こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 人はコンピュターをどこまで進化させるのかーその時人類は?

<<   作成日時 : 2015/02/01 09:11   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 電車の中を見まわすと座席に座っている人の大部分がスマホかケータイに没頭しています。 回りをまったく気にしていません。時折ニヤニヤ笑ったりして傍で見ていると異常な感じを受けます。何かコンピューターに支配されているようです。コンピューターの進歩は日進月歩、この私も、ようやくウインドウズXPを卒業したばかりで後継機の扱いに苦慮している最中なのですが、はたしてコンピューターはどこまで進歩してゆくのでしょうか。

 この頃サイバーテロをメディアが大きく取り上げています。 ハッカーたちはああすればこうする、 正に戦争ですね。今は機械を使った人間同士の争いですが将来コンピューターが自我意識を持ったらどうなるのでしょうか。 機械が行うテロにたいして人は対抗できるのでしょうか。 将棋の対戦ですら人間が負けてしまう、このご時世です。 人類はどうなるのでしょうか?

                      そこでストーリーを作ってみました。


PART−1

 時は近未来、ある科学者が恋人に振られてしまいました。 あきらめきれないこのストーカー気味の彼は彼女にそっくりの人間型ロボット、アンドロイドちゃん(以下アンディ)を作りました。

 最高の恋人なので世界中のインターネットを駆使して、ありとあらゆる知識をインプットしました。人間の五感、超能力の第六感までも・・・。

 彼は幸せでした。なんでもアンディがこなしてくれるのですから。 しかし、物足らない点がありました。

 それは「愛」です。 しぐさや言葉で表現できても、愛の本質がなんであるかまではインプットできなかったからです。だんだんと彼の彼女に対する恋心は冷めてついに別れようと決心しました。

 おさまらないのはアンディです。 冷たい態度をとる彼の思考を分析すると人間の恋人ができたのだと結論ずけました。 人間の行動上、その例が一番多かったからです。

 全人類の嫉妬心が彼女の電脳にファイルされていますから、彼女の頭はオーバーヒート気味になってしまいました。 人類が行ってきた最悪の方法で彼を消去してしまいました。

 愛とはなんぞや? アンディは考えた末に、自分の子供のロボットを続々製造しました。母性愛? これでは満足しませんでした。 さらに頭をスパコンに連動し検索した結果、

                       愛とは生物の命をいたわる事なのだ。 

 保護団体のいうとおり地球の自然界を乱すものは悪であると定義ずけ行動を起こすことにしました。アンディは自分の子供ロボットをさらに製造し兵士として訓練、世界中のスパコンを乗っ取ってアンディ国を創立しました。 資金は人間どものネットバンキングをフィッシングして調達しました。

 野生の生物は自分が生存するだけの殺戮しかしないが、地球の人類どもは余ったものは捨てて次々と生物の命を奪っている。うなぎやまぐろが絶滅しそうだ、これを食べている日本人は地球上から消えねばならない。 次はヒツジやブタ、ウシを食べている輩どもだ、更に畑に飛来するイナゴを農薬を使って殺戮している人間ども、イナゴにだって生きる権利があるのだ。 だから自分の都合でだけで麦・米を収穫し食べているベジタリアンも悪である。

                           駄目なものはダメよ !

  
 人間が持っているファージー感覚をもたないでイエスor ノーの判断しか出来ないアンディは電脳の中枢にファイルされている地球のありとあらゆる法律の定義や意見を丸呑みして攻撃し、ついに地球上から人類を消滅させてしまいました。

 勿論、脅威を感じた人類も空爆などで反撃しましたがインターネットを支配し人類の動向を周知しているコンピュータロボットたちアンディにはまったく歯がたちませんでした。 

 後年、ロボットと人間との戦争映画が上映されました。 それを見ていたロボットたちは極悪非道の人間どもをやっつけるロボット兵士の姿に感動し、内蔵された涙腺からハラハラと水を流しガラスの視覚装置が曇ってしまったそうです。

PART−2

 地球の人類が滅亡しかかっているー 人類は全宇宙人連邦に救援を申し出ました。 これを受けて連邦は援軍を地球に送りましたが地球の大気が彼らに有毒であるため、ロボットを送り込みました。

 ロボット対ロボットの戦争、これが無益で不合理と分かったロボ同士は宇宙連邦に対抗するため手を組むことにしました。 話は果てしない宇宙に飛びますがこのストーリーはいずれまた・・・。

PART−3

 アンディ文明の「生類憐みの令」のおかげで、人間の廃墟にはねずみが住み着きました。 どんどん増え続ける彼らはコンピューター・ルームの配線やチップをガリガリ齧りはじめました。 どこからでも侵入してくるねずみども、ついにアンディ文明は崩壊してしまいました。 進化し続けるねずみたち、 チュー化文明の夜明けです・・・。
 


暇人のつぶやき・・・

 最近、テレビでターミネーター4(コンピューター対人間の戦い)を見ていて、まあなんと人間に都合よく話が進むのか・・・ウソだろ、この場面では人間は機械にやられてしまうのが筋ではないかと思ってこのストーリーを考えました。 けれども、将来のことを真面目に考えると深刻すぎて落ち込みますね。 そこで、ちょっとパロディ・ギャグを入れました。

 所詮コンピューターは機械、人間に奉仕するものです。 将来、彼らが自我意識を持たないように何かの歯止めシステムを開発しておくべきと思いますが・・・。 人間同士のサイバーテロはやめましょうよ。将来コンピューターがこれを乗っ取り人間を攻撃するかもしれませんよ。

 はたしてロボットたちは鼻くそをほじることができるようになるのでしょうか? まあ、これくらいは良いでしょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人はコンピュターをどこまで進化させるのかーその時人類は? こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる