こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜元町そぞろ歩き

<<   作成日時 : 2008/05/01 00:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 大型連休が始まった4月28日、人でごった返す行楽地は避けて横浜の元町に、散歩がてら家族と共に食事に出かけました。 11時30分、京浜東北線の石川町で下車、元町を目指します。よい春日和です。

 連休で人々は郷里や行楽地に行ってしまったのか、いつものような混雑ぶりは見られません。ショッピングの町ヨコハマ・モトマチ、魅力のあるお店がたくさんありますね。 今日は買い物が目的ではないのでウィンドウを覗くだけ、でも気に入ったものがあったので、つい買ってしまいました。 これではレストランに着くまで、大散財してしまいそうですよ。

画像


 歩いて15分、元町商店街のゴディバのお店を右折、 予約しておいたレストラン「霧笛楼」に着きました。見るからに横浜っぽい店構えです。 

画像画像















看板のデザインがグーですね。 階段の下のレストランに入ります。 お店の中もチーク材のクラッシックな落ち着いた雰囲気、照明もユニークです。 それにも増してトイレの内装もゴージャスな作りです。Rest Roomがきれいなレストランはどこでも気持ちが良いものですね。

画像
 ランチは「元町通りコース」を注文しました。当然ブルゴーニュ・ワインも一本頼みます。 

 冷製スープ、エビのポアレ、的鯛のじゃがいも包み焼き、話題のはまポークの網焼きなど・・・これらをボーイさんが詳しく説明してくれます。 使われている皿の絵柄も明治風でしゃれています。

 的鯛を包んだ細く線切りしたじゃがいもはカリっとして舌触りがよく、 はまポークに添えられたモリーユ茸のソースが美味でした。 旬の春野菜もたっぷり使われており、これらのフランス料理を1時間半ほどかけて堪能しました。

 満腹。 しばし、コーヒーで歓談。







                                         


 さて、腹ごなしの散策に移ります。 YOKOHAMAミナトマップを片手にまずは外人墓地をめざします。 ここから急な坂道続きで我々の足では20分もかかったかな・・・。ようやく丘の上に到着。

画像


 外人墓地からはるかに、みなとみらいのランドマークタワーが望見できます。 近代都市ビル群から離れたこちら側は大正末期から昭和初期の西洋館が立ち並んでいます。あれもこれも由緒ある建物。付近のレストランもこのイメージにあわせた建築スタイルです。 エキゾティックな町並みですねえ・・・。 



 目移りしてしまいますが、この中のいくつかを見て廻ることとしました。

画像
                     
                   山手資料館は月曜日休館でした。


画像  
 元町公園前のエリスマン邸 「現代建築の父」と呼ばれたA.レーモンド氏の設計で1926年(大正15年)絹糸の貿易商支配人のエリスマン氏の私邸として山手に建築。 1990年(平成2年)にここに移築されました。

 広い屋敷ですねえ。 居間ではピアノの演奏が始まっています。ショパンのノクターン、それを耳の友として各部屋を見学します。当時の優雅な生活が偲ばれます。 




 画像
 入り口の明治時代の電話機、「公衆電話です、ぜひご利用下さい」と書かれています。 

 昔どおりにハンドルをまわして交換手を呼び出すのかと思いきや、下にプッシュホンの  ピポポパ!が着いています。

 なんだ、複製でした。






 やはりミナトヨコハマ あちらこちらにキリスト教の教会が目に付きます。 


画像

 山手本通りをなおも行くと、ひときわ高い尖塔がそびえるカトリック山手教会がありました。 聖堂の内部はゴシック調の作りです。窓には美しいステンドグラスがはめ込まれています。 この教会は関東大震災で崩壊し、1933年(昭和8年)に再建されました。

画像 敷地の一角にはマリア像が飾られています。1868年(明治元年)に横浜外人居留地にあったイエズス聖心教会にフランスから贈られたもので、その後1906年(明治39年)同教会がこの山手に移転した際、移されました。  

 白いマリア像は新緑の木々をバックに春の午後の柔らかい陽光に輝いていました。





画像


画像













 ここから、しばらく歩いて行くとイタリア山庭園に着きました。 ここには明治政府の外交官・内田定槌氏の私邸だった「外交官の家」があります。1910年(明治43年)に東京渋谷に建てられたアメリカ・ヴィクトリア様式の美しい家です。 そこ、ここにステンドグラスがはめ込まれ、外の光が室内を飾っています。

 この建物は1997年(平成9年)に復元されました。 国の重要文化財に指定されています。

 二階には夫人の居間だった八角形のこじんまりとした部屋があり、ロッキングチェアーが置かれています。当時、夫人はこれに座って編み物をされていたのでしょうか。


                               

 ここからはJR石川町駅に近いのですが疲れた脚をなだめながら、来た道を戻ることにしました。港の見える丘公園に行くためです。 


画像画像














  展望台からの眺めは・・・・? 正面にはベイブリッジと高速道路が、これでもかと言わんばかり目に入ります。 肝心の港の風景はどこにあるのでしょうか。 あった! 公園の左端の林の上にちょっとだけ顔を出していました。 

 やれやれ、がっかりして疲れがどっと出てしまいました。しばしベンチで休憩です。

 旧フランス領事館公邸跡を横目でみながら、階段を下ります。 公園から出るとそこはすぐ、みなとみらい線の元町・中華街駅でした。 午後4時45分、充実した一日を過ごす事が出来ました。 さよなら、ヨコハマ!



(本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜元町そぞろ歩き こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる