 アラビア湾の海で潜っているとなまこに出会います。それも海底にごろごろと・・・。ハムール(はた)やヒオウギ貝などの獲物とともにスカリに入れて数匹を持ち帰りました。  家に帰ってまな板にのせてみると35cmもある巨大なまこ そばで見ている子供達も気味悪がっています。  やはり食べるのをやめよう。 表のゴミ箱に捨てようとすると、通りかかった同じ社宅の日本人の奥さんが言いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/21 00:20
ぶらり道行ーゼームス坂から品川宿
 JR大井町駅西口(品川寄り)あるいは隣接した東急大井町駅の改札口を出て左、青物横丁方面に100メートルほど歩いてゆくとゼームス坂上に出ます。この交差点を左折、新馬場方面に向かってゆるやかな坂道を下って行きます。  坂の終わりに近い南品川六丁目7の標識を左に曲がると、道に面して三越ゼームス坂マンションがありその入り口にゼームス邸跡地の碑が建っています。明治時代にゼームス坂なんて、こんなバタくさい名がなぜ付けられたのでしょうか その名の由来をさぐってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/11 11:47
ローカル線に揺られてー銚子電鉄
 三月の春うららかな日・・・と言いたいが、この日は大陸からの寒気が押し寄せ北風の吹く寒い昼下がり。 海を見たい。その願望もあって、今日は銚子を訪れました。外房の海、今日も大波が岩礁を洗っているでしょう。 そうした、荒々しさを堪能する前に、のどかな風景の中を走るローカル線の旅を楽しみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/04/01 10:06
口に食べ物を与えよ、目は遠慮するだろうから ー実際に見たアラブの格言
 アラブの家庭の食事に招かれると、その席にはかならず初対面の人も招かれています。まず挨拶から始まって、紅茶を飲んだり、炒ったかぼちゃの種やデーツを齧りながらおしゃべりを楽しみます。食事まで相当な時間がある上、話は多岐にわたりますから訪問する時はあらかじめ自分のしゃべる話題を考えておく事も必要です。 黙ったままでは失礼にあたります。 アラビア語を話せなくとも、英語なら大概理解してもらえます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/21 00:17
古きよき時代の町並みに魅せられてー千葉県香取市佐原
 利根の川風袂に入れて月に竿差す高瀬舟・・・昭和初期に一世を風靡した玉川勝太郎の浪曲が今でも聞こえるような町、それが千葉県香取市の佐原(さわら)です。佐原は古くから利根川水運の要として栄えた所で、現在でも小野川の両側には古い商家が多数残っています。この町が「小江戸」と呼ばれる所以です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/11 00:12
ワシャまだ元気じゃよ、と言いたげな東京タワーだが・・・
 久々に東京タワーを訪れてみました。久々といっても、私はまだ、展望台まで上がったことはありませんでした。 若かりし頃には今は廃業したタワーの下のボーリング場に足繁く通っていましたが、上にはいつでも行けるからと機会を逸していました。 2月21日の晴れたこの日、大展望台に上がってみました。来場の人はそこそこの人数です。じーさま、ばーさましかいないかと思いきや、外人サンや若い人たちが多いのは意外でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/01 00:18
きんめだいが豊漁だったー伊豆、稲取
  この頃スーパーでは海鮮品が高騰しています。魚のコーナーに行くと、アジなどの大衆魚の値段が特に高くなっています。 日本海の時化と大雪で休漁が原因だそうです。 仕方なく安い鮭の切り身など買って帰ることになります。そんな中、2月20日にケータイが鳴りました。 息子からです。今、伊豆の稲取に釣りに来ている。きんめだいが沢山釣れたよとの朗報が入りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/21 00:17
砂漠のゴルフ・・・オールバンカーのコースかと、お思いでしょうが
 およそ地球上にゴルフ場がある処に日本人あり、と言ってもおかしくありません。世界でこんなゴルフ好きな人種はいないのではないかと思います。たしかにリラックスしますよ、このスポーツは。仕事好きの我らにとって心の拠りどころです。 さて、ここはサウジアラビアの石油基地、灼熱の太陽と砂漠のほかには何も娯楽はありません。毎日の単調な辛い仕事が続くとやりきれません。そうだ、ゴルフをやろうじゃないか! ここで働く男たちは自分でゴルフコースを作ってしまいました。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/11 00:11
はしごをどんなに高く伸ばしても俺の頭まで届かないー実際に見たアラブの格言
 アラブ人は自尊心の高い民族です。自分の名誉を傷つけた者は決して許そうとはしない感受性の強い性格をもっています。私も会議の席である人の失敗を責め、彼に恥をかかせたとひどく恨まれ和解するまで長い時間がかかりました。『アッラーと羊と俺』しかない土地、それがアラビアだ、といわれています。 すなわち、常に自己の存在をアッピールしようとし、自分の利益のために万事が進まねば気がすまないようです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 18:35
石の五百羅漢さんー目黒の大円寺
 3年前には目黒の天恩山五百羅漢寺を訪れましたが、その後、同じ目黒の大円寺に石作りの羅漢群があると知って、ウオーキングの際に立ち寄ってみました。JR目黒駅西口を出て徒歩5分、急な行人坂を下ると目黒雅叙園の手前に大円寺があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/21 00:13
思い出せない・・・人の名、漢字、まいったな
 え〜と、あれ、あれ、それ、それ・・・。年かなあ、この頃ド忘れが多いようです。妻は私がこれを連発するたびに知らん顔、思い出すまで返事をしてくれません。意地悪だと怒ると貴方の頭の体操のためよと言葉が返ってきます。苦しいですよ、喉までそれが出掛かっているというのに。でもヒョんな事をきっかけに「わかったあ〜!」とホッとするものです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/11 00:08
辰年は我が家の陽だまりの中で・・・
 来年の事を言うと鬼が笑うと言いますが、去年の事を言うと・・・???誰も笑いませんね 確かに去年はなでしこジャパン以外はひどい事ばかりでした。今年の辰年はどうなるのでしょうか。わざわいを絶つ(辰)年となってほしいものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/01 00:05
舌を滑らすより足を滑らすほうが痛みは少ないー実際に見たアラブの格言
 なるほど、この格言はアラブのものというより、いまは日本の政治家に献上したいものと言ったほうがよさそうです。 不用意な失言は一生付きまといますが、滑って転んで怪我をしてもすぐ直りますから。 だが、転ぶのが嫌だと思っている昨今の永田町や霞ヶ関の御仁たちには残念ながらこの格言は「馬の耳に念仏」かもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/11 09:26
1円玉をおろそかにする者は・・・・?
 街をあるいていて道に1円硬貨が落ちていても、まず誰も気にとめません。でも、拾ってポケットに入れてしまうとドロボーになりますね。交番に届けてもお巡りさんも迷惑です。だから、私はコンビニなんかにある寄付金の箱にポイッ! なにか良いことをしたような気分になって、人のものをくすねたと言う気分にならないですむから不思議です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/21 00:14
小さい秋見つけた。―目黒の都立林試の森公園
 猛暑のあと、今年も秋は遅々として訪れませんでした。 立冬を明日に控え我が家の窓から見える小さなはぜの木の紅葉、ようやく東京も秋の気配が感ぜられます。サトウハチローの詩、「小さい秋見つけた」を思い起こしました。日頃の出不精で体も重い、そこで今日は目黒の都立林試の森公園に秋を探しに出かける事にしました。ここは名前が示すとおり明治33年から昭和52年まで林業試験所でした。平成に入り整備され、4年に公園として開園したところです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/11 09:19
いくら伸ばしても犬の尻尾は曲がっている-実際に見たアラブの格言
 イスラム世界では犬は嫌われています。ここ、サウディアラビアでは猫はともかくも、犬を飼うアラブの家庭を見た事がありません。 もっとも、遊牧民のベドウィンはヒツジの放牧のために飼ってはいますが、可哀相にどうも差別されているようです。ベドウィンのテントに招かれた時も、大声で追い払われた薄汚れたワン公はテントの脇でじっとうずくまったままでした。  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/01 09:32
俺のギターたち
 思えば私とギターとの付き合いはかれこれ50年にもなります。学生時代はハワイアンバンドを組んでスティ-ルギターを担当していました。 その中で見よう見まねで仲間のギターを弾いてみたのが私とギターのなれ初めです。誰も教えてくれなかったので教則本を見ながらなんとか弾けるようになりました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/21 18:03
つい見過ごしてしまう月下美人の花
 月下美人 その花言葉は「はかない美」。名の通り、夜に咲き翌日の朝にはもう、つぼんでそれで終りです。だから、つい開花を見過ごす事が多いのです。月下美人と和名が付けられていますが元々はメキシコ原産でのサボテン科の植物です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/11 00:06
今日はうちで、明日はお宅でー実際に見たアラブの格言
 砂漠で生きる民は皆の協力がなければ生きていけないでしょう。相互扶助の精神です。手を貸してほしいと頼まれれば、喜んで協力してくれます。明日はわが身ですからね。私も砂漠の道で車が故障してしまった時、何人もの人が着物がよごれるのを嫌がらず押しだしてくれました。遊牧民のテントを訪ねたときは、けして裕福とは思えない彼らが羊を2頭も屠って歓待してくれました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/01 10:08
長く使えた家電、すぐダメになった家電製品
 今回はこの製品が良いとか悪いとかというレポートではありません。我が家の家電製品がどれ位の耐久性があったか・・・ということです。しかし、ひとつ壊れると、立て続けに他の家電製品がおかしくなる・・・これって不思議ですね。ところでお宅の家電は何年使えましたか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/11 00:26
言葉だけで満足するヤツは馬鹿だー実際に見たアラブの格言
 中東で勤務していた頃の私の仕事は現場なので、残念なことに大小さまざまな事故が起こります。いろいろと防止策を練ってはいますが、なかなかうまくいきません。そういう事故が起こるたびに、言い訳がましい報告書を政府に提出しなければなりません。アラブのスタッフを現場に送り事故の調査させるのですが、うっかりしているとそれがとんだ作り事で後からきついお目玉をちょうだいすることになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/01 09:37
ここまで進歩した3D映画の魅力
 ハリーポッターと死の秘宝パート2を観に行きました。 このシリーズ最終作は3D(Three Dimensions=3次元)で製作されています。 昔、この手の映画は立体映画とか飛び出す映画とかいわれていました。 しかし、ものが飛び出すだけの際物扱いでシネマスコープなどに押されすぐ廃れてしまいました。 最近ではコンピューターを駆使した撮影技術を加味して何本もの作品が封切られるようになりました。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/01 00:30
今年もタイタンビカスの花が咲いた-夏の我が家の園芸
 7月12日 我が家のささやかな屋上庭園に購入してから3年目のタイタンビカスの大柄な花が咲き始めました。  パールホワイトとピンク。 残念ながら、ブライトレッドはついに茎が伸びてきませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/21 09:52
信用すべきは人であり、組織ではない-実際に見たアラブの格言
 アラブ社会に長年暮らしていると大変でしょうと友人から口々に言われます。たしかに40年前にはそう感じました。便利すぎる東京にくらべ、あれもないこれもない生活では帯同の家族の苦労も大変だったと思います。その後、私もご多聞にもれず花の単身赴任、身軽になったことは事実ですが、1991年の湾岸戦以降は中東も経済や社会のグローバル化、ボーダーレス化が進み、どこに住んでいようと変わらなくなったと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/11 00:02
目方で勝負!アラビアの釣りコンペ
  かつて、私はサウジアラビアの東部州のカフジという町の石油会社に駐在していました。砂漠の国といっても、目の前には青いアラビア湾(ペルシャ湾)、そこには多数の魚が生息しています。世の中には釣りを趣味とする人はどこにでもいますが、この会社にもおきまりの釣りクラブがあり毎年2回暑さが遠のく4月と11月にコンペが行われていました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/21 09:50
砂漠には時間がない、ただ、昼と夜があるのみー実際に見たアラブの格言
 日本人のビジネスマンを悩ますのがいわゆるアラビアン・タイムでしょう。実際、アラブ人と約束していて時間が守られたことは、まれであったと記憶しています。30分は許せるとしても1時間、2時間の遅刻は許せません。会合の際、アラブ人達は三々五々集まってきて、全員が揃うまでお茶を飲みながら談笑しゆうゆうと待っています。好奇心もあって、あるアラブの友人に「なぜ、時間を守らないのか」を聞きました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/01 00:39
バナナの皮で滑って転んだヤツは本当にいたのかな?
 私が生まれて初めて食べたバナナはたしか小学校2年生の頃だったと記憶しています。 それまで、バナナは絵本でしか見た事がなく、 黄色くて曲がっているくらいのもの、南洋の果物くらいの認識程度でした。 ましてや、どんな味なのかわかりませんでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/05/21 11:46
燃えた巨人・阪神戦、見たぞ!5月3日の虎の猛打三連発
 思えば巨人・阪神戦を見たのはいつだったか? 憶えていない位の昔の話です。 その頃、後楽園球場では燃えましたね。 今日は、東日本大震災のあとの3連戦、久しぶりに水道橋の駅を降りたち東京ドームに向いました。 実を言うと東京ドームを訪れるのは初めてです。 周りの景色が変わっているのでとまどいました。 なにせ、1988年(昭和63年)東京ドームが開場したあともまったく来ていなかったわけですから・・・。ドームの前は昔と変わらぬ野球ファンの人の波 これに揉まれながら入場しました。 ワクワクしますね〜 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/11 00:12
ハナダイの押し寿司を作ってみました。
 息子が釣りから戻ってきました。今回はハナダイです。 形は小さいが、美味な魚の一つです。 身が柔らかいので、今回は押し寿司を作ってみました。アイスボックスを開いてみると15cm〜22cmの生きの良いハナダイが詰まっています。 まず、小型は酢漬け、押し寿司用は中型、 20cm以上は刺身、焼き物や煮物用に分けます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/01 10:54
子供には何も教えなくともよい、人生が教えてくれるからー実際に見たアラブの格言 
 アラブの友人に招かれてその自宅へ行くと、その大邸宅(日本人の目から見て)の部屋数の多さには驚かされます。まず、塀の門を開けると玄関は2つ、男性用と女性用、客間はこれもまた男女に分かれていますが、私の案内されたのは勿論、男性用です。 イスラームの大家族の家は当然この広さがあるわけです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/21 10:54
ソニー通りは今・・・2011年4月
ソニー通り。 昭和生まれの私たちにとって懐かしい言葉です。旧ソニー本社があった品川から五反田に向かう道路の御殿山付近を指す言葉でした。戦後まもない頃、ここに東京通信工業という会社がありました。木造平屋の社屋から、近代的ビルに建て替わったのを今でも憶えています。いまでは世界に名だたるソニーです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/11 10:03
初めて食べたエスカルゴの味は?
 エスカルゴはフランスではカタツムリのこと、へえぇ〜でんでん虫をねえ〜、フランス人は悪食家なんだなあ。 そういう日本人もナマコとかキモイもの食べてるじゃんバルジャン。 そうダジャレを言われてしまいますね。 それぞれの食文化はそれぞれの国のもの、とやかく言うことは無いでしょう。 おそるおそる食べたエスカルゴ、すっかりハマってしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/01 11:01
大地震!スーパーの食料棚から電池・パン・米が消えたー東京にて
3月11日 (金)  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/21 11:31
金のない男は病人と同じ、皆逃げてゆくー実際に見たアラブの格言
 アラブのスーク〔市場〕の一角にはかならず金細工の店が軒を連ねています。かつて私が勤務していたサウディ・アラビアでもその例にもれません。アバーヤ姿の女性たちが群がって品定めしている様子がいつも見られました。女性は多くの金細工を身に着けています。歩くたびに黒いアバーヤ姿の下では重い金細工が音をたてています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/11 11:11
春だ! まずはひな祭りかな?
 なにせ暖かい日や寒い日が交互にやって来た今年の冬、梅の花も満開、春一番の突風も吹き、ようやく春めいて来ましたね。明後日はひな祭りです。それにしても・・・ハハハ、ハックション! ティッシュペーパー大量消費の季節も一緒にやってきました。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/01 08:51
頬の蝿をたたくな、ただ痛いだけだー実際に見たアラブの格言
 私が中東で勤務していた時、その国の政府の検査官がやってきました。所定の公式検査が終わり、書類にサインを求めたところ、言を左右にしてやってくれません。何かこちらに不備があったのかと訊ねてもなしのつぶて、困ってしまいました。オフィスに戻り思案にくれていますと、部下のアブドラが聞きつけてやってきました。彼は私に言いました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/21 00:13
江戸の玄関口―大木戸あたりをぶらり・・・
 国道15号の泉岳寺付近に石垣が一寸残っている気になる場所があります。何とそれは江戸時代の玄関であった大木戸跡です。 ここからは江戸の郊外、東海道を旅する人はここを出て品川宿が一番目の宿場です。いつもこの場所は車で素通りしてしまいますが、今日はじっくりと探訪してみることにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/01 10:51
物事はいつもナイフで刻んで置かないと役にたたなくなるー実際に見たアラブの格言  
 ある日、私のオフィスに部下のハルビー〔仮名)がやってきました。ちょうど、毎年の勤務評定の時期でもあったので、私には彼の用件が何であるかピンときました。これは長話になるぞと、まずオフィスのボーイにシャイ〔お茶〕を入れさせ彼にすすめながら要求なるものを聞くことにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/21 10:59
お午のドンー正午の時刻を知らせた号砲
 東京の小金井市にある都立小金井公園の江戸東京たてもの園。そこには当時のままの状態で保存されている青銅砲があります。「どん」といえば、東京では午砲のことです。明治から大正にかけてお昼を知らせる合図でこの国産の青銅砲の空砲は当時の市民からこよなく親しまれた音です。私が若い頃に会社では土曜日のことを半ドンといっていました。 午後は休みだったからです。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/11 10:47
2011年の卯年を迎えて
 新年おめでとう御座います。坂本龍馬が話題になる年は景気が良くなるといわれていましたが、 昨年の寅年はこのジンクスは見事に外れてしまいました。やはり龍虎相打つ、だったからなのでしょうか? 今年はウサギのように景気もピョンピョン跳ね上がって欲しいものです。 ウサギは山を駆け上がるのは得意で、下るのは不得手とか・・・。 経済にはうってつけですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/01/01 00:04
散歩がてらクリスマスの街を・・・
 クリスマスも真近か、ライトアップされた丸の内、銀座方面を妻と二人で歩いてみました。 今日は寒い!それでも、街中は人であふれかえっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/21 10:04
知り合いがいない所に行ったら何をしても構わないー実際に見たアラブの格言
 私たちは旅行の際には何かウキウキした気分になって、つい羽目をはずすことがしばしばあります。すなわち、旅の恥はかき捨てというわけです。アラブ社会でも、国外に出た場合にこういうことをする旅人が多いようです。自国では禁止されている厳しいイスラムの戒律をロンドンやパリの街角では守らない人を見受け、本当にいいのかなと思ってしまいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/11 00:10
「千と千尋の神隠し」のアニメイメージの建物を見つけた!
  晩秋の小金井公園を散策しました。 ここには「江戸東京たてもの園」があります。ここは墨田区の江戸東京博物館の分館です。中には江戸時代の八王子千人同心の家や農家、明治の高橋是清邸、大正の田園調布の家、昭和の三井八郎衛門邸や、青銅砲、都電の車輌など、色々な展示物がならんでいます。 ここで、意外な建物に出会いました。 宮崎駿監督のアニメ映画、2001年に製作され大ヒットした「千と千尋の神隠し」でイメージモデルの一つとされる建物があったのです。 園内で出会った人から教わりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/12/01 12:04
砂漠の悲劇の多くはおしゃべりの口から生まれるー実際に見たアラブの格言
 ある日の朝、私の部のアラブ人スタッフが集まってなにやらひそひそ話をしていました。仕事の手を休めてさぼっているな、あとで注意してやろうと私は自分の部屋で執務をしていたところ一人の部下がやってきました。彼は悲しげな顔でしゃべりはじめました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/21 10:53
国会周辺ぶらり散歩
 毎日のニュースで必ずと言ってよいほど放映される場所、それは国会議事堂です。永田町の周辺は議員さんたちが侃々諤々の議論に明け暮れている議事堂内部とちがって、広い道路の向かい側には、色々な見所があることに気がつきました。今日は秋晴れの天気に恵まれ、ぶらりと散策してみました。 ついでに新しくなった議員会館も見学する事が出来ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/11 00:04
我が家にあった謎の幕末写真
 お彼岸が過ぎ、仏壇の掃除をかねて祖父たちの写真の整理をしていると思いがけない写真が出てきました。 和紙に包まれたそれは幕末の武士達の写真のコピーです。 私が小さい頃、父から「これは俺の母の父親だから、お前のひい爺さんだ」 と聞かされていたことを思い出しました。しかし、どの人物が曾祖父なのか憶えていません。親戚から貰ったというだけですから果たして本物の曾祖父なのか定かではありませんが・・・。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/21 00:18
彼女の悪口を言う男がいたら、その男がその娘を愛していると思えー実際に見たアラブの格言
 私たちはよく人前で言いますね。彼女はまったく気が利かない・・・私の愚妻は・・・あいつは天然ボケだよ・・・とか。しかし、彼女を見下したり悪口を言っているわけではありません。本当は愛し合っている恋人や小まめに家事をこなしてくれている愛妻をあえてそう表現するのです。 謙遜という言葉に乗っかった男の見栄と照れ隠しなのですよ。     えへへ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/11 00:27
椎の実を拾ったー待ってたよ、秋!
  今年は猛暑続き、太平洋高気圧が居座ってなかなか秋の気配が感ぜられませんでしたが、彼岸を過ぎる頃ようやく平年並みの気温になりました。 その中で台風12号が接近、本州をかすめ去りました。  あ〜秋だなぁ ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/01 10:00
男子厨房に入らずだと?・・・てやんでぃ!
 今は料理ブーム、男性の一人暮らしが多くなったせいかTVや雑誌では男の料理が紹介されています。 草食系の献立でしょうか。 それとも、おふくろさんの味が恋しいのでしょうか。 実は私も以前から台所に出入りしています。 母が作ってくれていた味には及びませんので、全く新しい味を開拓して女房に披露しているわけです。 「おいしい!」といわれるのは年に1回から数回、それでも満足です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/21 10:03
良い出来事は神のおかげ、悪い事はすべてお前らのせいだー実際に見たアラブの格言
 私たち日本人は良い事が起これば、それをしてくれた人に感謝をし悪い事が起これば何か祟りでもあるのか、と気にします。イスラムを信仰する人々は良い事が起これば、人より先にまずアッラーに感謝を捧げますが、それは彼の深い信仰心を表わしているといってもよいでしょう。すなわち、神がその人をして良い行いをなさしめた、ということです。これはキリスト教でも同じようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/11 10:19
ドンと鳴った花火だ!音と色彩の祭典
ドンと鳴った花火だ綺麗だな♪空いっぱいに広がった〜  子供の時良く歌った童謡です。その頃は江の島の花火を茅ヶ崎の海岸近くの祖母の家からわくわくしながら見ていたものでした。この歌を姉や従兄弟たちと大輪の花火が上がるたびに歌っていました。 そばにはブタの形の容器に入れた蚊取り線香が置かれ、花火が終ったあと、今度はその火種を使って線香花火です。懐かしい夏休みの思い出です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/01 00:06
毎日の辛い水撒き、でもぼけ防止になるようです−我が家の園芸夏の陣
 我が家の屋上でささやかな植栽を始めたのは10数年前のこと、年々植物の数が増えてきました。 現在は100鉢以上、これ以上増やすまいと心に決めて必要な防虫剤や肥料だけを園芸店に買いに行きますと、つい可憐な花々の誘惑に負けてしまいます。 今年の猛暑、陽射しの強い屋上ですから毎日の水撒きが大変です。 それも朝と夕方。それも1時間ずつ。 うへ〜え参ったな、も〜。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/11 10:30
物の値段は交渉できめるべきであるー実際に見たアラブの格言
 アラビアの市場(スーク)の喧騒は築地のそれと変わりません。 売り手と買い手とのやりとりは, あらゆる理屈をならべたて大袈裟な身振りを交え、まるで喧嘩をしているようです。 しかし、彼らは駆け引きを楽しんでいるのです。 たとえ値段の折り合いがつかなくとも、十分楽しんだ後だからあとくされはありません。 そういう日常の生活の一部を見ると我ら日本人には奇異な感じを受けます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/21 11:01
今年の七夕、もしかして天の川もゲリラ豪雨で氾濫か? 
 7月に入り6日になってようやく一番蝉の声が聞こえました。 予報では梅雨明けは遅れるとのこと、今年の七夕の日も曇っていて天の川は見ることが出来ませんでした。梅雨とはしとしとと降る小雨を連想しますが、最近は各地で土砂降りの雨が頻繁に起こっています。 それもバケツの水をひっくり返したような豪雨とライオンが吠えているような雷の凄さです。温暖化が進んだのか、肉食系女子が増えたからなのか(?)どうか判りませんが、なんとも季節の潤いが感じられませんね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/07 22:24
新聞はもはや報道の使命を終えたのか
 この頃、新聞記事の内容をよく読まなくなりました。 眼が悪くなってきたせいもありますが、朝届けられる新聞を開くと中身はもう知ってるニュースばかりです。昨夜のうちにテレビやインターネットで詳しく報道されてしまったからです。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 00:11
久々に梅酒を作ってみました。
 世田谷の姉から庭の梅の実が沢山とれたので要りますか?と電話がかかってきました。 我が家で果実酒を作らなくなってから20数年たちますが、懐かしい思いもあり久々に梅酒を仕込んでみようと貰いに行きました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 28 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/21 10:01
神の言葉と砂嵐には逆らえないー実際に見たアラブの格言
 私が仕事で暮らしていたサウディアラビアでは砂嵐が激しい季節はは5月から7月ごろです。日本でも中国の奥地から飛来する黄砂は年々激しくなるようです。 今年も春分の日には各地で視界の悪さや、洗濯物や車のボンネットに積もった黄砂で苦情を言う人の映像がテレビで流されていました。私が経験した砂嵐に較べれば、これくらいはたいしたこと無いと思ってしまいますが、実は、赴任した当時はちょっとした砂嵐でも悩まされたものでした。 そのうちに途轍もない砂嵐にあって少々のことは諦めてしまいましたが。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/11 13:14
「静かな湖畔」のカッコウは米国では蜘蛛の歌だった
 私たちが小さい頃よく歌った「静かな湖畔」私もこの歌は子供の頃に音楽の授業や、ハイキングなどで歩いている時によく歌いました。ノリの良い旋律と歌詞、それに輪唱が出来るからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/01 10:08
屋上庭園の春―レイアウトを変えてみました。我が家の園芸
 花の彩りは人の心を和ませるものですが、今は田園や山に行き自然を愛でる機会も少なくなりました。 都会の中の我が家の小さな庭園の美、四季の花はそれでもほっとさせてくれます。15年前から屋上でいろいろな植物を育てています。 今年は3月からの気紛れな花冷えの気候が続き、その影響でこれらの植物たちは大分ダメージを受けました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/05/21 00:20
羽の色が同じ鳥は群がりたがるー実際に見たアラブの格言
 現在のアラブ諸国の国境線はかつての欧米の列強が自分の思惑で勝手に国境線を引いたもの、しかし、中身は同じ言語を有する民族です。だから、国という意識の元では意見が中々まとまらないのが現状かとも思います。こうしたアラブの社会では同じ部族や大家族だけでしっかりとまとまっているようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/11 08:43
端午の節句がやってきた
 風薫る五月、端午の節句がやってきました。私が生まれて以来、いくどとなく我が家に飾ってきた五月人形、毎年その時期になると今年はどの場所に飾ろうかと、楽しみな行事のひとつとなっています。寝る前に入る菖蒲湯も欠かせません。 「ゆるりと浸かっていても勝負(菖蒲)湯とはこはいかに」 こころは「和やかでも戦闘(銭湯)と言うがごとし」 毎年このころになると、この謎かけを思い出します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/05/01 09:44
寺と坂と下町と・・・谷中(東京・日暮里)を歩く
 古い下町の面影が眼に残る町、谷中。 その地名は江戸時代以前からあり、上野台と本郷台に挟まれた谷間を意味します。 お花見をかねてこの町を散策してみました。 散歩マップを見ると方々に観光スポットがあります。 これを全部見るには3日間はかかりそう、そこでJR西日暮里からJR日暮里に至る「これぞ見るべき」という場所だけを順番にめぐる事にしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/21 00:07
花見だよ!町歩きー谷中の桜
 桜の名所は数あれども、いずれも劣らぬ染井吉野の艶姿。 4月1日の花冷えも和らいだこの日、開花情報はほぼ満開の予想です。東京都の荒川区と台東区にまたがった寺と坂の町、谷中の桜を探訪する事にしました。 JR西日暮里駅を下車、地図を片手に出発します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 00:07
江戸に居たぜよ坂本龍馬
 NHKの大河ドラマ坂本龍馬伝で、また龍馬が脚光を浴びています。義経に対する判官贔屓もそうですが、悲劇に終わる人物をどうして日本人は好きなんでしょうね。 不況の現在、景気の回復に向かってみんな懸命の努力を続けています。激動の幕末の世相もそうでした。 苦しんだあと明るい未来がやってきます。 そうした時代の龍馬の生き様が人々の心に響くのでしょう。 聞いた話ですが、龍馬ブームのあとは景気が急速に戻るのだそうですから今回もそうなるよう期待しています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/01 15:32
神を信ぜよ。だが、駱駝はしっかりつなぎ止めておけー実際に見たアラブの格言
  サウディアラビアの酷暑の夏が過ぎました。気候の良い冬から春にかけてアラブの人々は広大な砂漠の中にテントを張ります。男たちは夕方からお茶を飲んだり水煙草をくゆらせながらおしゃべりを楽しんでいます。話題も普段と違ったリラックスしたものになり私たち外国人にも興味をそそる話が出てきます。いわば、テントの中は情報交換の場ともいえましょう。ここでも話の中にたびたび格言が織り込まれます。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/21 13:15
散歩がてら春の日差しの芝公園
 今年は3月に入って暖かい日寒い日と交互にやってきます。そんな中の3月3日は春うらら、所用で浜松町に来ました。 丁度、梅の花の見ごろ、用事をすませた後、芝増上寺の脇にある芝公園を訪ねてみました。増上寺の向かい方、国道15号日比谷通りの道沿いにある芝公園の一部に入ります。公園というより自然路ですね。 コンクリートの歩道を外れ、靴の底に柔らかな土の感触が心を和ませます。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/11 00:19
恥と共に生きるなら、名誉と共に死ぬほうがましであるー実際に見たアラブの格言
 アラブ人の自尊心の強さは行動もさることながら日常の会話の中でもよく見られます。彼らは自分たちの伝統と習慣を大切にしますから、それが外れた場合、日本人が当たり前と思っている事でも自尊心を傷つけられたと怒り出してしまいます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/11 00:47
三浦半島は古代の東海道だった?―逗子長柄桜山古墳群ハイキング
 神奈川県三浦半島は、古事記と日本書紀に記された日本武尊(ヤマトタケルノミコト)と弟橘媛(オトタチバナヒメ)の古代ロマンがちらほら見え隠れしているところである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/01 00:28
初めて座布団を投げたぞ!大相撲初場所観戦記
 1月16日、7日目の大相撲を観戦しました。 千代大海が引退、前日までは白鵬がただ一人全勝、朝青龍以下7人が一敗でこれを追っている今日の一番一番の勝負です。 国技館に着いたのは2時半、十両前半の取り組みが始まっています。 まだ早いな。、そこで、国技館の中を探訪することにしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/21 10:44
やっと火災警報器を取り付けました-あれっ?これ何かに似ているぞ、あっ、UFOだ!
 2010年4月1日から各家庭に火災警報器の設置が義務付けられる事になっています。 前々から言われていましたが、面倒なのでそのまま放っていましたが、年も変わったのでインターネットで買い求め各部屋に取り付けました。 どこにつけようか?散々迷いました。   よくよく見ればこの器具、なにやらに似ていませんか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/11 00:21
孫の手は介助ロボットの元祖かな?
 背中が痒い。 残念!手が届かない、もう年かなあ。若いころは背中のどこでも掻けたのに・・・。そうだ、孫の手があったはずだ。押入れの中だっけ、先祖伝来とまではいかぬがオヤジが使っていたものがあるはずだ。  ない・・・! 背中が早くしろと急き立てています。参ったな、私にはまだ孫がいないから掻いてもらうわけには行きません。椅子の背もたれに痒いところを押し付けて動かします。駄目だ! カイイ〜! 見かねた妻が言います。  「私のお母さんから貰った孫の手がありますよ」  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/01 00:04
歴代の南極観測船はどうなっている?
 2009年12月15日新造の南極観測船New「しらせ」が南極定着氷に着岸し、昭和基地への物資の輸送がはじまりました。 今まで活躍してきた初代の{しらせ}はどうなったのでしょうか。解体されスクラップにされてしまうのかと危ぶまれていましたが、ようやくその行き先が決まりました。 購入者は気象情報会社のウェザーニュース(東京)です。千葉港に係留され南極観測や地球環境への理解を深める施設として公開されるそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/21 00:28
言葉は雲、行動は雨―実際に見たアラブの格言
 サウディアラビアのジッダで大洪水が起りました。 丁度イスラム教徒には大切な行事のハッジ(巡礼)の月なので、世界中からメッカに信徒が集まっていました。 ジッダはその玄関口に当たります。 乾燥した砂漠の国に洪水だとマスコミは一斉に報じています。たしかに1日に100ミリを越す集中豪雨は異常ですが、サウディアラビアではこの時期は雨のシーズンで各地に洪水が起るのは珍しくありません。 20ミリの雨でも砂漠の中のワジ(涸河)では濁流となってしまいます。 しかし、一年の大半がからからに乾いたこの地ではむしろ雨... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/11 00:20
変だぞ?師走に朝顔が咲いた-我が家の園芸
 今年の春に蒔いたヘブンリィ・ブルー(西洋朝顔)、夏のあいだの涼しげなブルーの花を期待していましたが全く咲きませんでした。11月になって葉も黄ばんできたので今年はもうお終いかとあきらめていました。 ところがよく見ると蕾がついています。処分をせず見守っていたところ・・・あれれ、11月20日になってから、次々に咲き始めました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/01 11:14
みなかみ たくみの里―素朴な里人とのふれあい
 11月5日(木)、妻と私は越後湯沢から国道17号線をドライブして苗場に一泊。 その翌日も暖かな日和であった。晩秋の苗場はスキーシーズン前とあって閑散としている。白樺の葉も落ちて一層寂しげな風景だ。 もう紅葉はここより下の山間で見るよりしかないのだろう。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/21 00:18
紅葉を求めてー越後湯沢
  11月5日(木)、国境の長いトンネルを車で抜けると・・・そこは雪国ではなかった。数日前に雪が降ったのだが今日の気温は10月中旬の暖かさ、私たちは雪を求めてここに来たのではない、晩秋の紅葉を愛でるため夫婦二人で、ドライブをかねて越後湯沢にやって来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/11 00:34
女房が隣人と喧嘩している間に亭主は女房と仲直りー実際に見たアラブの格言
 これは世界中どこにでもあることですね、ことさらの説明をする必要はないでしょう。自分にむけられた非難が他に転嫁できるのですから、そういう時には積極的に奥さんの応援をしましょう。 次の話はアラビアで起ったことです。私の喧嘩相手のA氏がある人と喧嘩している時、私はA氏に肩入れをしました。すると・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/01 00:11
東京スカイツリー建設現場を訪ねて
 東京タワーにかわるテレビ塔が東京都墨田区押上に建設中です。 10月20日、関係者のご好意で建設現場を見学することができました。 東京スカイツリー、完成時には634メートルとなって東京タワーの約2倍の高さとなります。  第一展望台は350メートルでレストランなどで東京の景色を見ながら食事が楽しめます。 450メートルの第二展望台はガラス張りの空中回廊で、天気の良い日は75キロ先まで一望できるのだそうです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/21 15:17
雑草かと思っていたら・・・我が家の園芸
 我が家のささやかな屋上庭園。数年前にバラや蘇鉄の鉢に見慣れない草が生えてきました。雑草かと何のためらいも無く引き抜いて捨てていましたが、また翌年生えてきます。昨年は室内のインテリアぐらいにはなるだろうと鉢植えにしました。夏を過ぎ、部屋の中で伸び過ぎたそれを屋上に出して置きっぱなし、秋には処分して残骸を片隅にポイと捨てました。ところが・・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/11 09:51
モンセラート(スペイン)の思い出ー黒いマリア
 バルセロナからカタルーニャ公営鉄道で一時間、モンセラート(Aeri de Monserrat)に着く。 そこで見上げる奇岩の数々、その中腹の教会には黒いマリア像がある。 スペインの教会で見られる普通のマリア像は、うす紫のきらびやかな衣装を着て幼子イエスを抱いている。だが、ここのマリアは黒い地味な像だ。なぜこれが人々の深い信仰に結びつくのだろうか。黒いマリア像「La Morene」 は1881年カタロニア州の守護聖人となっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/01 14:05
明日の用意は明日やれば良い−実際に見たアラブの格言
 以前、アラビアのIBMという言葉が中東で勤務している日本人駐在員に流行っていました。   インシャラーの I (神のお召しのままに) ボクラの B (明日また) マーリシュの M (気にするな) です。  そろそろ仕事が終わったかと見に行くと全然進んでいません。 何時仕上がるのだ、と言うと 「ボクラ:明日だ」 明日には出来上がるのだね、と念を押すと 「インシャラー:神様のお召しのままに」 無責任じゃないかと怒り出すと、 「明日のことは明日考えれば良いのだ、マーリッシュ:気にするな」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/21 11:55
隅田川旅情―Tokyo Cruise
  浅草からの帰路は水上バスでJR浜松町に近い日の出桟橋まで行く事としました。列島改造時代の隅田川はヘドロの臭いに満ちていました。いまでは水質も良くなり,すがすがしい川風、両岸の緑やペーブメントも整備されて混雑する陸上とは、まったくの別世界です。パリのセーヌ川やロンドンのテムズ川の同様のクルーズでは、両岸のさまざまな歴史的建造物を望見することができますが、残念ながら東京は歴史的なものはわずかしかありません。それでも川から見る東京の裏側の姿も中々のものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/11 00:17
昔の沢庵の味はどこへ行った
 しょっぱくて歯ごたえ十分、しわくちゃで見た目は悪い沢庵ですが、子供のころはこれでご飯を何杯もお代わりしてしまいました。 いま時の沢庵は甘く、まっ黄色に着色され、ご飯にも染まってしまいます。田舎沢庵も今はいろいろな調味料が加えられ柔らかな歯ごたえで、昔のものとはなにか印象が違います。昔の沢庵の味はどこに行ったのでしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/01 00:44
争いの仲裁人はいつも大損をする-実際に見たアラブの格言
 なるほど、この格言は古今東西を問わず、歴史が証明しているのではないでしょうか。いつも仲裁人はどちら側からも恨まれてしまいます。中東和平がなかなか実現しないのも、どの国も嫌がって二の足を踏むからです。やむなく仲裁する場合でも相手に恨まれることがないよう、うやむやにして、これといった手が打てないからだと思います。  さて、これは私のアラブ生活での出来事です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/21 00:05
直径22cm!タイタンビカスの花が咲いたー 我が家の園芸
 タイタンビカス? そりゃ一体なに? 実は私も初めて見た植物です。 叶ヤ塚植物園が品種開発し夏から秋にかけて大輪の花が毎日のように咲く、という宿根草の珍しい種類です。 さっそく、購入して育ててみることにしました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 7

2009/08/11 13:11
永田町の夏、今年の蝉の声は・・・
 7月5日に今年の一番蝉が鳴きました。椎の古木から聞こえる鳴き声は、か細いにいにい蝉です。、途切れ途切れの声はまだリハーサル中なのかもしれません。7月16日になって、みんみん蝉も加わりました。しかし、蝉の声は全部でまだ5匹くらい、大合唱団とまでいきません。思うに年々東京の蝉は少なくなっていくようです。 総選挙がせまっています。 宣伝カーからの候補者の名前の連呼で今年の蝉の声はかき消されてしまうのでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/01 00:11
ぶらり浅草―裏通りの顔、下町の粋
 浅草寺をお参りしほおづき市を見たあと、浅草の裏側を散策します。表のほおづき市とちがって、本堂の裏手、五重塔の脇の道にはいろいろな食べ物の屋台が並び違った下町の風情が感ぜられます。 言問(こととい)通りに向かいます。 ここは観音裏といわれているところです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/21 00:38
ぶらり浅草―表通りの顔 ほおづき市の日に
 最近、浅草の下町情緒が脚光を浴びています。外人観光客にも人気が高いようです。 7月9〜10日はほおづき市、その活気を求めて出かけてみました。今日は、江戸の面影を残す浅草の裏どおりまで脚を延ばすことにしました。 表通り、裏通りの2回に分けてお届けします。 まずは表の浅草の顔から・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/11 00:43
親切心はしばしば人の怒りを買うー実際に見たアラブの格言
 イスラム社会で暮らしていると、なんとまあ、多くの鍵が必要だと気がつくでしょう。 自室、車、オフィス、机、ロッカー、クラブハウス… 数えただけでも7つ8つ持っている人はざらです。上着を着ている時はともかくも、暑い夏の真っ盛りではズボンに入れたキイ・ホルダーが汗でビシャビシャになってしまいます。それに財布とIDカード、どうしてもポシェットが必要になってきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/01 01:23
ふくろうは幸せを呼ぶ鳥、知恵の鳥
 フクロウは語呂あわせで、不苦労、福籠、福路、福老とお目出度い意味が込められています。 何となく親近感のある鳥、我が家ではふくろうのコレクションをしています。旅に出た先々でふくろうグッズが店先に置かれていると、つい財布の紐がゆるんでしまうのが常です。 いまでは、我が家の至るところにそれらの置物が並んでいるわけですが、一体いくつあるのでしょうか。一つ一つ手にとってみました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/21 19:42
今朝もまた、スズ子とチュン太がやってきた
 朝食をとっていると、申し合わせたようにすずめが二羽、ベランダにやってきます。盛んに花鉢の中をつついています。 おかしいな、中には何もないはずなのに。枯れた葉もムシも丹念に取り去っているからです。 それでも毎日やってきます。いつの日か、この二羽のすずめに名前をつけました。 スズ子とチュン太。どちらが雄か雌かわかりません。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/11 00:35
カラスが勝手に啼いている
 カラスほど皆に嫌われている鳥はいないでしょう。 ホラー映画では何か怖いことが起こる時には、カア〜!羽ばたく音・・・。すると墓場の地面からゾンビがむくむく出てきたり、深い霧の沼地から妖怪が現われたりして、まったく禄なことはありません。 まあ、ホラーを盛り上げるかっこうの名脇役といえましょう。 啼くのはカラスの勝手ですが、私たちの生活には困った厄介ものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/01 00:20
アラビアの砂漠はアラビアのらくだで渡れー実際に見たアラブの格言
 長年、暑い砂漠の国で暮らしていると、ちょっとした距離でも車で移動するので運動不足になりがちです。脚の筋肉が衰えたのか膝痛がひどく病院で治療をうける羽目になりました。当地はイスラム社会、町では女性の顔を見る事はめったにありません。 病院で働いているエジプト人やシリア人の看護師サンは、当地のご婦人のような黒いベールのかわりに白いスカーフをかぶっているだけです。彼女たちの美しい笑顔をあてにして整形外科に行きました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/21 00:13
春の花々―我が家の園芸
 桜の季節も過ぎ、我が家の屋上庭園の花々も満開。すでに散り始めたものもあります。この頃、だんだんと庭の手入れが面倒になり、放りっぱなしの植物が多いのですが、春の日差しをあびていつのまにか青々と成長しています。とりあえず、写真で記録に残しておきます。さて、遅ればせながらハイポネックスでもやりますか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/11 00:24
あなたはハンコ派 サイン派のどちらですか
 昔、「太陽がいっぱい」というフランス映画がありました。アラン・ドロン演じる主人公の貧乏青年が金持ちの友人を殺し、彼になりすました青年が大きなガラスのパネルにその友人のサインをまねるため、何度もなぞり書きする場面がありました。全編に流れる美しいテーマ音楽とともに,大金を得た青年がニースの海岸でデッキチェアーの上で陽の光を浴びながら「ああ、太陽がいっぱい!」とつぶやきます。うしろに刑事たちがせまっているのも知らずに・・・。そのラストシーンが印象的でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/21 00:13
嫌な奴には手にキスをしろ。そして・・・−実際に見たアラブの格言
 アラブ諸国で勤務していると、電話で済ますような用件でも直接その人に会って話した方が、仕事がはかどるようです。相手が私のオフィスにくることもあれば、相手を訪ねなければならないこともしばしばです。アラブでは仕事の話に入る前にまず、シャイ(お茶)を飲みながら長々と雑談を交わします。 ご多分にもれず、よもやま話の内容は人の悪口にもおよびます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/11 01:16
花と日本人の感受性ー桜の季節がやってきた
  花と人間、世界中どこでも花の咲く季節にはフェスティバル(お祭り)が催されます。花の彩りは人の心をリラックスさせる要素をもっているようです。しかし、国をあげて花に熱狂する民族は日本人しかいないのではないのでしょうか。春、夏、秋、冬、日本の多様な季節の折々に咲く花々。 その中でもぱっと咲いてぱっと散る桜、その潔さは日本人の心を掴んでしまったようです。山高神代桜、臥龍桜、薄墨桜 三春滝桜など、桜の樹の名前は全国にいくつあるんでしょうね。 樹齢千年を越すものも多いとのことです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/01 11:44
煎餅は、生涯「私の口の友」
 煎餅、この言葉を聴いただけでも色々なせんべいを思い浮かべます。海苔、胡麻、揚げ、骨煎餅や、かきのたね かっぱえびせん・・・もう止められません。一体、日本各地には何百種類の煎餅が存在しているのでしょうか。子供の頃おやつには「これ」でした。私の母は煎餅は甘くないから子供たちは虫歯にならないとでも思っていたのでしょうか。 バアさまのところにお使いにいくと、お駄賃は幾つかの飴玉と一緒に煎餅が紙にくるまれていました。それは砂糖をまぶしたヤツでした。 えへへ・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/21 11:16
俺の名誉は俺の髯で守る −実際に見たアラブの格言
 たしかにアラブの男性は髯を蓄えるのが大好きです。 あるアラブ人が東京の理髪店で髯をあたってもらいましたが、髯なんて剃るもんだと思っている日本の床屋さんにあれこれ注文をつけても、うまく手入れが出来ません。 満足する形にならないないので、彼はカンカンに怒ってしまいました。床屋さんには同情しますが、髯には彼の名誉がかかっていますからね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/01 00:05
おおとり神社ー目黒散策 (その4)
 五百羅漢寺ー目黒不動ー昆陽のお墓を巡ったあと、道を戻って7分、大鳥(おおとり)神社に着きました。昔から「目黒のおとりさま」で人々に親しまれてきた神社です。 浅草の鷲(おおとり)神社とならんで有名です。  毎年11月の酉の市に人でごったがえすここも、平日の午後は閑散としています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/21 00:06
さつま芋の青木昆陽ー目黒散策(その3)
 目黒不動の境内にある案内板にしたがって、大本堂の裏手にあるさつま芋で有名な青木昆陽先生のお墓をお参りしました。  道のりの長いこと・・・お寺の外に出てしまいました。そこには何も見当たりません。 半信半疑で細い道を200メートル行くと ようやく一群の墓が見えてきました。 高台の見晴らしの良い場所です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/02/11 00:21
目黒不動ー目黒散策(その2)
 五百羅漢寺を出て、右手の細い道を上がってゆくと目黒不動に行き着きます。ここは泰叡山瀧泉寺という天台宗のお寺で不動明王を本尊とする関東最古の不動霊場です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/01 15:49
五百羅漢寺ー目黒散策(その1)
 目黒といえば 落語で面白おかしく語る「目黒のさんま」が有名です。 だが、ちょっと足をのばすと、そこには歴史上の色々な見所があります。 今日は散策方々、そのいくつかを訪ねてみました。4回シリーズでお届けします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/21 00:10
意味がわからない若者言葉? だが、これでよいのだ。
 当節の中学、高校生たちの使う言葉 「ヤスる」「セパる」「ペシャむ」どんな意味かさっぱりわかりません。 テレビでも新聞でも取り上げられて大のオトナが真面目顔で解説しています。しかし、当の若者たちはそれを流行らそうとして意図的にしゃべっているわけではありません。自分とその仲間だけがわかる言葉、周りの人々がキョトンとして見ている。そこに自分たちだけの世界(存在)があるから、かっこいいのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/11 13:02
ひどい子年が終わったが・・・丑年よ、お前もか
 ねずみ年は富を増やす、との言い伝えは、まったくでたらめであることが判りました。たしかに昨年中の景気はひどかった。世界中のねずみが絡んで来るとその仕組みは複雑怪奇、何もかも食い散らかして共食いも始まってしまいました。 こんな不逞なねずみどもは今年中に一匹のこらず駆除してしまいたいものです。  しかし、世間にウロウロしている頭の黒いねずみどもにはどんな殺鼠剤も効かないでしょうねえ・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/01 01:21
忠臣蔵の足跡を辿って
 芝の泉岳寺は浅野家の菩提寺、ここは浅野内匠頭と赤穂義士の「忠臣蔵」で有名です。毎年12月14日になると義士祭が行われます。義士祭は泉岳寺だけでなく、赤穂義士たちが討ち入った本所松坂町の吉良邸跡、 浅野家の地元播州赤穂でも行われています。   その義士祭の日の今年は雨でした。寒いですねえ。したがって今年は泉岳寺へ行くことは止め、家の中で今まで訪れた東京都内の忠臣蔵ゆかりの地をまとめて見ることにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/21 00:13
なつめ椰子が大きくなったー我が家の園芸
 モロッコの市場でおみやげに買ってきたデーツ(なつめ椰子)をためしに蒔いたのは 2006年5月の事でした。 部屋の観葉植物ベンジャミンの鉢に食べたあとの種子を、冗談のつもりで、いく粒も突き刺しておいたところ芽が出てきました。 驚いた事にほぼ100%の発芽率です。鉢の家主のベンジャミンさんが迷惑そうなので、我がもの顔の居候たちを立ち退かせました。そのうちの何本かは根を傷めないよう掘り起こし、植木鉢に移植して育ててきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/11 00:22
またレトロな建物が消えてゆくー京品ホテル
 JR品川駅前、明治―大正―昭和―平成と時代の世相を見守ってきた京品ホテルが営業を終えました。 突然のこととて、従業員たちは抗議の声を上げています。1871年(明治4年)に旅館として開業。その後、1930年(昭和5年)に現在のホテルの建物が建築されました。戦災にも耐え、現在に至るまでレトロな建物にファンも多く人気をあつめていました。この10月20日 経営者の京品実業(株)は経営難を理由に廃業し従業員の解雇とホテル売却を宣言しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/01 00:10
ふわふわの綿が収穫できたー我が家の園芸
 棉と綿、一体どう違うのだろう?  前者は棉の木や実の意味であり、後者は棉から種子が取り除かれ「棉打ち」されて初めて糸偏の「綿」となるようです。。4月末、私の妻が友人から棉の実を貰ってきました。 ふ〜ん棉はこんな格好をしているのか。テレビでは棉を摘む画像を何回も見ましたが手に取って見るのははじめてです。     ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/21 00:09
三浦半島、森戸川の秘境を往く
 逗子に住む友人のO氏からメールがきた。 秋の森戸川を散策しませんか、との誘いである。  はて、森戸と言ったら湘南の夏、森戸海岸の海水浴としか頭に浮かばない。 早速、地図で調べてみた。 森戸川は海に注いでいるからその源流を発する山があるはずだ。 三浦半島の二子山山系、そこにはいくつものハイキングコースがあることがわかった。 今回友人がプランを立てたのは、逗子駅からバスで長柄交差点を降りたところを基点とする森戸川林道のコースである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/11 00:43
軍艦の艦橋をモデルにした消防署があった!
 東京の港区高輪2丁目にはユニークな消防署の建物があります。「高輪消防署二本榎出張所」です。 この3階建ての建物の望楼は、日露戦争の日本海海戦で旗艦となった「三笠」の艦橋をモデルとして昭和8年12月に落成しました。当時は周囲に高い建物がなく、東京湾が一望のもとに見渡せたといいます。 ですから、「海を行く軍艦」「岸壁上の灯台」ともいわれていたようです。 今では、隣の高輪警察署や周囲の高層マンションに埋没していますが、 まだ、堂々とした構えです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/21 00:20
たかがワイン、されどワイン
  「そろそろ、おとどけの時期ですね」  ワインの販売代理店から電話がかかってきました。  この代理店の人はソムリエの資格をもっていますから、これぞという銘柄を奨めてくれます。フランス、ドイツ、スペイン、イタリーなどEU諸国のものから、オーストラリア、米国カリフォルニア、チリなどさまざまです。 12本まとめ買いをします。でも、彼はそう高価なものは奨めないし、私も買いません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/11 11:54
沙漠の泉に住む魚
 沙漠の中に湧き出る泉、それは一般にはオアシスと呼ばれている所である。 周りはナツメヤシの林、駱駝に乗って旅をするキャラバンの憩いの場所―というのがわたし達が頭に浮かべるイメージである。 1998年にわたし達が訪れたのはサウジアラビアの東部地方のカフジという町から35kmほど内陸部の沙漠に入った「アイン・アル・アブド」という名の泉だ。「黒い水」あるいは「奴隷の泉」という意味である。 名の由来は、硫黄臭がきつく塩分が濃くて飲めるものではない劣悪な水質だからだ。 したがって、泉のまわりにはやしの林も... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/01 11:04
キリシタン灯篭が神社にあった!一体なぜ?
 品川駅西口を出て国道15号線を渡って左側、すぐそばの品川プリンスホテルの脇に小さな神社があります。その名は高山稲荷神社。回りの高いビルに囲まれひっそりと佇んでいるので見過ごしてしまいそうですが、もともとは500年前に建立されたものです。 ここで、意外な灯篭を見つけました。「おしゃもじさま」 縁結びの神様として祀られています。もとは切支丹灯篭で、一説には品川で処刑された外国人宣教師を供養するために建てられ、海中より拾われたとも言われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/21 00:28
あまりの暑さに空に逃げたアサガオの花
 まだ、残暑が続きますねえ。 私は園芸が趣味ですから毎日の植物たちへの水やりは欠かせません。でも、こうムシムシした暑さが続くとやり切れませんよ。  曇りの日には手を抜く事もあります。 翌日、花や葉っぱがぐたっとしおれているのを見ると可哀相ですが、勘弁してもらっています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/11 00:16
我が家の園芸ー夏の陣
 今年も猛暑続き、いや〜あ暑い! 人間さまは自分で水を飲みにいきますが、植物たちは喉(根)が渇いても歩いて行けません。たまりませんね。 と、いうわけで毎日夕方には水撒き、かんかん照りでぐったりとなった植物たちは生き返ったようになります。 一方、本人は小一時間の水撒き作業でぐったりですよ。シャワーのあとのビールが待ちどおしい。 こちらも生き返ります。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 00:30
シェ〜の世界を振り返って見て (一ファンとして赤塚不二夫氏を悼む)
 おそ松くん、天才バカボンなどその作品に強烈な個性を持つキャラクターを登場させた赤塚不二夫氏が亡くなりました。このマンガが世の中に登場した1962年には私はもう社会人、もうマンガを読む年ではありませんでした。  にもかかわらず、 なぜ、彼の作品を読みふけったかといえば、当時の庶民が持ってい感情がギャグとともに強烈に私の心に作用したからです。 サラリーマンとして日々のうっ憤が累積する中、イヤミ氏の「シェ〜」や猫のニャロメはそれを吹き飛ばしてくれたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/10 21:38
こんなに魚を食べちゃって、皆さんごめん!
 7月13日の日曜日、二男からケータイ電話がかかってきました。 「まぐろ(きめじ)が沢山釣れた」 「えっ!漁船は燃料の高騰で一斉休業じゃないの?」 それは来週に行われるそうで、次はいつ行けるか判らないからと相模湾の沖の瀬の大物釣りに挑んだといいます。このところ我が家の食卓には魚の献立が少なくなっていますから、これは大朗報です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/01 00:33
信濃路、小布施・・・北斎・一茶のゆかりの地を訪ねて 
 渋温泉に1泊したあと、「栗と北斎と花」の町、小布施にむかう。 湯田中から特急、しゃれた流線型の車体だ。最後尾の座席に陣取る。左右の展望が開けそこから山麓とりんご畑がゆっくりと遠ざかって行く。 小布施駅で下車。今日は平日、お客もまばらだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/21 00:25
信濃路、湯けむり・・・ローカル線の気楽旅
 6月30日、梅雨晴れの合間を利用して妻と姉の3人でドライブ方々小さな旅に出た。今回は時間を気にせずにゆっくりと信濃路の旅情を楽しむことが目的である。軽井沢に一泊。翌日から旅のはじまりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/07/11 00:21
役に立たなくなった地球儀
 アフリカが脚光を浴びています。5月、横浜市でアフリカ開発会議(TICAD)が開催されました。。アフリカ大陸には多数の独立国が存在しますが、その多くは自立できていません。国民は飢餓と内戦にあえいでいます。 政治的思惑をはずし純粋な気持ちでこれらの国を支援することは急務といえましょう。  しかし、単なる援助の垂れ流しでは「新銀行東京」の二の舞になってしまいます。 技術移転や民間の投資とともに彼らの活性化を引き出す事が大切でしょう。 それはさておき・・・福田総理は40人の諸国の首脳と会談をしました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 11:06
大気汚染の中に暮らした記録ークウェイトの油田火災
 北極と南極の氷、世界の氷河が溶け始めた。地球温暖化がいたるところで進行している。増加するCO2や各種酸化物による地球環境の変化は海面の上昇、旱魃、巨大化するサイクロン、ハリケーン、台風をもたらし、これらの大災害のニュースは毎日のように新聞紙上を賑わしている。 思うに、この原因のほとんどが人類のエゴによるものだ。 かつて、アラブの一人の独裁者が自己の栄光を夢見て起した恐るべき環境破壊、油田の大火災もその一つだ。 私はそれを現実として目の前に見せつけられた。 私の人生の中で最も過酷な思い出の一つで... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/01 11:36
江戸の面影―両国の街を歩く
 1659年(万治2年)2年前の明暦の大火の後、武蔵国と下総国をむすぶ橋が幕府によって架けられ、江戸の街は墨田川をはさんで東側に拡大していきました。「大橋」と名付けられたこの橋は二つの国を結ぶので、通称、両国橋と呼ばれ「両国」の名の由来となっています。この場所は北側が本所、南側が深川とよばれていた江戸の新住宅地でもありました。今では大相撲の「国技館」の所在地として皆に知られています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 13:15
横浜元町そぞろ歩き
 大型連休が始まった4月28日、人でごった返す行楽地は避けて横浜の元町に、散歩がてら家族と共に食事に出かけました。 11時30分、京浜東北線の石川町で下車、元町を目指します。よい春日和です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/01 00:04
行き過ぎた文明―人間は単なる受信機になってしまうのか
 世の中を見渡すとあれもこれも便利になりましたね。19世紀フランスの作家ジュール・ベルヌの小説の海底2万マイルや月世界旅行、当時、夢物語であった奇想天外の話は今やほとんど実現しているのではないでしょうか。 しかし、人間の本性そのものはどうでしょうか、むしろ退化の一歩を辿っているように思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/21 00:32
ザビエルの城ースペイン・バスクの旅
 スペインのバスク地方、ここにフランシスコ・ザビエルが生まれた城がある。 ここはスペイン旅行で私がどうしても訪れたかった場所である。今ではジェットでひとっ飛びの旅行ではあるが、交通機関の発達していない16世紀にザビエルがどのようにして遠い日本の鹿児島にたどり着いたのか、実感したかったからである。 わたし達夫婦のバスクの旅とともに、ザビエルの航跡を追ってみる事にする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/11 11:48
ところ変われば意味が違ってくる指サイン
 私たちはよく指を使ってそのポーズで相手に意を伝えます。アメリカ人の親指を立てるサム・アップはO.Kの合図, 私のブログ名のハングルースは「気楽にいこうや」、ハワイでは「アロハ〜」の挨拶です。テレビのCMでもやっていますね。しかし、世界ではこれらの指サインは、私達が思っている意味とは違う場合があります。侮辱されたと誤解をまねく事にもなりかねません。外国旅行では気をつけねばなりませんネ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/01 00:11
お気に入りの皿ほどよく割れる
 永年愛用していた皿がまた割れました。 あと、4枚しか残っていません。ルクセンブルグのメーカーのアカプルコ。 この皿との出会いは、私たち一家が30年前にサウジアラビアに赴任していた時のことです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/11 00:11
消えてゆくソニーの旧本社ビル
 ソニー創業の地とも言うべき東京都品川区の御殿山エリア。その旧本社ビルの取り壊しが始まりました。 永年見続けてきたこの建物の跡地は複合大型開発でオフィス、ショッピングセンターやマンションになるとのことです。ソニー本社はすでにJR品川駅のノッポビル群に移っています。 周囲の昔の面影はどんどん薄れていき、寂しいような気持ちです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/11 11:33
アラビアに冬がやってきた!
 一年のうちほとんどが40℃を越すサウジアラビア、ここは東部州のアラビア湾に面したカフジという町です。そこでは11月初めになると雷が鳴り出し、ポツリと雨が降り始めます。短い秋が終わり冬のシーズンがやってきました。気温はぐんぐんと下がり、一月には6℃になることもあります。もっとも、昼間は15℃ですから日本の3月、といった感じです。この期間はどしゃぶりの雨も降り、セーターやコートは勿論、部屋ではヒーターで暖をとらねばなりません。日本からコタツをもってきたのは正解でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 00:04
ねずみ年が回ってきたよ
 子年がまわってきました。この年はねずみ算式に財産がふえるとか・・・ところが原油や穀物の高騰、今年の私たちの生活はどうなるのでしょうか。一方、地球温暖化には歯止めがかかりません。議論ばかりに終始して、その対策は後回し。このまま温暖化が進むと人類は恐竜と同じ運命をたどるかもしれませんねえ。 ある科学者の説によると環境破壊により地球の酸素が足りなくなると、最後に生き残るのは「ねずみ」と「ゴキブリ」らしいのです。                                           ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/11 11:38
元旦に富士登山だ! 品川神社のミニチュア富士
  2008年、おめでとうございます。お屠蘇で祝ってお雑煮と重箱のおせち料理。 どこかのテレビ局のお笑い番組のスタジオの笑い声を聞きながら届いた年賀状の仕分け。それが済むと分厚い新聞を広げ、広告や年賀で埋め尽くされた中からニュースを探し出し拾い読みします。今年も寝正月か、ア〜ああ。あいかわらず、あくびだけは元気良く出ます。 しかしこのままでは、三が日でメタボの進行は目に見えています。と言っても、繁華街の人ごみの中にはあまり出たくありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 16:10
愛称、あだ名は人気のバロメーター
 人は生まれても自分で好きな名を選べるわけではありません。その名も成長するにつれ周りの人たちが愛称で呼ぶようになります。ター君、愛ちゃん。ケン坊等々・・・。本人の交際範囲が広まってくると、友達同士では苗字を略して、コバとかナベとか呼ぶようになります。 鈴木とか山田などの姓が仲間内に多いと、スズマサ、ヤマタクなど。また、その人の容貌とか仕草で付けられるあだ名も多いですね。そのうちに妻にはオトーサンとかパパと言われ、孫にはオジーチャンと呼ばれ、その人の名は愛称やあだ名と共に一生を終え、難解な戒名だけ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/01 15:19
東京の街並みはこれで良いのか
 日本の秋は美しい。毎年、山の紅葉は自然の美を私たちに楽しませてくれます。植物たちは芸術的感覚を心得ていますね。そして、人間が作った街並みの美、京都などの古都、飛騨の高山、白川郷の合掌造りもまた私たちの眼を楽しませてくれます。それは自然美との融合です。しかし、現代の都市を見る限り、そこには自然の景観への配慮がまったく感じ取れません。今年は夏から急に冬の季節、秋はどこに行ってしまったのでしょうか。自然との調和を欠いた人間の愚かな行為に見切りをつけて去ってしまったかのようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/11/11 00:02
どう見ても庖丁研ぎオタクかな〜あ
 今の庖丁は良く切れますね。 しかし、使っているうちに切れ味が鈍り砥石が必要となってきます。 昔は砥ぎ屋さんが御用聞きに来ましたよ。 家の門のところで何丁もの庖丁、そうそう、鎌なんかも砥いでくれました。 私は飽きずに最後まで見とれていました。 母から預かった代金を手渡さねばならなかったのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/01 00:15
郵政民営始まる。一体、どう便利になったの?
 10月1日、130年間以上も国が携わってきた郵便事業が民営となりました。さて、どう変ったのか、 この日手紙をポストには入れず、わざわざJP郵便局の窓口に出しました。 応対した局員(いや、もう社員)はにこやかに受付けてくれました。 まあ、サービスは普段と変りません。 局員の応対や業務サービスの良し悪しはともかく、民営となったからには、当然営利が優先されるのでしょう。したがって、採算の取れないサービス事業は切り捨てられて行くのでしょうか。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 01:13
ようやく秋!とりあえず虫の声
 本当に暑かったこの夏も終わりになりました。 やれやれ疲れたな! 私が小学生だった頃、夏休みの日記にはせいぜい31℃が最高記録で、35℃以上の猛暑日なんかありませんでしたよ。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/10/01 15:05
一日に3度楽しめる酔芙蓉の花
  9月〜10月が開花時だと専門書にありましたが、我が家の今年の酔芙蓉の花は8月一杯で終わってしまいました。芙蓉の花言葉は「しとやかな恋人」です。なるほど、このたとえは当を得ていますね。見ていて飽きが来ません。この美しい恋人の顔は朝は純白、昼は淡いピンク、夕方は紅色に変わり、まるでお酒に酔っ払っている様なのでこの名前が付いたそうです。 彼女を密着取材してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/11 11:40
出たぞ! 対ゴキブリ日本戦、サウジ戦
 また出た! 長い付き合いだが歓迎されぬ来訪者。 今日のヤツは攻撃的です。長い髯をふるわせ、こちらに向ってきます。 途端、羽を広げブーンと天井の照明に止まりました。よし、こ奴め、イタイ目にあわせてやる。いつものように新聞紙を丸めます。 残念、空振り。 ゴキブリは床にとびおり、戸棚の隅に隠れてしまいました。若い頃は百発百中だったのに、もう年だな。徹底して探しても、あれ?その姿は消えてしまった。まったく腹がたつヤツです。  3億年前からこの地球に暮らしているゴキブリ、人類よりずっと先輩だから威張る... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/01 13:11
アラビアの海で貝を拾おう!
  かつて私が仕事のため家族と永年住んでいた所は、サウディアラビア王国のアラビア湾側のカフジという町でした。沙漠の国といいながら、海岸沿いのこの町の人口は約4万人、会社の社宅の前には青い海が広がっています。 ここは、私が子供の頃、夏休みに良く貝拾いをやった神奈川県の湘南の海岸に似ています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/11 11:10
江戸のキリシタン屋敷跡を訪ねて
 フランシスコ・ザビエルが日本を訪れたのは天文18年(1549年)でした。以来、キリスト教は来日した宣教師たちによって日本各地で布教され、キリシタン大名、天正遣欧少年使節団、支倉常長等の渡航、キリシタンの迫害などが私たちの知るところとなっています。キリスト教はその当時の日本の統治者たちにとって、貿易に利用できる半面、デウスを頂点とするその教義が広まることは彼等にとって危険なものでもあったのです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/01 00:56
蚊取り線香のけむりと猫の頭
 アッ! 蚊がいる! 今年も蚊の季節となりました。貴方が網戸もしないで、窓を開けるからよ! 妻に怒られ、あわててベープを探します。無いぞ、器具は見つかりましたが肝心のマットもリキッドもありません。 まいったな、なおも引き出しの奥を探ると、数年前戸外でバーベキュウをやった時の古い蚊取り線香が出てきました。昔から見慣れた「金鳥の渦巻き」です。もう期限切れで効果がないのでは、と思いつつもライターで火をつけました。昔はそれをブタの形の容器に入れたものですが、今は家にはありません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/21 13:10
わが家の園芸ーこの夏、何か変だぞ?
 5月末、昨年収穫したヘヴンリィ・ブルー(西洋あさがお)の種子をまきました。双葉を出した苗を、例年のとおり夏の日差しを遮ろうと柵をつくり、プランターに植え付けました。  さて、月もかわり、蔓も伸び蕾もつけました。だが、おかしいぞ? 蔓が延びてくるとそこには昨年はなかった、イガイガが付いているのが目に付きます。   摩訶不思議・・・?   葉はまぎれもなくヘヴンリィ・ブルーなのに。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/11 10:05
マッチ箱は昔のCMだった
 カラ梅雨だというのに押入れからいろいろなガラクタを取り出して虫干ししていると、思わぬ珍品にぶつかります。古びた茶色のスクラップ・ブック、昔、私の親父が集めたマッチ箱のラベルのコレクションでした。 ほかはそっちのけにして、しばし見入ることになりました。  テレビも民間のラジオ放送も無い時代、当時の家庭で必需品のマッチは広告・宣伝の格好の媒体だったのでしょう。 ネオンやポスターと違って動く広告として家庭に持ち込まれ、家族全員のみならず、来客も手にとって見るからです。 お茶の間で見るCMはテレビと... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/01 11:54
古都鎌倉―花の散歩道
 6月7日、JR横須賀線の北鎌倉駅を降りた。時計は既に午前10時を過ぎている。ちょっと遅い出足だったかな。 平日だというのに、多くの行楽客がいる。 若いカップル、中高年の夫婦、おしゃべりひっきりなしの女性グループ。それぞれの散策プランがあるのだろう、ガイドブックを片手に思い思いの場所に散ってゆく。私たち夫婦も同じ。今日は古都の花を愛でようと、まず、ここから徒歩3分の東慶寺をめざす。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/11 00:19
挿し木で増えたよー我が家の園芸
 古くなった家を建て替えたので、庭は全く無くなってしまいました。私の次の望みは緑の復活です。そこで、屋上で園芸を始めました。植栽、といっても草花の苗を買ってきて、プランターに植えるくらいのもの、しかし、年が経つに連れその数は増してきました。 狭いスペースだから、大きくなりすぎた植物は剪定せざるを得ません。五月、つるバラの花が咲き終わると、古い枝は切ってしまいます。しかし、もったいないナ。15cm程度に切った枝を何本もプランターに挿して日陰に置いておきます。 秋には根付いた苗を堆肥とともに植木鉢に... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/06/01 00:28
なぜ、日本人の舌に合わなければ和食とよべないのか
 農水省では海外日本食レストラン認定事業を進めています。 和食はこうあるべし、と日本人の味覚を押し付けるので海外では「スシポリス」と揶揄され評判が良くないようです。  カルフォルニア・ロールの寿司ですら、今や日本人の舌に取り入れられています。 北京の寿司チェーン店では、チョコレート巻きやメロンなどが載ったフルーツ寿司が若者達に人気だといいます。 食の味はその場所や時代に応じて変化していくものではないのですか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/21 14:45
清正公大祭ーそぞろ歩き
 爽やかな5月4日、緑の日は汗ばむような陽気でした。今日は東京都港区白金の清正公前で行われている恒例の「清正公大祭」に妻と出かけました。 地元では清正公(せいしょうこう)と呼ばれていますが、加藤清正公が祀られているこのお寺は、正しくは最正山覚林寺という日蓮宗のお寺です。寛永8年(1631年)可観院日延上人によって、開山されたものです。上人は朝鮮出兵の際、加藤清正が連れてきた王族の連枝の一人です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/11 00:25
アナログかデジタルか
 私の腕時計は自動巻きアナログです。もう、40年使っています。 いままで何度もオーバーホールに出しました。 修理のあいだ不便なので、安いデジタル腕時計を買いました。軽いし、デザインも良い。しかし、私にはデジタルの数字の表示はどうもなじめませんでした。結局、その後は机の中に入れっぱなし、そのうち電池も切れましたが新しく入れ替える気にもなりません。もう一つ予備の自動巻きアナログ時計を買う事になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/01 16:55
楽しきかな、果実酒のラベル作り
 私が結婚し、永年住みなれた我が家から引っ越す事になりました。 私のものはガラクタばかりで、大半は捨ててゆくことにしました。 「これを持っていって」  母が手渡したのはひと瓶の梅酒です。1971年のことでした。   それから5年、戸棚の奥に忘れ去られたこの梅酒を、ふとしたことから見つけました。 しわくちゃな梅の実が入っているその瓶には、1964年とラベルが貼られていました。東京オリンピックの年です。そうすると、その時に遡ること、かれこれ12年です。ふたを開けると、芳醇な香りが漂ってき... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/01 20:58
春がきたよ!我が家の園芸
 春がやってきた!と思ったら、また大陸の方から寒気団の襲来、日本海がわや北海道は大雪、関東はからからの天気。また、ヒーターを入れてしまいました。我が家の植物群も寒そうにしていますよ。 お彼岸にきてようやく冬型の気圧配置が崩れ暖かくなりそうです。   昨年の12月頃には青々とした葉ばかりで「クリスマスにお呼びでなかった」4年目のポインセティアはようやくそれらしくなってきました。大遅刻して恥ずかしいのか赤くなっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/20 23:10
アラブの鷹匠
 サウディアラビアの沙漠、からからの大地、一年の大半が50℃を越す酷暑の地です。しかし、東部地方では毎年11月になると気温が下がり、沙漠にも雨が降ってきます。それは大地を潤し,荒れ野に緑が芽生えてくるのです。短いが、生き生きとした沙漠の春がやってきました。そこにはいろいろな生物が生息しています。昆虫、とかげ、ねずみ、鳥、うさぎ、きつね。  この時期になると、ここでは王族のみならず一般の人々の間では、これらの生物を狩る「鷹狩り」が盛んです。遊牧民であるベドウィン族は古くから「鷹匠」として有名で... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/11 10:49
台北―気まま旅
 台北の国立故宮博物院、80周年記念企画展「大観」が始まった。いままで公開されたことは無い北宋時代の書画と青磁が展示されている。これを機会に台湾を訪れることになった。勿論、美味い料理も魅力の一つだ。インターネットで旅行プランを検索した結果、台北を根城にして、気ままな旅をしたい私たちにとって願ったりのコースが見つかった。  これが今回のANA ハローツアーフリースタイル台北4日間、早速、6人のメンバーの予約を入れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 1

2007/02/15 22:33
台湾食彩 舞宇〜旅情
 台湾は美味い料理に満ちている。 島の形がさつま芋に似ているのは、そういう理由かもしれない。だから、ここに来て、普段食べ慣れている洋食、和食、また、四川や広東などの本格的な中華料理は抜きにしたいと思う。 そこで、なるべく台湾そのものの味を楽しむ事とした。 幸いにして、ツアー会社が選んだお店の食事はわれわれの要望を満たしてくれるものであった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/15 22:32
エッ!こんな急階段を馬で上がったのー芝 愛宕山
 寛永の三馬術のひとつ曲垣流の元祖は四国讃岐国、生駒家藩士の曲垣平九郎です。寛永11年(1634年)、時の三代将軍徳川家光公の見守る中、梅の花を献上するため芝は愛宕山の急階段を馬で駆け上ったと云います。 これは講談で聞いた話ですからウソか本当かわかりません。丁度、梅の見ごろの季節、真偽をたしかめるためこの愛宕山を訪ねてみました。    ことの発端は我が家の先祖伝来の品、桐箱に収められた三巻の馬術の巻物です。箱には麗々しく「鞍,鐙、轡 目利き書 三巻」と書かれています。私のじい様が当時馬術をや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/01 00:10
ハーシーズのチョコは私のお宝だった
 Hellow,G.I.! Give me chocolate ! 私が初めてしゃべった英会話かもしれない。  G.I.とは ”Government Issue” すなわち アメリカの兵士をさす略語である。ちなみに、女性兵士は“Wack”これも、その当時誰かが教えてくれた。もっとも、当時の女性兵士はツンとすましていて近寄りがたく、声などかけられなかったが・・・。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/21 12:02
温暖化というのに行き過ぎた住居の暖房
 昔は寒かった。がたぴし雨戸を揺する木枯らしの音も一層身にしみたものです。暖かい亀甲型の湯たんぽ、股火鉢、肩まですっぽりと包み込む、かい巻き。 これらは皆、先人の過酷な冬に対する生活の知恵なのです。私のオヤジはいつもきまって、らくだの下着、股引をはいた上、フラノのシャツ、部屋の中でも分厚いセーターを着ていました。 こたつに入っている子供たちを見ると、「コドモは外で遊んでいろ!」 と怒鳴りつけ、追い出されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/10 01:22
今年もまた、寝正月かな
「正月は死出の旅路の一里塚 目出度くもあり 目出度くもなし」 昔の人は、うまいことを詠んだものですね。 たしかに、人間生まれて、おめでとうの言葉で生まれ、誕生日でまた、おめでとう! お正月がきて、おめでとう!就職しておめでとう! 結婚しておめでとう! etc.! そのたびごとに一生に何回この言葉を 言ったり言われたりするでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/01/01 13:08
クリスマスと,ほうきに乗った魔女ベファーナの伝説
  今から2006年前、イエス・キリストがベツレヘムの馬小屋で誕生しました。 そのお祝いのため、東方の三博士が贈り物を携えベツレヘムに向けて旅をしていました。 途中、道に迷った彼らは 老女ベファーナの家を訪れました。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/07 01:08
我が家の園芸 冬支度
 11月半ばになると、咲き乱れていた我が家の花壇の花々も終わりをつげ、すっかり、寒々としてしまいました。 10年前から始めた園芸で植物の種類も年々増え、熱帯植物も育っています。温暖化とはいえ木枯らしが吹く季節ともなれば、これらの熱帯性植物は日本の冬は越せません。現に、毎年枯らしてしまうのが常です。  数年前、一坪のビニールハウスを購入しました。11月中頃に組み立て、翌年の5月に解体します。情けないことですが、この作業で腰や肩を痛め、病院通いをする羽目になります。それでも夏のあいだに、すくすく育... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/20 00:12
スコットランドの旅ーちょっとスリルな出来事
 スコットランドを妻と子供たち2人で旅行していた時だ。 一週間の予定でレンタカーでエディンバラを振り出しにセントアンドリュース、パースを見物。 ピットロッホリーを経由し、更に9号線を遡りハイランド地方のインバーネスに行く。ここで、ネス湖でネッシーを見物しようと立ち寄った。 その後、スカイ島を一巡し82号線で最終地のグラスゴーにむかう。途中幹線をそれ、山道の風光明媚な渓谷に差し掛かった時である。 前方の道に車の列が出来ている。 近づくと銃を担いだ迷彩服の兵隊が手を振って制止した。窓をあけると「ここ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/10 00:39
うなぎを食べて歯が欠けちゃったーうそみたいな本当の話
「相当硬いもの食べたんですね」  歯医者さんが 気の毒そうに言います。 「いえ、うなぎを食べてたんです」。 「エッ! うそでしょ、でも、歯が割れていますよ」  そういって、相当大きな歯のかけらを引っ張りだしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 14:02
さようなら、冥王星
 科学の名を借りて、冥王星はわい惑星に降格されました。  子供の頃から親しんだ冥王星が重箱の隅をつつくような議論の末、定義から外れているからと惑星群から除外されたことは、寂しい限りです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/08/26 13:54
たこの褌(ふんどし)ーどうやって締める?
 たこの足にどうやって褌(ふんどし)を締めたらよいか・・・、 考えてみても、出来るわけがないですね。  しかし、世の中にはどうするのか、わけの分らない事がどんどん進んで行ってしまうことがあります。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/01 00:25
礼文・利尻の旅
  うっとうしい梅雨を避けて、妻と二人で梅雨のない北海道は利尻・礼文へのハイキングを思い立った。1週間後の天気はまずまずの予報。インターネットで飛行機や宿の予約をおこなう。資料をあつめ、事前調査。山歩きの装備を取り揃える。 今が一番良い季節、シーズン中には礼文島3000人の島民のところに、観光客が3万人も押しかける、と言う。 8月のお盆を過ぎると、島は閑散としてしまうのだ。まずは、ロマンを求めて「花の浮島」といわれる、高原植物が咲き乱れる礼文島へ・・・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/01 00:35
手放せない耳かき棒
 小さい時、私は耳かきが大嫌いでした。 私の母は子供の耳を掃除するのが趣味なのか、週に一度は、「どれ、来てご覧」と耳かき棒を片手に呼びます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/19 22:31
純愛のチューリップの花
  昨年の11月末、園芸店からチューリップの球根を買ってきました。 早速、プランターに植え込み、添えられた花の写真を見ながら、翌年の春には美しい花が咲くだろうと期待していました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 16:45
チロルの山で脚を骨折!どうしよう ―苦労した旅行記―
 オーストリ-はチロル、雨上がりの山道。急坂を滑って転倒した。その途端にぶい音がした 痛さは感じないが足首が妙な格好をしている。 不安と絶望感。大分前の話だが、今、思い出してもぞっとする。 妻と幼い子供2人をつれて旅の途中に軽率なことをした、とまだ後悔しているが、海外旅行で二度とこの轍を踏まないための自戒として記録することとする。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/04 12:30
壁にかかった一枚の絵 ―阿蘭陀船ノ図ー
 NHKの大河ドラマ「功名が辻」が始まりました。時代劇は好きですから興味深く視ています。私の先祖もまた、具足を背負って青雲の志に燃える侍奉公、若き山内一豊とは同じ織田の家中でしたから「ヤア!」くらいの挨拶はかわしていたことでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/26 18:19
サウジアラビアの砂漠に降った雪ーウソみたいな本当の話
  雪はどんな音で降ってくるのでしょうか。 しんしんと、あるいは、こんこんと、でしょうか。冬山のブリザードは雪の悲鳴とも思えます。 記録的な積雪の新潟や秋田ではきっと、悪魔か地獄の鬼どものささやきだと、地元の皆さんは思っているかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/21 14:31
電車のなかで化粧をする女性たち
 keura 徒然想(S)氏のブログ、http://blog.keura.com/ 1月9日付けエッセイ 『煩わしい小動物(傍若無人の若い女性)』 を読みました。それについてコメントとも思いましたが、考えているうちに言いたい事が山ほど出てきましたので、私のブログでご紹介することにします。  まずは私の経験談から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/15 23:47
寒い冬、長火鉢に想う
 今季の冬は寒いですね。日本だけでなくヨーロッパにも寒気がおしよせています。逆に南半球のオーストラリアでは気温が44度の猛暑、カリフォルニアでは大洪水でワイン畑が水没してしまった、とニュースは伝えています。新潟や秋田など日本海側では毎日の雪おろしが大変、まあ、良く雪がふりますね。雪との戦い、本当にそのご苦労を察します。皆さん頑張ってください。 一方、太平洋側はカラカラ天気、ここにも大陸の寒気は押し寄せてきています。地球温暖化といいながらも、この寒さには耐えられず、暖房をきかせた部屋でぬくぬくと暮... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/06 18:50
所かわれども迷惑電話はつきまじ!アラビアの電話事情
 サウディアラビアの沙漠の中、360度見渡す限りの地平線です。ぎらつく頭の上の太陽、気温は50度を越えているでしょう。汗をかいてもすぐ蒸発してしまい、皮膚に塩の結晶が残ります。その中での仕事中、腰のケータイがなりました。なんと、東京の妻からの電話です。丁度この地で昼時、東京は午後6時になります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/26 15:48
イスラムの断食月の夜ー子供たちはー
昨今の新聞、テレビのニュースはイスラム過激派のテロで埋まっています。一部の狂信者によって、アラブ全体がテロリストであるような印象を受けますが、私が付き合っていたごく一般的なアラブの人々は平和を愛する人々ばかりです。このような誤解を解くため、私がかつて在留していたアラブ社会の経験談を一寸ご披露したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/26 12:26

トップへ | みんなの「日記」ブログ

こんにちは!ハングルース 日記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる