こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 残っていた戦時中の防空電球

<<   作成日時 : 2006/08/09 17:02   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

 押入れを整理していたら、 変わった電球を見つけました。
私の頭の中の古い大脳皮質がすぐ反応、太平洋戦争中の防空電球とよばれていたものです。 それには、こう記されています。
***
マツダ製 100V 10W *
東部防空司令部認定済 三〜四畳半畳用 *
使用前ニハ必ズ包紙ノ注意書ヲ御読ミ下サイ *

 残念ながら、包装紙はないので、その内容はわかりません。

 
 戦争末期の昭和19年末、B29の爆撃が日本各地に行われていました。その頃、私はまだ5歳の子供でした。

画像 
 「トントン・トンカラリと隣組、格子をあければ顔なじみ、回してちょうだい回覧板・・・」

 当時、童謡で唄っていたこの隣組から回覧板がまわってきたのをまだ覚えています。

 戦闘帽をかぶったおじさんが
 「空襲警報が発令されたらすぐに家の電気を消して、1つだけ防空燈を付けてください。周りには黒い布をかけるように」



 そう母に言っていたのを横で姉とともに聞いていたと記憶しています。父は出征中でした。

 「空襲警報、発令、 〇〇機の敵機が帝都上空に・・・・・・・」
 夜、ラジオからこんな放送が流れてきます。母は居間にぶらさがっている電球を、空襲警報のサイレンが鳴るたびに急いで防空電球にとりかえ、電灯の傘に黒い布をかけていました。



 私の通っていた幼稚園では、防空頭巾を被りしゃがみこんで防空演習ばかりです。
 
 「両ひざを、おなかにつけて目と耳を押さえ、下腹に力をいれなさい。さもないと、爆風でお腹が破裂してしまいますよ。」

と先生。ここの天井にも防空電球が黒い布に巻かれ、だらりと下がっていました。

 空襲が激化し、いよいよ私達も疎開することになりました。疎開先、ここでは空襲もなさそうでしたから、煌々と電灯がついていたので、ほっとしたものです。

 終戦後、私達一家は焼け野原の東京に戻ってきました。奇跡的にわが家は焼け残っていました。 

 もう空襲はありません。だが、物資の不足の時代、父が復員し、妹が昭和23年に生まれてからも、なおも防空電球はわが家では使われていました。風呂場の脱衣所や便所の手洗いの一点にほのかな光を与えていたのを覚えています。


 懐かしさもあって、私はこの古い電球をソケットに付けスウィッチを入れてみました。途端、あの暗い時代の光が灯りました。半世紀以上も眠っていた防空電球。まだ健在でした。

画像


 もうこれを使うことはないでしょう。いや、もうそんな悲惨な戦争は起こってはならないのだと・・・。 そう思いながら、私はこの電球を押入れの奥に押し込みました。


(本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。清水町ハナと申します。私も子どもの頃東京から地方に疎開した世代です(当地で空襲に遭いましたが)。残念ながら「防空電球」は覚えておりませんが、昔のお話の新鮮なアプローチ、大変興味深く拝見しました。
 サウジのお話し、園芸のブログも拝読しました。私もクリスマス・ローズ大好きですが、病人が出て、一旦全ての鉢物を整理しました。まだ全快ではありませんが、そろそろ少しずつ、再開しようと思っております。
簡単な感想を、ご挨拶替わりに書かせていただきました。
清水町ハナ
2007/04/18 23:28
清水町ハナ様
コメント有難うございました。私の第一の人生は、学び、仕事をし自分の生活の基盤を作ることでした。定年退職後、第二の人生が始まりました。そこでは、自分の今までの経験を記録し、それが幾許か皆さんのお役に立てるインフォメーションとなれば、と考えております。第三の人生、そこでは、私はもう社会に役立たずの人間になっているでしょう。しかし、こんな人間だったと(周りの人がブログを読んで)その考え方を理解して貰いたいと思っています。 これからもブログを続けて行きたいと考えています。よろしくお願いします。
こんにちは!ハングルース
2007/04/19 21:13
ハングルース様
お返事ありがとうございました。ハングルースというのは、そういう意味ですか。もっと早く知りたかったものです。中高年とは、まずはkilling time を心がけるという考え方に毒されていたように思います。それにしても、世界各地を廻られ、べドウィンなど、私にとって、アラビアのローレンスの世界の人とも、自然体でお付き合い。お羨ましい限りです。私は夫が職業柄、海外勤務皆無、出張、カンボジア難民キャンプで,戦闘下の医療救援など偶に、という程度。海外旅行も数えるほどです。アレレ、トップ・ページに「妻と」とお書きになっていますね。果実酒、園芸等のキーワードから、女性、奥様が書き手と思い込んでいました。こういう粗忽者のバーサンでもあります。失礼をお許しください。トッピックスも写真からも元気を頂きます。よろしくお願いいたします。清水町ハナ
清水町ハナ
2007/04/20 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
残っていた戦時中の防空電球 こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる