こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 1円玉をおろそかにする者は・・・・?

<<   作成日時 : 2011/11/21 00:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 街をあるいていて道に1円硬貨が落ちていても、まず誰も気にとめません。でも、拾ってポケットに入れてしまうとドロボーになりますね。交番に届けてもお巡りさんも迷惑です。だから、私はコンビニなんかにある寄付金の箱にポイッ! なにか良いことをしたような気分になって、人のものをくすねたと言う気分にならないですむから不思議です。

 10円硬貨になると、道往く人はちらりと気にとめるようですが、拾う人はあまり見かけませんねエ。私はこれも同じく寄付にまわします。

 100円玉ですと大概拾ってポケットに入れてしまう人が多いようです。でも周りの人はアイツどろぼーしたという目で見ないようです。自動販売機の下に転がり込んだ硬貨をさぐるのを趣味としている噺家サンは話のネタにしているだけでしょう。 これくらいは面倒くさがらずに駅や交番に届けておいてください。

 自分が落とした時もあえて拾わないこともあります。 スーパーのレジでお釣りを渡された時、特に1円玉は軽いのでコロコロころがって台の下に入ってしまいます。 マ〜いいやと何度かそのままにして帰ることもありました。 これが100円玉ですとレジの係りは、後で拾っておきますからと親切にもう一枚渡してくれます。

 ところでレジに並ぶ時には、オバサンのうしろには並ばないほうが良いようです。彼女は表示された金額をじっくりと見てからバッグの中の財布をさがし、中の硬貨をさがし、キッチリ金額を計算してから店員に渡します。その時間の長いこと・・・。

 この時、何枚か硬貨が転げたので、まず財布をバッグにもどしてから、かがんで全額が見つかるまで探しています。また手の中で計算し直して店員に渡していました。それから、その場でレシートの金額を丹念にチェック、うしろの行列には気にもとめません。 イライラ・・・

              (これは目撃談です。このブログのネタになりました。オバサン!)

 これが、オヤジですと大概お札を取り出しますからまず時間はかかりません。お釣りをもらう時レシートとまとめて掴みますから硬貨が転げ落ちることが多いのです。だが適当に拾って帰るの事が多いのです。何枚か見つからなくても気にしません。

 そこで教訓を考えてみました。

     1円をおろそかにするものは10円に泣き、10円をおろそかにする者は、100円に泣く。
(1円、あるいは10円が足りなくて困った事がありますね)

     100円をおろそかにするものは、自動販売機に泣く。
(喉が渇いてもお茶が買えません)

     1000円をおろそかにするものは、お釣りの硬貨の重さに泣く。
(ポケットの中のジャラジャラはうざったい。 家で取り出す時もきまって床にぶちまけてしまう)

 5000円、10000円をおろそかにする者はいないでしょうから書くことは出来ません。

 忙しい野口さんにかわって樋口さんと福沢さん、いつまでも私の財布の中で休んでいてください。
 エッ!もう行っちゃうの・・・・。




                                               (無断転載、使用はご遠慮下さい)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1円玉をおろそかにする者は・・・・? こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる