こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS アラビア湾の海底散歩道

<<   作成日時 : 2007/09/21 00:22   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

 サウジアラビアの東部、アラビア湾(ペルシャ湾)に面したカフジ。単調な沙漠の生活の中で、アラビアンブルーの海は心のよりどころです。 会社が引けたあと、また、休日には、ダイビング(シュノーケリング)を楽しむことが出来ます。


画像


 カフジは沙漠特有の乾燥地帯ですから、最高気温も1月は17℃、3月には20℃を越え、真夏の8月には42℃となります。

  一方、水温は1月、17℃ 3月、23℃と気温よりむしろ高く、8月には33℃になり水中でも日本の真夏日の気温とおなじ位になります。だから温泉プールに入っているようで、泳いでいて汗をかくほどです。 12月も水中は20℃ですから、その気になればダイビング(シュノーケリング)は一年中できるわけです。 

 しかし、冬場は海が荒れますから、海中の視界が悪くダイビングは面白くありません。 3月末には海中のところどころに海藻が繁茂して、いわば、海の春が訪れるのです。 さあ、これからが本番です!

 注: 最高気温、水温は30年間(1971〜2000)の平均

 カフジの海は遠浅で岸から200メートル先でも水深は3〜5メートル位、シュノーケリングにはもってこいの水深です。 しかし、海底は陸上の沙漠そのままの姿でカーキ色の砂地が延々と続き、そこには魚の姿はありません。 イモ貝がはいずりまわっているくらいです。

 水中の沙漠の旅は岩や投棄物を目印にして泳ぎ続け、目的のサンゴ礁にむかいます。

画像

 突然、目の前にあらわれた小さなサンゴ礁。そこは魚たちが住む憩いのオアシスでしょうか。 



画像
 海の舞姫、チョウチョウオが乱舞しています。 不意の闖入者は歓迎されないのか、彼女達は逃げ散ってしまいました。

しばらく、海底で息を詰めて待ちます。

 ようやく、撮影許可がおりました。 
 ふう!








画像
 アラビアのダウ船が落としていったのか、海底に横たわる古びた錨のチェーン。

 これも海底の散歩道の絶好の道しるべです。

 前を横切る10センチほどの可愛いモンツキダイ。

 多分、ここは彼らの通学路なのでしょう。 








画像
 ここにも名も知れぬ魚の群れ、メジナの仲間でしょうか。

 ヒオウギ貝もこのサンゴのあいだに住居を構えています。 

 美味な貝なので獲り過ぎて、数が減って、しまいました。










画像
 ウニは日本でもお馴染みのムラサキウニのほか、とげが20センチもある大型のウニが生息しています。 (中央)

 とげに刺されないように要心していても、いつのまにやら刺さっています。なかなか抜けませんから、あとで大変です。
 食べてやろうと割ってみましたが、どのウニも中には黄色の身がなくドンガラばかり。がっかりですね。









画像
 テーブル型のサンゴの道しるべ。 

 次のルートに向います。 やれやれ、疲れたな!

  











画像
 ここにもスズメダイとオヤビッチャの群れ。

 色とりどりの熱帯魚の群れに飽きる事がありません。

 エイやバラクーダの姿を見ることもあります。










画像
 さあ、最終コースの岩だなが見えてきました。 

 ここには巨大なハタが住んでいます。今日は姿が見えませんね。

 前にはサメに出会いました。水中では大きく見えましたが実際は1メートルくらいの奴だったのでしょう。 でも、あわててこの岩の陰にかくれました。 奴が去るまで息を詰めたままでした。その苦しかった事!







画像


 一巡して出発点に戻ってきました。 爽やかな疲労が身に押し寄せます。 

              「おかえりなさい」

 子供たちが出迎えてくれます。

 彼らもいつの日か、この海の散歩の楽しさを味合うことが出来るようになるでしょう。

                海は広いな !



(本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
珊瑚礁に浮かぶ空港(モルディブ)
インド洋の宝石箱と称されるモルディブ共和国。 インド・スリランカの南西、赤道近くに位置している、大小約1200の島々で構成された群島国家です。 古くからこの海域を航海していた人々は、ここを「真珠の首飾り」と呼び、すべて珊瑚礁がさらに環礁を成しています。 写真はモルディブの玄関口・マーレ国際空港です。 今までたくさんの空港で乗り降りしてきましたが、ここモルディブの空港ほど美しいものは他にありませんでした。世界広しと言えども、空港そのものが絵になるというのは、まさにここぐらいなものでしょう。 かつて... ...続きを見る
地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話...
2007/10/04 22:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうございました。
日本の旅行会社のせいか、サウジというとナバティアの遺跡しか思い浮かばなかったのですが、新鮮に読ませていただきました。
エジプトやヨルダンと同じく砂漠の近くは海がきれいですよね!
地球浪漫紀行・佐々木
2007/10/06 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
アラビア湾の海底散歩道 こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる