こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も猛暑でアッパッパ・ファッション 一体何それ?

<<   作成日時 : 2011/08/21 10:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 ようやく猛暑も一段落、今年は昨年にくらべ暑かったですねえ。節電で冷房をあまり使わなかったので体感的に猛烈な暑さを感じたのかもしれません。7月、通販に扇風機を注文したのですが届いたのは8月の半ば、それまではうちわなんかで凌いでいました。 家電量販店でも品薄でメーカーから入るそばから売れてしまったそうです。


                  夕涼み よくぞ男に生まれけり (宝井其角)

 一昔前の夏の季節、男性たちは上半身裸でうちわ片手にビールなど飲んでいたり、チジミのシャツにステテコ姿で縁台で将棋を指している風景が良く見られました。 ところが当時の女性はそうはいきません。

 私の母は普段は着物姿ですが、夏になるとアッパッパというワンピース姿でした。 なぜアッパッパというのか、この語源は大正後期から昭和にかけて流行した部屋着・簡単服の意味で「 Up A Parts 」からきているとの事です。また、歩くと裾がパッパと広がるからという説もあるそうです。 私の小学生時代の日記では夏の最高気温は30℃程度で35℃の猛暑日なんかありませんでしたが、それでもあの頃はエアコンなんかない時代、皆じっとりした暑さに耐えていたのです。 その中でアッパッパは着て過ごし易く、言うのも語呂が涼しげでいいですね。

 地球の温暖化が進み 35℃の猛暑日を越えて38℃も珍しくなくなった昨今、 私の妻も今はアッパッパと同じような姿です。 しかし、この暑さにはファッションもへったくれもありませんよ、街中を歩いていても、このごろの女性の夏姿は大胆すぎるほど露出オーバーですねえ。こんないでたちはリゾート地でしか見られなかったものですが・・・。 そんなことよりも熱中症のほうが心配です。 こまめに水の補給をしてください。 

 余談ですが、実は私は一年中の大半が40℃を越す砂漠の国のサウジアラビアで永年勤務していました。 猛暑の時期に現地に来る東京のお客さんには この暑さで車のボンネットの上で目玉焼きができますよ、と冗談めかして言っていました。信用しない人には実演してみせました。 だんだんと白身が固まってゆくタマゴには目を丸くしていましたよ。 (実はエンジンの余熱の助けもあったのですが) 

 駐在している日本人医師のA先生は この暑さの中で砂漠ゴルフをする日本人が後をたたないので、熱中症を心配して、ご自身である実験をしていました。

 水を飲まないでワンラウンドをプレーするとその前と後とでは、2キロも体重が減ったそうです。 (もっともハーフラウンドで水を1リットル飲んだそうですが) 皆にくれぐれも水の補給は絶やさないように、と注意を呼びかけていました。

 こんな暑い中にいたので日本に帰ってきてから35℃〜38℃などたいしたことがないと思っていましたが、50℃にも達する砂漠の中よりもこちらの夏はもっと暑いと感じました。湿気が高いせいもあるのでしょう。やはり女性にはアッパッパが欠かせませんねえ。

 地球の温暖化が進み、これからの日本の夏は更に暑くなり40℃を越してしまうかもしれません。  アッジイ〜!
不快指数も100パーセント、そうなると来年あたりの女性の夏姿はどうなるのでしょうか?

              蝉の声、見れば女房もセミヌード (詠み人知らず)


                                      

                                          (無断転載、使用はご遠慮下さい)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「アッパッパ」の語源面白く読みました。和服党の私も今年ばかりは洋装でお出掛けが多くなりました。家にあってはアッパッパよりも薄着?で、ハタ迷惑を承知の上で年を顧みずタンクトップ風?でウロウロしています。以前初夏から若い人がそんな姿をしているのを見るに付けそんな格好していたら、真夏になったら肌ひん剥くしかない・・・と悪態をついていましたが、確かに肩を出すだけで
涼しいと感じました。古い日本映画で、浴衣の諸肌脱ぎして、袖を帯に挟んで涼んでいた場面を思い出しました。あんな姿は地球上から消え失せましたが、子供心にハッとしたのを覚えています。さすがの私も出来ませんねェ〜。暑い盛りに薄物なんか着ると、シャンとして暑さを忘れます。電車の中でジットリした他人の腕に触れてムッとする事も無いし、和服もイイんですけど・・・・
アズ
2011/08/23 11:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年も猛暑でアッパッパ・ファッション 一体何それ? こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる