こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 新聞はもはや報道の使命を終えたのか

<<   作成日時 : 2010/07/01 00:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 この頃、新聞記事の内容をよく読まなくなりました。 眼が悪くなってきたせいもありますが、朝届けられる新聞を開くと中身はもう知ってるニュースばかりです。昨夜のうちにテレビやインターネットで詳しく報道されてしまったからです。 

 政治経済、社会、スポーツ、芸能人の結婚離婚のニュースにいたるまで既に私の頭の中に入っています。 だから、新聞のトップ・ニュースは見出しだけで次のページをめくってしまうことも度々です。 社説はざっと眼を通しますが、その出来事はテレビで何人ものコメンテーターが、あれやこれやとしゃべくった後なので、その先入観によって新聞の論調はどうもインパクトに欠けてしまうのです。 後追いの新聞は説得力のある論評をどう展開していくか、難しい問題とも思います。

                  「明日の朝刊は休刊日のためお休みとさせていただきます」

 新聞の休刊日でもテレビがニュースを報じますから、生活にはちっとも影響を与えないのです。それなら新聞なんか購読しなければとお思いでしょうが、こればかりは永年の生活の一部として脳にインプットされていますので、無いと寂しくて不思議と止めれません。 

 朝起きて郵便受けから新聞を取りだす。朝食のあとコーヒーを飲みながら新聞を広げ、昨夜テレビで見たニュースの見出しと社説を見てなるほどと頷く。それに相撲の星取表やセ・リーグ、パ・リーグの順位やワールドカップ・・・の成績の確認。一番最後は連載小説を読みます。(これは欄の段落が目で追うのに丁度良く読みやすいですね)

 それがすむともう古新聞紙になってしまいます。半月後、資源ごみとして出されるからそれは無意味なものとは思いませんが・・・。

 しかし、新聞も捨てたものではありません。各ページの主要記事の下の下に書かれている小さなベタ記事や囲み記事には面白いものがあります。 テレビが取り上げないような、取るに足らない記事が2〜3日のうちに大ブレークすることもあるからです。 だから、ここはかならず目を通しておきます。 あっ!これはでかくなるぞ。 その予感があたると嬉しいものです。
 
 TVではこれでもかとキンキン声でまくしたてられる見たくもないコマーシャル、この時間帯は私はチャンネルをまわすかトイレ・タイムにしています。新聞広告は10分の一秒で次のページに移れますからこれは便利です。逆に欲しい商品は時間をかけてじっくりと見れます。

 毎日届けられる新聞に挟まれた不動産などの分厚い広告の束、私はその中から地域の情報誌を選り出します。そこにはTVや新聞に掲載されていない記事があるからです。身近なニュース、これは私にとって有益なものです。

 ところで、TVやインターネットの攻勢をうけて米国では多くの新聞社がコスト節減に努めた結果、説得力のある取材や編集力が弱まり、ますます読者が離れていってしまう、という現象が起きています。 名の通った新聞社や雑誌社が廃業や身売りに追い込まれています。 その風潮は日本でもそのうちやってくるかもしれません。

 もうニュースを配信するという新聞の役割は終ったのでしょうか。

先週、電車の中で何人ものオッサンがスポーツ紙を広げていました。 その中で私の横に座っている青年は日本経済新聞を食い入るように読んでいました。これを見ると、新聞もまだまだ捨てたものではないと思いました。

 がんばれ若者! がんばれ新聞!





                               (無断転載、使用はご遠慮下さい)








★☆誰も教えなかった「スーパー」ゴルフ独習術*基本篇*金井清一 著☆★:楽オク中古品
楽天オークション
※以下を必ずご確認ください。こちらは、楽天オークションへ参加している出品者より出品されている商品です

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新聞はもはや報道の使命を終えたのか こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる