こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日の用意は明日やれば良い−実際に見たアラブの格言

<<   作成日時 : 2009/09/21 11:55   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 以前、アラビアのIBMという言葉が中東で勤務している日本人駐在員に流行っていました。 
 インシャラーの  (神のお召しのままに) ボクラの  (明日また) マーリシュの  (気にするな) です。  そろそろ仕事が終わったかと見に行くと全然進んでいません。 何時仕上がるのだ、と言うと 「ボクラ:明日だ」 明日には出来上がるのだね、と念を押すと 「インシャラー:神様のお召しのままに」 無責任じゃないかと怒り出すと、 「明日のことは明日考えれば良いのだ、マーリッシュ:気にするな」

 こんな事を言われて、せっかちな日本人は唖然、呆然、憮然  の面持ちです。 どうしたの?と当然顔の相手。 かわずの顔に・・・なんとやら・・・。 これが毎日続くと気の弱い日本人はノイローゼ気味となってしまいます。
 
 私が現地に赴任していた時ですが、アラブ人の上役に5ヵ年事業計画書を提出しました。彼はパラパラめくっただけで、「そんな遠い未来の話なんか細かくきめてもどうせ変わってしまうものだ、日本人は何故そんな事にこだわるのだ?」 と不思議そうな顔をしていました。 

 アラブの格言では 「明日の用意は明日やれば良い」 「明日できる事を今日やる奴はバカだ」

                  「心配事は起った時に考えろ」


 すなわち、物事はどうせ変わってしまうのだから今やっても無駄だ、明日になってそれが起った時にやれば良い・・・というのが一般的な考え方のようです。

 一見無責任のようですが、これは彼らがこの厳しい環境の砂漠の中で培ってきた「無意味な事はやらない」という生活律なのでしょう。 将来を、こと細かく考えないと生きては行けない日本人とはまるで違います。

私が永年アラブ世界で仕事をやっていけたのは、このアラブのIBMの素質が備わっていたからだと思います。


                                 

 そんなことですから、配置換えになったアラブの役職者は私の見る限りでは、後任者に業務の引継ぎをしないで去っていきます。 

 アラブの友人が昇進して、別の部署の部長となりました。私が挨拶方々、彼の新しいオフィスを訪ね前の仕事の引継ぎはすんだのかと問いますと、

 「それはもう私の仕事ではない。用があるなら明日そいつに言ってくれ」

 と、にべもない返事でした。今日まで自分がやってきた仕事は自分だけのもの、明日になれば新しい役職者が彼なりの仕事を進めていきますから、前のことは全く反映されないのです。 それでも不思議なことに前と同じように仕事が進んで行くのです。アラブでは斬新な考えはなかなか受け入れられないので、いつも保守的な結果に落ち着くのでしょう。

 私が着任した時も、オフィスの椅子に座って一時間もしないうちに、部内のスタッフが入れ替わり立ち代りやってきて、昇格、昇給の要求はもちろん、借金の申し込みまで依頼してきました。

 まだ何も引き継いでいないから判らないと当惑顔の私に、さも馬鹿にしたように「あなたは私のボスではないか!」とまくし立てます。 このように、引継ぎがなくとも、周りの人間がワイワイ騒いで教えてくれるようですね。

 幸いにして、私の場合は前任者が日本人だったので諸案件を引き継いで事無きを得ましたが、ボスが変わったのになんで元の奴がウロウロしているんだとクレームが出ました。 日本では無かった経験でした。

                      「インシャラー、 ボクラ、 マーリッシュ」

 その後、何回私がこのアラビアのIBMを使って仕事をこなしてきたか?あまり多くて憶えていません。


                                 

 さて、こちらは明日の用意を今日しておかねば夜も眠れないーという東洋の国の話です。

 政権が自民党から民主党へと変わりました。 旧政権がやった仕事の引継ぎなどは政策が違うからやる訳がありませんネ。あとは事前に用意したマニフェストの実行のみ。 しかし、新政権は財源、外交政策、他党との連立・・・など諸問題を抱えています。
         
 国民社(車)でドライブに出かけたはいいが、てんでに「あっち行け、こっち行け」と行き先がきまらず、
      
    「小ざわざわ(沢) かんかん(菅)がくがく はと(鳩)ぽっぽ 迷走民主党どこへ行く」

なんて言われないで下さい。 私たちが選んだ国政をつかさどる政党です。

 さはさりながら・・・明日には何が起るかわかりません。 私たちにもアラビアと同じ言い回しがあります。

                  明日には明日の風が吹く・

 マーリッシュ(気にするな)、心配事は起った時に考えましょう。 今晩はゆっくりとお休み下さい。




                    (本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)



アラブの格言
楽天ブックス
新潮新書 著者:曽野綾子出版社:新潮社サイズ:新書ページ数:190p発行年月:2003年05月この著

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とっても面白く感じました。そして、私は、少しアラビア風なのでは、ないかと思いました。日本風に言えば、ズボラ・・あんまり物事を深く考えない所があり、子供の頃は、親や先生に、今はお腹を痛めた娘達に時々指摘されます。
学生時代に私達の学年の主管が、「アナタ方は、ナターシャ型ね」と、当時話題の「戦争と平和」から取り上げておっしゃいました。ヘップバーンがやった役なので、皆そこそこイイ気分の顔をしました。「イザとならないと、腰を上げないところが・・・」と継いで言われて、分ったような、分らないような・・・
ま、確かに、物事は、あまり前以て考えないタイプです、私は。でも、私の娘は、正反対、先回りして、悪い方にばかりとる、言うなれば、取り越し苦労性、オカシイでしょう?ところで、コメントは、過去の記事にもできますか?
なにしろ、ブログは、やりかけて挫折したもので、どうやっていいのやら・・・・毎回とって感心しています。折々に読み返していますので、例えばハワイのなんかに、コメントしていいの?
アズ
2009/09/21 13:21
アズさんこんにちは! 毎回ブログのネタを考えるのは苦労しています。 日記を紐解いて探しています。写真の整理も出来ていないので、あちこち引っかき回して・・・ところが、探しているうちに思いもかけない資料が飛び込んできます。それをネタにまた・・・。 リリースした古い記事でも同様にコメントが出来ます。 からはメールが来ますので、どの記事に書かれたか
判ります。よろしく!
こんにちは!ハングルース
2009/09/21 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
明日の用意は明日やれば良い−実際に見たアラブの格言 こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる