こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩がてら春の日差しの芝公園

<<   作成日時 : 2010/03/11 00:19   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 今年は3月に入って暖かい日寒い日と交互にやってきます。そんな中の3月3日は春うらら、所用で浜松町に来ました。 丁度、梅の花の見ごろ、用事をすませた後、芝増上寺の脇にある芝公園を訪ねてみました。増上寺の向かい方、国道15号日比谷通りの道沿いにある芝公園の一部に入ります。公園というより自然路ですね。 コンクリートの歩道を外れ、靴の底に柔らかな土の感触が心を和ませます。 


画像
画像

 芝増上寺は徳川家の菩提寺で、代々の将軍達が葬られてきました。 今度ゆっくりと見ることにしましょう。

 増上寺の対面側、日比谷通りに長々と続く芝公園の遊歩道?(案内図の左、下の赤マークのところ)そこでぺりー提督の像を見つけました。なかなかのイケメンに造られていますねえ

画像
画像
 幕末のペリーの錦絵を思い出して笑ってしまいました。 日本人が描くペリー提督はギャングのボスか天狗のようで、ハンサムな彼には一寸気の毒な気がします。ぺりーの子孫が見たら怒るかもしれませんネ。



 園内には1860年万延元年)日米修好通商条約批准のため江戸竹芝からポーハタン号で渡米した使節一行の100周年の記念碑が建っていました。



 さらに、歩を進め、地下鉄三田線の「芝公園駅」に着きました。 芝公園のメイン部、そこには広い梅林があります。ちょいと盛りは過ぎてはいますが白梅紅梅が咲き乱れ、 それを写真に撮ったり、写生を楽しんでいる人もいます。

画像

画像

 
 この梅林は江戸時代には新宿にあり「梅屋敷銀世界」といわれていたものを、昭和41年にこの公園に移植しました。そばの石碑も梅屋敷内にあったものだそうです。



画像

 そばにそびえる東京タワー、梅の花に合いますね。 この塔も来年の暮れには主役の座を東京スカイツリーに明け渡すことになるので、何か寂しい気がしてなりません。



画像

  都内にこのような自然路があったとは・・・。 階段を上がり広場に出ます。ベンチに腰を下し脚を休めます。
そばには稲荷さんの社が・・・。 

  喉が乾いたけれども、自動販売機がありません。まっ、そばの水のみ場の水で我慢しよう。




画像

 その上は前方後円墳です。 これは「芝丸山古墳」と呼ばれ、全長106メートルの都内で最大級の」規模で、5世紀ごろ造られた南武蔵の族長の墓といわれています。


画像 さらに階段をあがり、古墳の頂上部に着きました。 そこも広場になっており、伊能忠敬の碑がありました。伊能忠敬 は、今から200年前の江戸時代中期に、初めて実測による日本地図 を作製した人物です。

画像



 大野伴睦翁の虎の碑を過ぎ、階段を下ると公園の外にでました。 散歩としては些か物足りない。 そこで思い切ってJR田町駅まで歩いてしまいました。

 春の柔らかい日差しが幸いしたようです。 あまり疲れず良い運動になりました。 実は、芝公園は増上寺をぐるりと囲んだ公園なのです。 今回はその一部。  そろそろ桜の季節ですね。都内の桜の開花予想はあと2週間の21日だそうです。ここには2000本あまりの桜の木があります。次はどの場所をこを散歩しようかな・・・。

 芝公園は1873年(明治6年)に上野、浅草、深川、飛鳥山とともに、日本で最初の公園に指定されたところです。
四季を通じて季節の花々が咲き乱れ、人々の目を楽しませてくれます。

 



                                      (本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
芝の増上寺は、子供の頃、芝白金で育った私に馴染み深い所でした。と云ってもその頃東京の街中に網の様に走っていた都電の車窓から見る事ばかりで、あの山門の、厳しくも美しい姿に子供ながら、心を打たれたものです。そのくせ、いつも何処かへ出向く途中だったり、家路に急ぐ最中だったりで、気に掛かりつつも一度も境内に足を踏み入れた事はありませんでした。その頃は勿論東京タワーの建つ事など、夢にも思わず、周囲の公園も今のように整地されていないので、あの都電の停留所、「増上寺前」は人影も勿論自動車の数もまばらで!たとえ時間の余裕があっても小娘一人降り立つ勇気は中々出ませんでした。少し大きくなって、芝のスポーツセンターにアイススケートリンクが出来てから、たま〜〜に学校の試験休み等に友人と行って、芝公園の芝生に座して、増上寺を遠く見ながら、他愛ないおしゃべりに時を過ごしました。そんな時代は、30歳の自分を想像するのも、難しく、ましてや、自分や友や、その頃憧れた男子部の誰かさんたちの、70歳の姿など頭の端っこにも浮かばなかった(当たり前だけど)今や、押しも押されもしない古希通過御連中様です。わァ〜い、わァ〜い!とハシャグしかありません。素敵な芝公園のお散歩案内、今月末に東京プリンスに出掛ける予定があるので、早めに出掛けてゆっくり散策したいと思います。
アズ
2010/03/14 10:18
アズさんこんばんは! 先年、大徳川展を見たとき増上寺に安置されている家康公の木像が展示されていました。 一般公開されていないので、もう見ることはできませんが、ぶらりと増上寺付近に散歩に行こうと思っています。
こんにちは!ハングルース
2010/03/14 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
散歩がてら春の日差しの芝公園 こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる