こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 花と日本人の感受性ー桜の季節がやってきた

<<   作成日時 : 2009/04/01 11:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

  花と人間、世界中どこでも花の咲く季節にはフェスティバル(お祭り)が催されます。花の彩りは人の心をリラックスさせる要素をもっているようです。しかし、国をあげて花に熱狂する民族は日本人しかいないのではないのでしょうか。春、夏、秋、冬、日本の多様な季節の折々に咲く花々。 その中でもぱっと咲いてぱっと散る桜、その潔さは日本人の心を掴んでしまったようです。山高神代桜、臥龍桜、薄墨桜 三春滝桜など、桜の樹の名前は全国にいくつあるんでしょうね。 樹齢千年を越すものも多いとのことです。 

 今年も桜の季節となりました。親戚から花見の会の誘いが着ました。私も日本人の一人として見過ごすわけにはいきません。早速、参加することとしました。東京は白金の八芳園。ここは結婚式場ですが、東京都内でも桜が綺麗な場所としても有名です。  私たちを含め、それを期待してきた人で賑わっていました。

画像

 今年の開花予想は例年より早まるというので3月28日に予約をしていましたが、連日の花冷えの日が続き、例年の開花から一週間で満開のはずの桜がまだ3〜4分咲き。それでも良きお日和、ロビーで行き来する花嫁さんたちの艶姿を見たあと食事と談笑を楽しむことが出来ました。料理もさくら御膳、 桜に見立てた献立です。



画像 当園のご好意で、親戚の一人がひょんな事から手に入れた30年物の「あらき」という大吟醸の古酒、山形の蔵元(千代壽とらや酒造)から見つかった幻の銘酒です。わずかな量ですが一本持ち込んで、試飲会も兼ねました。

 グラスに注がれた淡い琥珀色の古酒は、トロリとしてブランデーのような芳醇な香りが漂います。それとともに口の中にふくよかな味が広がっていきます。う〜む! 最良の出来栄えを後世に伝えたいという杜氏の心意気が感ぜられました。 醸造元ではこの一本で最後といった一品でした。

 勿論、これだけでは足りないので、別のお酒をオーダーしたのは・・・
 いわずもがなです。



 お花見は昔、稲の種まき(旧暦)のころ、農民が桜の開花を神様のお告げとし、豊作を祈願して桜の樹の下で飲み食いしたのが起源とされます。 

画像 お花見、といえば江戸時代も庶民たちはこの季節を待ち焦がれていたようです。 

 落語の「長屋の花見」 たくあんを玉子焼きに、大根をかまぼこに見立てたり茶柱のたった黄色いお酒??のささやかなものですが、大家さんも熊さん八ッあんを引きつれて大変だったでしょうね。

 なんと江戸の桜の植樹は八代将軍の徳川吉宗が経済政策の一環(町おこしですね)として、どんどん増やしていったのです。




                               


 現在のお花見もまた、桜の樹の下で同じような光景が見られます。 毎年、場所取り奴隷がかり出され、飲めや唄えのドンちゃん騒ぎ、救急車の出動、そこで出るゴミの多さよ、花の美しさが消えてしまいますよ。ちゃんと持ち帰りましょう。

 そめい吉野の花が散ったあとの八重桜、この頃はもう人々の関心は次に移ってしまいます。目に青葉、山ほととぎす・・・・。  しかし、 

 忘れていませんか山桜を。 毎年ひっそりと咲いています。

 山桜が日本の本来の桜で、現在主流の染井吉野は江戸時代末期の改良種です。 艶やかな染井吉野の桜ばかりクローズアップされて、清楚な山桜は何ともかわいそうな境遇です。


 以前、我が家には山桜の樹が一本ありました。桜の季節が済んだあとの4月末、知らないうちに葉っぱの陰で咲いています。花びらがちらほらと落ちるだけですから、道路を歩く人も家の者も皆な興味を示めしません。それどころか、いつのまにか小さな赤や紫の実が落ちてきて掃除が大変だし毛虫も一緒ですから毛嫌いされています。

 昔から山桜は和歌に詠まれてきました。

 万葉集 17巻には大伴家持の、

                       「あしひきの 山桜花一目だに 君とし見れば我れ恋ひめやも」 

 山桜のような清楚な乙女に恋をしてみたいですねえ、 残念!もう、遅すぎます。

 国学者の本居宣長も詠んでいます。

                       「敷島の 大和心を人とはば 朝日ににおふ山桜花」

 日本人の心は、明るい朝日に匂う山桜のように爽やかだ・・・と詠ったにもかかわらず、 桜の散り際のよさが賛美されていると軍国主義に解釈され、喧伝されたあげく暗いイメージが定着してしまいました。本居宣長もあの世で誤解だ!と嘆いているかもしれません。 

 秋の風情の「林間に紅葉を焚き、酒を温む」−白楽天の律詩に習って、春がきて桜の狂騒が終わり、山桜が咲くころ、その樹の下で友と静かにお酒をたしなみたいものです。


(追記)

 都内の桜がようやく満開、そぼ降る春雨の中、夜桜を見に行きました。

画像
画像


      新高輪プリンスホテルの夜桜 (4月4日撮影)




                      (本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)





お徳です★訳あり木札山桜材(小サイズ)【両面訳あり】
N-Global
数量限定ですので、規定数で終了となります。訳ありの木札を特別価格にて上段写真左、節が入ってます  写

楽天市場 by ウェブリブログ

花王 バブ 濃厚炭酸湯 山桜の芳香浴 8錠入★税込3150円以上で送料無料★[バブ]
爽快ドラッグ
【ブランド】バブ【発売元又は製造販売元】花王予告なく成分・パッケージが変更になることがございます。予

楽天市場 by ウェブリブログ

木札(山桜・小・両面):表面・ご希望文字、:裏面・和柄
N-Global
山桜の木札に、名前や好きな言葉(まゆ、勝利など)と和柄(麻の葉、矢羽など)を彫刻!※山桜の木は均質で

楽天市場 by ウェブリブログ




【送料無料】【全品同梱可】一才桜【旭山桜】のミニ盆栽信楽焼鉢植えでお届け陶器製受け皿付
旬の盆栽工房 はなだて
★8月12日からのお届けとなります。★プレゼントにどうぞ、全商品【ラッピング】【無料メッセージカード

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日は早上がりでした。
今日は、仕事早上がりでした。なのでブログを書こうと思います。 ...続きを見る
コジブラのブログアフィリエイトで月収を超...
2010/03/09 18:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花と日本人の感受性ー桜の季節がやってきた こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる