こんにちは!ハングルース

アクセスカウンタ

zoom RSS 壁にかかった一枚の絵 ―阿蘭陀船ノ図ー

<<   作成日時 : 2006/01/26 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKの大河ドラマ「功名が辻」が始まりました。時代劇は好きですから興味深く視ています。私の先祖もまた、具足を背負って青雲の志に燃える侍奉公、若き山内一豊とは同じ織田の家中でしたから「ヤア!」くらいの挨拶はかわしていたことでしょう。

 我が家には先祖伝来の品々が残っています。古びた脇差や、曲垣流馬術の巻物のような古文書の類です。もっとも、私の父がジイ様から貰った時に「お前は四男だから良いものはやれないよ」と言われたとか。だから、骨董価値があるはずがありません。私が父から受け継いでからも,それらは押入れの中で眠っています。

 この品々の中で、私が最も好きなものは、私の子供のころから、玄関の壁にかかっていた「阿蘭陀船ノ図」です。当時の住まいは和風の木造建築でしたから、その絵の表装も朱塗りの枠がついた日本画。それを今の家に建て替えたあとに、洋風の額縁に変えて居間に飾りました。
画像
 この絵の由来は、先祖が長崎で写生してきたもの、と今は亡き父が言っていました。しかし、船の型は明国のジャンクに似ており当時のオランダの帆船とは、およそかけ離れています。多分、誰かが想像して描いた絵を手本に模写したものでしょうが、その真偽の程は分かりません。

 それでも私が気に入っている理由は、オランダのカピタンにまじって、黒人や東洋人のクルーが描かれており、その航海の有様がいかにも当時の日本の長崎貿易を彷彿させるからなのです。


 家を新築し、結果として家財のガラクタが出ました。中にはゴミとして棄てるには忍びないものもあったので、骨董商をよんで、値踏みをしてもらうことにしました。

 予想通り、ガラクタはそれ相応の値しか付きませんでした。骨董商の帰り際、私は壁にかかった「阿蘭陀船ノ図」の価格を聞いてみました。彼が始めからこの絵に興味を示さなかった訳がわかりました。それは額縁の値段にもならなかったからです。

 そんなことがあっても毎日、私は飽きもせずこの絵をながめています。今後、一生の間もこの絵をわが友として、見続けることになるでしょう。



(本サイトの無断転載、使用はご遠慮下さい)




海賊船のお宝をお部屋にいかが?アンティーク風宝箱 地図柄(大)
アムズ遊ing life
昔、海の男達が嵐の大海原を、たいへんな苦労をしながら運んだ様子が、思い浮ぶ地図柄のデザインです。留め

楽天市場 by ウェブリブログ

日本漁船図集4訂版
楽天ブックス
英文解説付 著者:津谷俊人出版社:成山堂書店サイズ:単行本ページ数:190p発行年月:2001年09

楽天市場 by ウェブリブログ




徹底図解船のしくみ
楽天ブックス
カラー版 著者:新星出版社出版社:新星出版社サイズ:単行本ページ数:223p発行年月:2008年07

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
壁にかかった一枚の絵 ―阿蘭陀船ノ図ー こんにちは!ハングルース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる