こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の北海道の旅―富良野、余市

<<   作成日時 : 2016/07/15 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月12日、札幌に着いた。今回はこの札幌を起点として北海道の各地を回る計画だ。本州では東京から近郊の行楽地に行こうとすれば交通のアクセスは行き当たりばったりで済む。しかし札幌からはそうは行かない。そこでガイドブックを吟味して翌日の13日は富良野・美瑛へのバス旅行、14日はJR函館本線を乗り継いで余市を訪れることとした。

富良野・美瑛

 6月13日朝、8時40分札幌駅前のバスターミナルを出発。ふらの・びえい四季物語コース(7200円)は最盛期では5〜6台で連なってゆくそうだが今日は2台。そぼふる小雨の中を出発した。 
画像 
 当節、乗客の三分の一は中国の人達だ。甲高いおしゃべりが気になるが、これは日本人のおばさんたちも同じ。感心したのは彼らが時間を守るということである。遅れて置いていかれると困るということもあるがガイドさんの指示にしたがってバスに戻る時間は日本人より早い。 昔、デンマークでバス旅行の際、きめられた時間を過ぎると戻らない人を置いてさっさと出発したのでびっくりしたが、大丈夫、日本ではガイドさんはいつも人数を数えているから心配ない。

 山道を走行中ガイドさんが「ほら、キタキツネがいますよ」という。残念ながら座席からは見えなかった。


画像

 最初は富良野郊外の六花亭。今日はぶどう園とかなたの大雪山系の山々は雨にあって眺めは良くない。秋のブドウの季節が訪れたならば大自然の絶景が眺望できるだろう。 ここのブルーベリーのソフトクリームが美味い(260円)。量が多いので二人で半分ずつでよかったかも・・・。

 昼食に予定された富良野の新プリンスホテル。北海道の特産品が食べられると思ったが、本州のホテルの食事と変わらない。ちょっと残念な気がした。

画像

 ホテルの脇のニングルテラス。ニングルとは作家の倉本聰氏の著書に登場する北海道に昔から住む15cmの妖精「森の知恵者」のことである。 20周年になるという。15軒のしゃれたログハウスではクラフトマンたちがニングルの気持ちになって、知恵を絞って作った種々の作品が販売されている。 森の中を散策しながら一軒一軒を見て回るのは時間を忘れるほど楽しいものだ。 必見の場所である。

画像

 お目当ての富良野のファームのラベンダー畑(左側上)はまだ時期が早く最盛期は7月上旬だ。まったく咲いていない。がっかりだ。温室でみたそれは十勝岳を望む広大な地に咲くものとはしょせん迫力に欠ける。 このファームはラベンダーオイル生産のために作られたという。7月下旬に収穫される。それでも、ハマナス、ポピーやサルビアなどが盛りで目を楽しませてくれている。

画像
画像


画像

 ペーブメントは北海道らしい風景。てくてく歩きで身体中の都会の塵がぬぐわれるようだ。

                                 


画像
画像
  次に向かったのは美瑛の四季彩の丘、あいにくと雨が本降りになってきた。 ここのお花畑もまだ時期ではない、いまいちの色彩。アルパカ牧場はそとから眺めるだけとした。



 札幌に戻ったのは午後の7時であった。


余市
  6月14日
札幌発  8時43分 函館本線小樽行き。この出発時刻に遅れるともう後の列車がない、急がなくっちゃ!
小樽着  9時28分  倶知安行きに乗り換え
小樽発  9時36分
余市着 10時00分

画像
画像
 まず、雨のなかニッカウヰスキー余市蒸留所を見学。 ガイド付きの案内は3日前に予約とのことだが受付にたのんだところ今日は空きがあり、もぐりこむことができた。モルトウィスキーの作り方を説明してもらう。

画像



画像




画像
画像


 銅製のポットスチル(蒸留器)ずらりとならんだ樽、ウィスキー博物館、それに愛妻のリタ夫人とともに過ごした住居。創業者の竹鶴政孝のウイスキー作りの夢の軌跡がよくわかった。
 ニッカの社名は太平洋戦争の最中ウイスキーが作れず、果実飲料の製造のため社名を変更し「大汁(株)」からニッカと名付けたという。

画像
画像
         竹鶴政孝とリタ夫人  右はご夫婦の住居

画像
画像

 ウィスキーのすべてが展示されている博物館は面白い。ガイドさんの説明のあと、もう一度見て回った。

 見学後は原酒の試飲はモルト、ブレンデッドウィスキーとリンゴ酒の3種類。いずれのグラスにもワン・フィンガー(約1cm)が注いである。 自家用車を運転して訪れた人たちは絶対飲んではいけない。その人たちにはウーロン茶などが用意されている。その人には申し訳ないがニッカの味比べを堪能した。

 見学時間は約70分、そろそろ昼時だ。

 そばの海産物のお店垣崎工房で待望のうに丼を注文。 4種類もあり、ばふんうには4500円、ちょっと高いな・・・次の値段のあかうに(むらさきうに)2460円(酢飯は50円増し)と海藻サラダ220円にしておこう。

                             

 雨の中、次の目的地、旧余市福原漁場へは駅前からタクシーでゆく。 (790円)



画像

画像


 福原漁場(ぎょば=と読む)は国の指定史跡となっておりニシンの豊漁が続いた明治時代に福原家が経営していたもので番屋と呼ばれる住居を中心とした蔵や加工施設などの建物群である。 漁期には多くの出稼ぎの漁夫たちもここで生活していた。運がよいことにちょうど地元婦人会の郷土歴史勉強会があり、参加させてもらえた。

画像  
画像
  ちなみにこの建物はNHKドラマのマッサンの撮影にも使われたそうである。 



 帰りは駅まで歩くつもりだったが雨はまだ降り続いている。さきほどのタクシーの運転手さんに連絡し、迎えに来てもらう。

 余市の見どころは、ほかにも旧余市運上家や余市宇宙記念館(初の日本人宇宙飛行士毛利 衛さんは余市出身である)などがあるが、列車の時間もあり駅に戻る。

画像
余市発  14時59分
小樽着  15時24分  エアポート160号に乗り換え
小樽発  15時30分  
新千歳着16時42分

新千歳空港発 17時30分 ANA
羽田着     18時05分



 時間通りスケジュールをこなしてこの北海道の旅を終了した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初夏の北海道の旅―富良野、余市  こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる