こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS シロギスのにぎり寿司を作ってみました

<<   作成日時 : 2015/06/15 09:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 友人からシロギスを釣ってきたのでとりにきてほしいとの電話がありました。 早速、今日の夕食となります。
なににしようか? 型が良いので久々に握り寿司を作ってみました。 美味し〜い!(妻の声)。まいう〜!(これは私) たちまち皿は空になってしまいました。 残ったキスは明日のテンプラです。骨せんべいも作りましょう。

画像



 思い出が頭を過ぎります。 35年前になるのでしょうか、私が寿司なんか食べられないサウジアラビアに家族ともども仕事で暮らしていた時、どうしてもお寿司が食べたいと子供たちと海岸でよく釣りに興じたものです。潮が満ちてくると、このアラビア湾の遠浅の海には岸辺の浮遊物を狙って魚たちが回遊ししてくるのです。 

 当時3歳と5歳の息子たち、ここで釣りを覚えました。 でも、リールを使ってそんなに遠くまで仕掛けを飛ばせませんね。 4〜5メートルがせいぜいです。 でも、波打際のここが釣り目のポイント。 次々と掛かってくるキスに必死で取り組んでいました。

画像
画像
 写真は当時釣ったもの、アラビアギスは学術的には別の種類だといいますが、姿は日本のキスと同じです。 にぎり寿司のお米はカルフォルニア米です。酢とワサビは日本からとりよせました。

 日本からおいでになるお客さんたちにはこれが最高のお・も・て・な・し。 実をいうと砂漠の国にはこれしかありませんからね。 お客も公式の晩餐はアラブの料理だけですから、寿司の歓待にはもう手放しで喜こんでいました。 




 その後、 2度目、3度目の単身赴任では浅草のかっぱ橋道具街で道具を取り揃え、現地の無聊を慰めるために駐在員たちと寿司屋のまねごとをするようになりました。 (当ブログ:砂漠の中で寿司食いねえー2013年11月11日掲載)を参照ください)

 キスは現地で一番多く握った寿司ではないでしょうか。 だから、今回も捌き方、握り方をしっかり記憶していました。 もう独立してしまった息子たち、それに家族たちにも食べさせてやりたいな。

 

   


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シロギスのにぎり寿司を作ってみました こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる