こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼女の悪口を言う男がいたら、その男がその娘を愛していると思えー実際に見たアラブの格言

<<   作成日時 : 2010/10/11 00:27   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

 私たちはよく人前で言いますね。彼女はまったく気が利かない・・・私の愚妻は・・・あいつは天然ボケだよ・・・とか。しかし、彼女を見下したり悪口を言っているわけではありません。本当は愛し合っている恋人や小まめに家事をこなしてくれている愛妻をあえてそう表現するのです。 謙遜という言葉に乗っかった男の見栄と照れ隠しなのですよ。  
  えへへ

 アメリカ人などは「私の愛する美しい人」を平気で表現していますねえ、人前ではけして彼女をおとしめるような発言はしないようです。もっとも、一日に何回も I love you を言わないと即, 離婚されるお国柄かもしれません。 

         「彼女の悪口を言う男がいたら、その男がその娘を愛していると思え」

 これはエジプトの格言だそうです。 東は東、西は西と習慣が違うなかで、そのはざまの中東でなんと日本人男性をほっとさせるような言い回しがあったとは・・・

  しかし、私の知人のエジプト人たちのの奥さんは、どの人もしっかりとした性格だと思います。 格言どおりを鵜呑みにして大丈夫なのでしょうか?

 ある日、エジプトのお医者さんのお宅に招かれました。私はこういう席の話題にするために、日頃、会話や文献で拾ったアラブの格言を忘れないうちにノートに書きとめています。 だから、この格言について裏づけをとるために聞いて見ました。 彼はその格言がエジプトにあることをを認めたうえで、

 「そんな悪口を言って彼女に知れたら破局だよ!」 と両手をひろげて弁解していました。 他のお客の男たちも同意見でした。 

 日本では? という質問には、世間一般では謙虚な気持ちをあらわすために彼女を悪く言うこともあるが、私はお前さんたちと同じ考えだ、と答えておきました。 

 (注:この会話が交わされていた場所は彼らや私が勤務していたサウジアラビアです。イスラムの厳しい戒律を守っているここの一般社会では女性はベールで顔を隠して人前に出ません。 ごく親しい間柄でも、身内の女性の話題はしません。 サウジ人のお宅に招かれても、小さい女の子はともかくも、成人女性は人前に姿を現しません) 

 愛している人をあえて悪く言う男の照れ隠しがエジプトでも日本でも同じようだとわかって、話はさらに盛り上がりました。 

 昔、日本では招いたお客に対する主人の口上では、愛妻が一生懸命作った料理ですら、

 「このあばら家には何もございませんが、次の間に愚妻の作った粗飯を用意いたしております。お口に合いませんでしょうが、どうぞ召し上がりください」 (直訳の英語ですから凄い言い回しになりました)
 と、あえて物事を悪く言うのが普通だったという話を披露しました。

 それじゃあ、そんな食事は食えないとお客は帰ってしまうよ, 怒った奥さんは二度と料理を作らないと、げらげら笑っている男たちのところに彼の奥さんがお茶を運んできました。 (奥さんはフツーの服装です)

 「何がそんなに楽しいの?」

 「シ〜ッ!・・・・」

 男達、一斉に黙り込んでしまいました。

 やれやれ、「彼女の悪口を言う男がいたら、その男がその娘を愛していると思え」という格言はエジプトでは何ら実効性がないものだったのですねえ。

 そうすると、世界中の女性から袋叩きにあうのは日本の男どもだけなのでしょうか。





                                                 (無断転載、使用はご遠慮下さい)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とっても面白かったわ!そして、半世紀以上前の我が家のほろ苦い失敗談を思い出しました。私の父は、(と言うか両親は)今の芸大の前身の東京音楽学校の邦楽科の出身で、父は長唄の三味線を教えていました。そこに或る人の紹介で、日本公演で来日中の、アメリカのマーサ・グラームバレエ団の、コンダクターが、
「日本にいる間に、是非三味線を習って帰りたい」と言って来ました。公演の合間の時間を作って、5,6回も来たでしょうか、5線譜に書き直した譜をたちまち頭にいれ、日本人の奥さん達なら五年かかる「勧進帳」の合い方(三味線だけの所)まで弾ける様になったのは驚きでした。それはさておき、帰国前に是非お礼に招待したい、と、宿舎の帝国ホテルへ招いてくれました。年頃だった私も含めて。気持ちよくスキヤキをご馳走になって、上機嫌の父は、そのコンダクターが、母のことを「あなたの奥さんは、三味線のプレイも素晴しいし、着物姿も素晴しい(母は背が低いし、和服姿は子供の私が見ても、イマイチ)それに、何と言っても、スウィートだ」と言う意味のお世辞を言いました。すると、明治生まれの父は、照れてしまい(若き日、母のルックスに心を奪われたのに)「いやいや。全然ダメです。スウィートと言うのは、日本では、少しアタマが弱いを言う意味も有ります」と言わずもがなの事を口にして、その場を白けさせました。たしかに、少し足りない人を、甘ちゃんとは言ったけどね、そんな事アメリカ人には通じっこないでしょ、レスターさん(指揮者)の困ったような顔。下らない事をまともに通訳した人(父の弟だけど)に後で、母が文句つけていましたが、本当になんでも訳せばいいってモンじゃないわよねェ。)
アズ
2010/10/20 11:21
アズさんこんばんは! エジプト人は我々と同じく身内の女性の話をしますが、サウジ人家庭に招かれてもこうした話はご法度です。 帰り際にも「奥さんによろしく」とは絶対言いません。そのかわり「ご家族によろしく}にとどめます。 それから、絶対家具や備品を「良い趣味ですね」など褒めてはなりません。翌日にそれが贈り物として届きますよ。 そのお礼もたいへんです。奥さんを褒めたらどうなるでしょうか?
こんにちは!ハングルース
2010/10/20 22:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
彼女の悪口を言う男がいたら、その男がその娘を愛していると思えー実際に見たアラブの格言 こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる