こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS ガダルカナル島の死闘記を読んで感じたこと

<<   作成日時 : 2015/04/15 08:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ここに一冊の本がある。もうぼろぼろで表紙もなくなっているものだが、太平洋戦争中に陸軍報道班員の森川賢司氏が執筆したガダナルカナル島死闘記「還らざる挺進隊」である。戦後、たしか私が中学生の頃、父の書斎の棚から出して読んだ覚えがある。両陛下がパラオ共和国のペリリュー島などの激戦地をご訪問され、戦没者を悼むと共に遺族の苦難をしのんだこの折に、もう一つの激戦地ガナルカナル島の出来事を読み返す事とした。

 西太平洋のソロモン諸島にあるガナルカナル島は太平洋戦争中の1942年(昭和17年)8月より日本軍と連合軍が激戦を繰り広げたところである。 しかし、のべ3万人の日本軍の兵力のほとんどがマラリアなどの伝染病や餓死寸前の状態で戦闘できるものは3割に満たなかったという。

 昭和18年8月30日に発行された本書に先立つこと6か月前、2月に日本軍はガダルカナルより撤退した。島から撤退できた兵士は約1万人、5000人が戦闘で10,000人以上が病死または餓死した無謀な戦いであった。

画像


 戦時中に出版されたこの本は、米軍基地に潜入し破壊工作を行う挺身隊、今でいう特殊部隊の出来事である。著者は任務を果たし帰還した中澤挺身隊、寺澤挺身隊の隊員たちより行動を取材し、続いて本題の還らざる大野挺身隊を記述している。

 勿論、戦時中の事であるから、文中は戦争の高揚の文字に満ちてはいるが、意外にも日本軍の戦況が不利に傾いている食糧不足の記述が随所に見られる。知りえた真実を記者が報道するのはあたりまえの事だが、 兵站は重要な情報、相手側には筒抜けとなったろう。なぜ、当時の検閲で差し止められなかったのか、撤退してから6か月たったので、ほとぼりが冷めたと考えたのか理解に苦しむが、大本営は戦場の兵士の苦闘と辛抱を国民に強調したかったのだろう。 ただ、この情報がその後の南洋諸島の攻防戦に影響を及ぼしたのではなかろうか。

 「やがて、五人の前に運ばれてきたのは、珍しくも定食二合の御飯である・・・二日の食糧に相当しているのだ。糧秣は次第に不足を告げ、多い時で兵隊一人一日分一合の米と一つまみの粉味噌であって、その他の副食物は何もなかった」

 また、文中には思わぬ食糧を得て喜ぶ有様が書かれている。「(敵の)陣地であるが、慌てて撤退したらしく罐詰などがゴロゴロ転がっていた。敵さんの贈り物だア・・・。 敵の贈り物を拾い今日からルーズベルト給養かと笑った」、と・・・。

 当時の日本軍の物資輸送は輸送船が次々撃沈され、高速の駆逐艦の投入、さらには潜水艦までもが駆り出されたがそれでも物資の補給は思うようには至らなかった。 補給を無視して拡大された戦線の悲惨な結末がこの本の随所に窺わされる。 

 著者も文末で「當時、糧秣もなく、僅かに糧秣を貰った時(補給があった時)決死隊を組織して前線へ届けた。主計中尉から如何に困苦窮乏に耐へ、苦戦激闘を続けたかを私たち(報道班員)は聞いてみよう」と、述べている。

 中尉は、「ガ島(ガダルカナル)上陸以来、00月00日頃(注:当時は伏字が多かった)までは、一人一食の糧食は三百グラムで、それも米に粉味噌だけであるが、まア比較的順調に配給していた。然し00日以後糧秣の補給がなく、00日以後、糧秣の補給がなく、00日まで一人五十グラム足らずといふ有様・・・部隊には元旦の米は一粒もない。00日の朝、空腹と疲労の兵隊たちに乾パン一袋づつ渡したところ「主計殿、これは一日分の食料でありますか」と、聞かれた時自分は思はず瞼を熱くした。・・・・」 と述べたという。

 ガダルカナル島の戦いは食糧との戦いであったのだ。この島が餓島(ガ島)といわれる所以である。 私たちの飽食の時代にあっては考えられない出来事であったのだ。

 戦後70年たって、太平洋戦争の出来事は人々の脳裏から徐々に忘れ去られようとしている。 今回、天皇陛下がパラオのご訪問で太平洋の戦闘で多くの人命が失われたことに触れ、「先の戦争で亡くなったすべての人々を追悼し、その遺族の歩んできた苦難の道をしのびたいと思います」とのお言葉を私たちも深く心にとめて、,これを次世代に伝えることが大切と考える。

資料: ガダルカナル島死闘記ー還らざる挺身隊  陸軍報道班員 森川 賢司  著
     発行者」: 島 源四郎  新 小説社」  昭和十八年八月三十日 発行
     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガダルカナル島の死闘記を読んで感じたこと こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる