こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家にあった謎の幕末写真

<<   作成日時 : 2010/10/21 00:18   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

 お彼岸が過ぎ、仏壇の掃除をかねて祖父たちの写真の整理をしていると思いがけない写真が出てきました。 和紙に包まれたそれは幕末の武士達の写真のコピーです。 私が小さい頃、父から「これは俺の母の父親だから、お前のひい爺さんだ」 と聞かされていたことを思い出しました。しかし、どの人物が曾祖父なのか憶えていません。親戚から貰ったというだけですから果たして本物の曾祖父なのか定かではありませんが・・・。


 仏壇に入っていたから父は大事にしていたにちがいありません。 そこで、曾祖父の写真であることを鵜呑みにして、幕末のこの写真の謎を探ってみる事にしました。

画像
 この写真の背景を見ると、ガラス窓にはカーテン、壁の洋風の飾り模様、また、武士達が座っているのはじゅうたんです。当時は珍しかった洋館ですから長崎かも知れません。  

 もしかして、この武士達は藩命で長崎に武器を買いつけに来たのでしょうか?すると中央の外人サンは武器商人なのでしょう。有名なグラバー氏かと思って彼の若き頃の写真を見比べて見ましたがちょっと違うようです。 

 わが曾祖父が禄を食んでいた藩は保守的でいわゆる勤皇の志士を輩出していません。しかし、遅ればせながら戊辰戦争には官軍に味方して曾祖父たちは幕軍を攻めていますから、長崎まで武器調達に出向き、その際に撮った写真だったという理屈は通ります。藩の手持ちの火縄銃では戦争は出来ませんからね。 左の人物の持っている書類はその時の契約書なのでしょうか。




 長い露出時間をかけても、ぶれずに鮮明に写っているところを見ると、撮影者は当時の写真家の一人者である上野彦馬氏かもしれません。

 上野竜馬氏は坂本龍馬や高杉晋作ら幕末の志士たちや明治の高官の肖像写真を数多く残したわが国の写真家の先駆者です。 天保9年(1838年)に生まれ、安政5年(1858年)オランダ軍医のポンペ博士の医学伝習所の舎密試験所で化学を学び、写真技術を会得しました。

 文久2年(1862年)に長崎で写真館を開設しました。 有名なものの一つにフルベッキ写真があります。 そこにはフルベッキ教授を真ん中にして幕末の志士やのちの明治の高官の若きころの肖像が写っています。

画像
                    
                フルベッキ写真の概要:    Guido Verbeck (グイド・フルベッキ)
                  撮影年   1868年
                  出典   http//www.nextfip.com/tamailab/verbeck.him
                  撮影者 上野 彦馬


 私の手元の写真の人物と見比べてみましたが、この中には登場していないようです。だが、お侍サンはどの人も精悍で似たような容貌ですね。

 子孫がこんなことを言うのはご先祖に申し訳ないのですが、また、疑問がわいてきました。

 まず、曾祖父といわれる写真の武士たちは「武士の魂」である刀を差していません。大刀はともかくも、小刀までもない丸腰です。 ほかの幕末の武士たちの写真は坂本龍馬や高杉晋作のポートレートあるいはフルベッキの集合写真をみても、誇らしげに刀を持っています。 だから、武士が簡単に腰刀を手放すことは考えられません。

 と、いうことは、私が持っているこの写真は明治4年に出された士族の帯刀散髪は自由とする「散髪脱刀令」の後に撮影されたものだったのでしょうか。 左の後ろの人物は当時のしゃれたマントを着ています。 また、その前の人はザンギリ頭のようです。 廃刀令は明治9年ですからその頃ではもうこの風体は古めかし過ぎる感があります。

 と、すると、背景の洋館は幕末の長崎ではなく、時代を下って、明治初頭の神戸か横浜、あるいは東京の築地の外人居留地だった可能性もあります。 そうすると、この外国人は英語教師か招聘された技師でしょうか。残る手がかりは背景の洋館が現存しているか、写真が残っているかを調べるしかありません。 

 原版も、証拠となるような書付けも無い今は、いつ、どこで、また、どういう目的でこの写真を撮ったのか推測の域をでません。 でも、我が家にも幕末のロマンがあってもよい、と思います。

 私はこの写真に書き上げたばかりのこのブログのコピーをそえて仏壇の中に仕舞いました。 息子たちには「これは君達の先祖の写真だ、私のひい爺さんだと言うつもりです。  将来、彼らもそうするでしょう。


                                              (無断転載、使用はご遠慮下さい)


追伸: 

画像
 ソウマクリさんのコメントでご指摘のあった写真の人物の左前の着付け、なるほどと思い写真を反転させてみました。  今まで、当時の長い露出の関係で支え棒と思っていたもの〔中央の人物の横の棒状のもの)はやはり刀のようですね。 腰の左に置けば刀と納得が行きます。 また、前に座っている武士たちのキセルや本をを持つ手も右となり、ごく自然のポーズとなりました。  ご指摘有難うございました。

 しかし、他の幕末の写真では武士達は堂々と刀を持っているのに、ここでは隠すようにして写しているのは何か訳があるのでしょうか? また、新たな疑問がわいてきました。








幕末四大人斬り 岡田以蔵の愛刀 (最高級居合刀) 刀袋付き
しのびや楽天市場店
■ 商品名岡田以蔵拵え■ サイズ全長106cm、刃渡り74cm■ 重 量1030g(鞘を取って785

楽天市場 by 幕末四大人斬り 岡田以蔵の愛刀 (最高級居合刀) 刀袋付き の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【10P06jul10】幕末 大久保利通 愛刀写し [模造刀・美術刀・模擬刀]
GEMEX PLEASURE
サイズ全長:110cm、刀身:73cm、柄長:31cm個装:約縦115×横11×高さ8.5cm重量1

楽天市場 by 【10P06jul10】幕末 大久保利通 愛刀写し [模造刀・美術刀・模擬刀] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【10P06jul10】幕末 高杉晋作 愛刀写し(栗田口) [模造刀・美術刀・模擬刀]
GEMEX PLEASURE
名称高杉晋作仕様鞘上石目艶消塗刀身樋入刀身 栗田口写し寸法全長104cm刀身73cm柄長25cm鍔:

楽天市場 by 【10P06jul10】幕末 高杉晋作 愛刀写し(栗田口) [模造刀・美術刀・模擬刀] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント失礼します。
時期的なことについては分かりませんが、
武士(らしき)方たちの着物がみんな左前になっていますので
普段の状態でそのまま撮影したものと思われます。
試しに画像を左右反転してみてください。
それが実際の配置だと思います。
中央の人物は帯刀しているように見えますし
マントの人物もそのしわの形から刀が下にありそうな感じがします。
前の立て膝の二人も角度的に柄が隠れている可能性はあるので
一概に幕末ではないとも言い切れないと思います。
幕末の写真でも撮影時はあえて左前に着付けして
写ったときに通常に見えるようにしていたとのことですから
あるいはもっと古い可能性もあるかもしれませんね
あくまで憶測で申し訳ありません。
ソウマクリ
2010/12/07 12:50
ソウマクリさんコメント有難うございました。 左前の着付けにはそういう意味もあったと初めて知りました。 中央の人物の「刀」らしきものは私は当時の写真の露出時間が長かったので支えの棒かとも思っていました。 幕末や明治時代の建物の写真の中にもしや、この西洋館の背景が写っていないかインターネットで探していますが、まだ見つかりません。また、家紋からどの人物が私の曾祖父か探ってみましたが、残念な事に写真ではつぶれてしまっていて判明しませんでした。貴重なるご意見有難うございました。重ねて御礼申しあげます。
こんにちは!ハングルース
2010/12/07 23:57
この写真の所蔵者は伴さんでしょうか?
森重和雄
2015/09/24 21:10
森重和雄 様
 コメント有難ございました。伴氏は私どもの親戚筋にあたります。父からは写真のどなたかが私の曾祖父と聞いていますが定かではありません。親戚から貰ったというだけで写真の出所が不明ですので中の人物が伴氏なのか祖母の実家の長氏なのか残念ながら分かりません。
こんにちは!ハングルース
2015/09/25 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家にあった謎の幕末写真 こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる